□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
ジャイプルで買ったもの!
[インド産] ブログ村キーワード

ジャイプルからデリーに戻って来ました!
ジャイプル・・・・日中は汗ばむほどの陽気でした。
セーターとかババシャツばっかり持っていってたので
途中でAnokhiのセールラックから、クルティを調達。あはは!!

仕事中はこんな↓問屋さんのラックから、掘り出し物を探すべく奮闘。
アンティクサリーのボーダー部分やら、古いカンタ刺繍のベッドカバーやら
新旧とりまぜブロックプリントやら・・・・砂かけババァ状態になっとりました。
wholesale-cloth.jpg
バンジャラと呼ばれる、「お宝袋」もこんなに!↓
これは持参金を入れたり、貴重品を入れておくための袋だったのです。
ほどいて、クッションに作り変えたりするのも可能。
布もの好きな方にはたまらないですよね!
banjala.jpg
私は、お気に入りのブティックで、今年の「財布」と
「デジカメケース」をゲット!
フランス人ジュエリーデザイナーのセレクトショップ Hot Pinkにて。
この象さんがお店のトレードマークなんだけど、ピンクのポーチを
もっているので、今回はシルバーのをデジカメ入れに。
ゴールドの型押し財布は、お金が貯まりそうなので・・・・うへへ
hotpink-purse-sv10.jpg
それから、白いモラ刺繍みたいなベッドカバー↓を夏用に。
余分に買ってきたので、日本へのお土産にしようと思います。
white-bedcover.jpg
そのほかにも、スリッパ代わりのマハラニ・チャッパルなどなど・・・・
デリーで買うよりあきらかに安いのよね。
(ガソリン代使ってるから、結局一緒だっていう話もあるが。はは!)


布もの大好き!って方は 応援クリック↓ポチッとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
もひとつ ついでに こちらも↓ポチッ!!
スポンサーサイト
コメント

すごい!宝の山!

ジャイプルはもう暖かいんですねぇ^^
日本はまだまだ寒いです;;

ついついエスニック雑貨屋に足が向いてしまいますが、
いつかインドでどど~んと大人買いしたい!
と日々夢見ております^^
ウッキ 2010.01.27(水) 16:50 URL [編集]


ウッキちゃん!!

今週に入って、デリーも「春」の気配濃厚。
日向はTシャツ1枚でも良い感じよ。

インドに来たときには、一緒に問屋さん巡りしようよ!!
Blue Lotus 2010.01.29(金) 16:15 URL [編集]


ジャイプルといえば布ですが

最近は、ブロックプリントや泥染めなど
昔からの伝統的手染めの布がすっかり値上がりしてしまったそうですね。
手間がかかる汚れる仕事を嫌がる人が多くなったとか。

それにかわって、バグルー風とかサンガネール風とかの
スクリーンプリントが増えてきました。
染料の色も鮮やかすぎて、均一的な印象です。

ハンドプリントのズレや色がちょっと混じったり
重なったところが少し濃くなってたりと、
人の手のぬくもりのような風合いが少なくなって
残念です…



は~てぃ 2010.01.30(土) 23:48 URL [編集]


は~てぃさま

そうですね~確かに値上がりしてます・・・

でもまだまだ職人さん直取引だと、昔ながらの
ハンドプリント・植物染めのが手に入ります。
オリジナル木版を作って、ハンドプリント布を
作ってくれるところもあるし。

ただ、昔ながらの手法を守っている(庭に藍甕があったり
コチニール染めをしていたり)ところは、やはり
大手のブティックの傘下に入って仕事しているからこそ
安定した仕事量が供給されているのだと言っていました。

コンラン卿とご一緒したときに、
「大量生産なら中国・少数精鋭ならインド」と
仰っていたのが印象に残っています。
Blue Lotus 2010.01.31(日) 17:39 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。