□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
ご褒美はコレ
月曜日から出張でまたまたラジャスタンに出かけておりまして
気づいたら金曜日。なんだかあっという間に一週間終わってしまいましたがな。
よく頑張ってお仕事したご褒美はこちら。(・・・て、自己満足の極みですけど)

な~~~んと、インドの「着せ替え人形」ですよ。
表紙を見ただけで一目ぼれ、高くたってなんだって、これは見つけたときに
買っておかなくちゃ!と思いました。
kisekae1.jpg

中身はこんな、男の子は目が大きく、肌も浅黒く、女の子はインドの東北地方か
はたまたドラヴィダ系か、ちょっと違った顔立ち。なんともはや、可愛いじゃありませんか
女の子はラニ、男の子はムンナという名前までついているのです。
kisekae2.jpg

着せ替えの服には「シヴァ神」の格好あり、「クリシュナ神」あり
そしてインド各地の衣装がてんこ盛り。切り取ってしまうには惜しいので
こりゃ永久保存版です。
kisekae3.jpg

ニューヨークの出版社が作っているもので、アメリカ国内では3ドル95セント。
インドでは280ルピー売り。カナダやイギリスでも手に入るらしいですよ。
他にもシリーズがあり
Mumtaz of Taj Mahal Paper Dolls
Traditional Fashions from India Paper Dolls
Cut and Make Festival Masks from India ってのもあるそうな。
全部欲しいかも~~ 出版元はDover Publicationsです。お取り寄せしてみる??
kisekae4.jpg

もひとつオマケに、大好きな場所、ジャイプールの『アノーキ・ミュージアム』にも
行ったので、実演コーナーでもらったサンプルたち。
これを今から加工するのじゃ。何に生まれかわるかはお楽しみ。
anokhimuseum.jpg

それでは皆様、良い週末を!!
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
2008.03.14(Fri)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
コメント

一息遅れのコメント、お許し下さい。
この記事を読んでから、すぐ他のバージョンも見たくなり、
早速アクセスしたのでした。
ありました!日本の子供たちから伝統的な着物、インドつながりで、
アメリカインディアンも出てきました!円高をいいことに買いに
走りそうだったのが、恐い。今のところ「お気に入り」に入れたのみです。
お仕事にお料理に頑張っていらっしゃいますね。お疲れ様です!
やよい 2008.03.18(火) 09:10 URL [編集]


やよいさま

ね~、魅惑的(?)なサイトですよね。
確かに「円高」でしたね~。
日本のはなんだか微妙な服のセレクションでしたよ。
アメリカの本屋さんに普通に置いてあるのかなぁ?と
興味津々です。
Blue Lotus 2008.03.18(火) 21:38 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。