□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
ティース・ジャニュヤリ(1月30日)
[ガンジー] ブログ村キーワード

मोहनदास करमचंद गाँधी
今日の新聞にたくさんガンディさんの写真が載っているのは何故?
・・・と思ったかた。
1948年の今日、1月30日はモハンダス・カラムチャンド・ガンディさんが
デリーのビルラ・バヴァンで日課の夕方の散歩をしている際に
極右派によって暗殺された日なのです。
デリーにティース・ジャニュヤリ・マルグという通りがあり
(クラリッジホテルの左手先、モティラル・ネルー・プレイスから伸びる通り)
その通り沿いにガンディ・スムリティ博物館があります。

え~?ガンディさんの名前って、「マハトマ・ガンディ」だと思ってた!??
マハートマは「偉大なる魂」という意味で、尊敬の念が籠められた名前。
かの「ラヴィンドラナート・タゴール」が最初にガンディさんのことを
こう呼んだと言われています。
(ラヴィンドラナート・タゴールの著作については過去記事で。)
我が家の息子(小学4年生)の英語のテキストに、ガンディさんの
幼少期のエピソードが掲載されているので、私もつい最近
一緒に試験勉強した訳ですよ。あははは!!

彼の残した功績はあまりに偉大で、語りつくせないのですが
青年時代から暗殺されるまでのことは「歴史映画」Gandhiで
ベン・キングスレーが圧巻の演技を見せています。
gandhi-dvd.jpg
この映画、歴史好きにはたまらないかも。
1982年のアカデミー賞受賞作品でもあるんですよ。
周りの要人役の人も、本物そっくりの人がうまく選ばれているので
まだ観てない方は、この機会にぜひ!!

そのガンディさんの記念碑(サマディ)が
デリーにある「ラージ・ガート」というわけで
デリーを訪れる国賓級の人々や、各国要人は
まずはここを表敬訪問することになっています。
(共和国記念日あとのラージ・ガート↓)
rajghat1.jpg
一気に春らしい太陽が顔をのぞかせるようになったデリー。
日本への本帰国が決まった駐在の方も多いこの時期。
デリーを離れる前に、ガンディさんの記念碑:ラージ・ガートや
ガンディ博物館もぜひぜひ、訪問先リストに入れといてくださいね!
rajghat2.jpg
お子さんたちも、高校生になったころ世界史の時間で
インドの歴史を習うときに
「あ~~~、これ見た!ここ行った!!」 って
きっと心の琴線に響く時期が来ると思います。

応援クリック↓ポチッとお願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
ついでにこっちのも↓ポチッ!!
スポンサーサイト
コメント

遅れてしまいましたが

知りませんでした!
確かにここ数日、ガンディのことが新聞に載ってて…マドゥライは政治家の誕生日で、それどろこでは無かったようです。。
ガンディが暗殺されたときのドーティーが、マドゥライのガンディー博物館にありますよ。ガンディの映画もいつか見ようと思ってます。
J_girl 2010.02.02(火) 13:58 URL [編集]


J_girlさま

そうか、暗殺されたときのドーティは
マドゥライにあるんですね~
いつか、マドゥライにも行きたいなぁ。
(周りの都市にはほとんど行ってるのに
マドゥライだけ行くチャンスを逃しています)
Blue Lotus 2010.02.02(火) 18:14 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。