□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
「生き物」万歳!
いきなり夏。乾ききった空気が、地面に反射して ぶわぁぁぁん と跳ね返ってきています。
外に出ると「あぁ、体中の水分を吸い取られているなぁ」と自覚できるような そんな暑さ。
まだまだこれから暑さは本番なんですけどね~デリーの酷暑期は5月・6月ですから。
デリーは特に内陸部なので、冬の寒さも厳しく 夏の暑さも乾燥もひどいのです。
お手伝いさんに朝夕、床の拭き掃除をしてもらっていますが、
それでも棚の中にまで砂塵が入り込んできます。

そんな中でのラジャスタン州への出張・こりゃ~暑くて大変だぞぉ・・・と
覚悟していたのですが、意外にも小雨がちらついたりして、仕事するには
と~っても楽でした。日本からの出張者たちも「これなら大丈夫!」と
道端のゴールガッパ(パニ・プリ)やジャイプル名物ラッスィに挑戦したりして
なかなかなチャレンジャーなのでした。(・・・っつ~か、私がすすめた?コラコラ)

日中しのぎやすかったのもあり、ジャイプル近辺では孔雀がうろうろ。
アンベール城の裏手の廃墟のてっぺんにも。
ss-peacock1.jpg

こちらの肉付きの良い孔雀はラジ・ヴィラスのお庭で出没。
ss-peacock2.jpg

これまたホテルのお庭を疾走(?)する孔雀。孔雀って意外に逃げ足が早くて
うまいことカメラに納まってまってくれないんですよ~ しかも声がでかい。
そして広大な土地にいる孔雀たちは結構な距離を「飛び」ます。うひゃ~!!
孔雀が飛んでるところ、子供達にも見せたいよね・・・と思いつつ、
カメラを向けたときには時すでに遅し。反射神経勝負です。
ss-peacock3.jpg

インドにいると、本当に「生き物」との距離が近いのです。
(人と人との間の距離もやたら近いけどね。行列に並んでいると、すご~~~くこれを
感じます。知らない人にやたらくっつかれたくないぞ~!という場面は日常茶飯事)

で、名物のジャイプル郊外アンベール城の「象のタクシー」ですが
今回は後ろ姿を激写!彼らの背中の座席部分には番号がついていて
全員、いや全象に平均的に仕事が回るように、大元締めが調整しているのです。
それでもおじいさん象にあたればやたらゆっくりと坂道を登り、やる気満々の
若い象に乗った場合は「追い越し」までして猛スピードでお城へと登っています。
日本にいるとこんなに近くで象を見ることもないからね~いや~面白いですね。
ss-elephantback.jpg

そして、ホテルのベッドメイキングのボーイさんが特別に作ってくれたコレ。
爆笑しました。「窓を開けっぱなしにしておくと、猿がお部屋に入って悪さをしますから
ご注意ください」だって。あまりに可愛いので、サルのタオルは使えず。
ss-monkeytowel.jpg

そろそろデリーも「ホーリー」の準備でなんだか浮き足だっています。
どこのマーケットに行っても、カラフルな色粉や水鉄砲や水風船が並んでいます。
夏・本番のインドですよ~!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
2008.03.17(Mon)  青蓮日記COMMENT(10)TRACKBACK(0)TOP
コメント

すごい!おサルのタオル!

人と人との距離、確かに近いですよね~。
よく私も人ごみで
「近い近い近い…」ってぶつぶつ言ってました。
お互い正面向き合っててもあまり動じてないですよね。
こっちが目線を上に下に泳がせてんのに。
ウッキ 2008.03.17(月) 16:41 URL [編集]


サル出没!

仰るとおり、インドはホント人も動物も距離が近いですよね。
ラジャスタンならまだ分かるけど、最近、我が家の近く(一応デリーでも一等地の住宅街なのにね…)でも、野良猿が出没しては悪さをしています。我が家の敷地にも侵入し、お手伝いさんのうちから豆のツボが奪い去られました…(汗)
野良サルは強暴だから要注意ですよね。ホント、窓の開けっ放しには注意だ~。
aranyos 2008.03.17(月) 19:19 URL [編集]


おおおこのサルタオルの作り方知りたい~!ボーイさんはサルの他にもレパートリーあるのかしら?ものすごく気になります。こういうことをしてくれるとものすごくうれしくなっちゃいますね♪遊び心のあるボーイさん素敵!
soranosuke 2008.03.17(月) 21:16 URL [編集]


大好きなアンベール城だぁー!
インドに行く前、夫がインドはサファリパークみたいだよと言ってました。
孔雀の下には犬ですか。
近くの動物園では孔雀を放し飼いにしています。ゆったりした性格なんだろうか。
まー 2008.03.18(火) 09:25 URL [編集]


サルタオルの作り方、熱烈希望!
こんなのはじめて見ました。技ありですね。
象さんのお尻もかわいいっ!
lunta 2008.03.18(火) 13:52 URL [編集]


ウッキちゃん

ほんとにね~、やたら近づいてくる人がいたり
顔がすぐそばに来たりするのには、いまだに
慣れません・・・日本人の適度な距離感、欧米人の
ちょっとでも触れたらExcuse me.っていう事も
今となっては懐かしい。あははは そう言えば
インドで暮らす時間のほうが長い息子は、やっぱり
やたら人間距離が近いっす。す~たんもそう?
Blue Lotus 2008.03.19(水) 15:36 URL [編集]


aranyosさま

昨日は妙な時間帯にお邪魔してごめんね~

「お手伝いさんの豆の壺」を持ち帰った猿は
そのままポリポリ食べたのかな~
猿は狂犬病の病原菌も持ってるというから
要注意、とくに子供がいると心配だよね。
一時帰国でしっかりリチャージ(?)してきてね!
Blue Lotus 2008.03.19(水) 15:45 URL [編集]


soraちゃん

うふふ・・・これ、新規事業の目玉商品にする?

ナプキンの色んな折り方があるように、バスタオルの
アレンジ方法も色々あるのかもね。ここのホテルは
「お客様とのアイコンタクト方法とか、廊下で
すれ違うときのよけ方とかまで訓練する」と
言ってました。あっぱれ!
Blue Lotus 2008.03.19(水) 15:49 URL [編集]


まーさまぁ

2枚目の写真の孔雀くんは、今にも羽根を
広げそうだったので、随分粘って待ってみたのですが
思わせぶり・・・で終わってしまいました。
孔雀の放し飼い・・何を食べているんでしょうね?
ミミズとか??
Blue Lotus 2008.03.19(水) 15:51 URL [編集]


luntaさま

ね~、このタオルの猿は絶対紹介しとかなくちゃ
と思って。
そんで、象の後姿もすご~く個性があるんですよ。
足をまっすぐに伸ばしたのや、お疲れ気味のや
元気でやる気満々のや・・・・
労働条件が改善されてから、みんな顔色(?)が
良くなったので、乗るほうもちょっと気が楽です。
Blue Lotus 2008.03.19(水) 15:55 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。