□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
土曜日には
信号待ちのときにブリキ缶を下げた「物乞い」がやたら多い
インドの土曜日・・・・・・・何故かって??
これには深ぁ~~いワケがありまして。

占星術が生活の一部として取り入れられているインド
特にヒンドゥ教徒の中は何をするにも「星の位置」を確認して
良き日に、プージャを行ってから・・・という人が多いですよね。
(中でも9つの惑星は、影響力が強いとされていて、そのそれぞれの
守護石をあしらったのが「ナヴ・ラタン」と呼ばれる9つの宝石いりの
リングやペンダントヘッドなどなど。)

土星(シャニ)がつかさどる時期に入ると、交通事故にあったり入学試験に落ちたり
何かしら悪いことが起きるとされていて、悪の気を祓うために
土星をつかさどる神様に捧げるシャニデヴィ・プージャが行われたりするのです。

土曜日はヒンディ語で「シャニワル」。
シャニデヴィに祈ると厄災を避けることができるとされていて、
もともとはシャニデヴィを象った人形を、托鉢用の容器にとりつけて
お坊さんが寄進を受け付けていたらしいです。

それがいつの間にやら、「土曜日に施しをすると、厄難を逃れられる」として
みんながお金を何がしか渡すもんで、物乞いが都合よくそれを取り込んだのですね。
土曜日、インドで物乞いが近寄ってきたら、見てみてください。
空き缶にブリキでちっちゃなヒト形をとりつけたのを持っているはず。
つまりその人形が、土星を司る神様・・・てわけです。

まさに今日、信号待ちのときに物乞いの子供がうじゃうじゃ寄ってきて
そのうちのひとりが「あ!この車にGoriが乗ってるよ!」と言ったとたん
わらわらわらわらと10人以上の空き缶をさげた子供が私が座っている助手席側へ。
ひぇ~~~、Goriって何のこと??
「色が白い」、つまり「ガイジン」=「お金をくれる」・・・・ってわけで。
うひゃ~~~ な土曜日なのでありました。
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
コメント

最後の章を読んで、ムンバイで友人の車が信号で
止まった時の事を思い出しました。
少し開けた窓から、子ども達の手が伸びて来て
やっぱりうひゃーだったのです。
あれが土曜日だったのか、そうでなかったのかは、
よく覚えていないです。。。
おぷー 2008.10.04(土) 22:17 URL [編集]


本当にお勉強になりました。
占星術は本当によくみなさん信じていますね。
日本での星占いよりは天文学に近いような。
シャニを帳消し?にするのがお布施らしいですね。
人型人形は神様なんですね~。ワラ人形に近いものかと。。。
家に来る修行僧?にはギーを缶に入れたことがあります。
Erina 2008.10.05(日) 17:26 URL [編集]


おぷーさま

ムンバイの信号待ちの物乞いや、物売りは
映画の題材になりましたもんね~。
ビジネスマンの格好で駅に降り立った男性が
駅のトイレで服を脱いで、パンツ一丁になって
泥を顔に塗りたくり、「物乞い」で稼ぐ、と
いうシーンがあったりして・・・・
Traffic Signalという映画、ご覧になりましたか?
Blue Lotus 2008.10.06(月) 13:53 URL [編集]


Erinaさま

占星術、昔ジャイプルのランバグパレスにいた
おじいちゃんは本当によく当たってました。
もう引退しちゃったみたいで、残念ですけど。

修行僧にならお布施を渡してもいいけど
最近の物乞いは以前より凶暴(?)で
車の窓ガラスをどんどん!と叩いたりするので困ります。
Blue Lotus 2008.10.06(月) 13:58 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。