□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
明日発売・「Pen」インド特集
11月15日、待ちに待ったインド特集号が発売ですよ~
Penって男性誌・・・というイメージが強いけど、月2回の発売日ごとに
こだわりの特集が組んであって、すごく好きな雑誌なのです。
デザインとか、建築とか、都市特集もあるのよ。江戸文化の特集号や
博多特集・東京特集・ソウル特集などなど、永久保存版ものが沢山ある雑誌。
予告編↓を見るだけでワクワクするよ~(え、私だけですか?)

*********Pen 12月1日号**********
完全保存版
いまこそ訪れたい魅惑の大国。
新しいインド、永遠のインド

インドはいま、世界でいちばん刺激的な国だ。
ITビジネスを中心に急成長をみせる経済によって、大都市の風景は様変わりした。
家族連れで賑わうショッピング・モールは、「豊かなインド」の象徴であり、
勢いを増すファッションやアートにも、世界中が注目している。
一方、旧市街で何をするでもなく佇む、たくさんの老人や子どもたち、
また、ガンジス川で沐浴する人々の姿は、昔からまったく変わらない。
そう─インドの魅力とは、どの国よりも急激に成長する「スピード感」と、
何百年も前から変わることのない「永遠性」が、同居していることだ。
次号のPenは、いま最も注目の国インドを大特集。
急拡大する首都デリー、最大の経済都市ムンバイ、
IT産業の中心地バンガロールを徹底取材、
インドの魅力をたっぷり、お届けします。

●美術評論家が案内する、最新アート事情。●伝統を取り入れた、新しいデザインの潮流。
●永遠の生命を誇る、美しき宗教建築。●IT企業インフォシスの、近未来風オフィスに潜入!
●マハラジャの末裔、その華麗なるライフスタイル
●聖なるガンジス川、ヴァラーナシーのガートMAP
●北と南で意外に違う、インド料理を徹底研究。●映画都市、ムンバイの新旧映画館へ。

─その他─
インド音楽の奥深さを探求する。/
大家族主義が支える小学生の教育とは?/
昔ながらの市場と、最新のショッピング・モールを比較。/
インドに祭りは欠かせない、ガナパティ祭り最終日ルポ/
インドに魅了されたクリエイターたち。/
日本で見られるインド映画のお薦めDVD/
注目の映画監督は、この男だ。
pen_top071201.jpg

********************************

首都圏では多分今日の夕方には書店に並んでると思う。博多では17日ごろでしょうってさ。
さぁ、ほっかほかのインドを垣間見れるチャンス!本屋さんへ行こう!
(ワタシ、書籍の売り上げに貢献して(?)日本書店商業組合連合会さんに
表彰されるかも~???)
人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
2007.11.14(Wed)  WorksCOMMENT(19)TRACKBACK(0)TOP
コメント

先日HPで内容見て楽しみにしてました♪明日本屋にいかなくちゃあ!
菜箸子ぷりんせす 2007.11.14(水) 19:22 URL [編集]


読みたいです!

こんにちは!!
内容濃そうですね。インドを特集する雑誌
年々増えてきていますよね!
「注目の映画監督」ってあのお方ですよねー。
読んでみたいです。なんとかして入手したいと
思います。
ところで今日はインド「子どもの日」ですよね。
息子さんの学校では何かイベントがありますか?
こちらは学年ごとにピクニックです。
それではまた!
tomato 2007.11.14(水) 20:40 URL [編集]


はーやーくー読みたい!!!
これは保存用と観賞用2冊買わないとv-237

大家族主義が支える小学生の教育とは?
気になる~。
ウッキ 2007.11.14(水) 22:21 URL [編集]


すごい興味深い特集ですね~。
デリーでは手に入らなさそうなので、日本にいる父にオーダーしときます!
soranosuke 2007.11.14(水) 23:37 URL [編集]


菜箸子ぷりんせすさま

その節はぷりんす様にもお世話になりました。

早くPenの現物が届かないかなぁと、私もデリーで
首をなが~~~くして待っているところです。
表紙の写真がまた、なんとも旅情をかきたてますよね。
Blue Lotus 2007.11.15(木) 20:04 URL [編集]


tomatoさ~~ん

映画監督はハンサムなMadhur Bhandarkarですよ~
本人が俳優になっても良いくらい、カッコ良いよね。

でもでも私はMr.Bajajが一番好きかな
(Kasauti Zindagi kiの話だけど。うふふ)

息子の学校の子供の日は、パーティがあったんだって。
ヴェジマックと、チップスとジュースと
クイズの本をもらって帰って来ましたよ。
Blue Lotus 2007.11.15(木) 20:07 URL [編集]


ウッキちゃん

あっはっは、保存用と観賞用・・・・
その気持ち、すごぉくよくわかるよ~

大家族で「かまってくれる」人がいっぱいいて
叱られても逃げ込む場所がある、って
結構大事じゃないかなぁと思います。
甘やかすばっかりじゃダメなんだけどね・・・・
小さい頃に愛情をたっぷり受けた子は
人に親切な人間になれるんじゃないかな、と
思うんだけどなぁ。

Blue Lotus 2007.11.15(木) 20:09 URL [編集]


soranosukeちゃん

ぷぷぷ・・・・・お父様も大変だぁ。

でも、アートや音楽やテキスタイルやデザイン
・・・となかなか面白い切り口の、Penらしい
インド特集になってるみたいだし、楽しみです~

Blue Lotus 2007.11.15(木) 20:12 URL [編集]


読みました

東京では、既に駅売店で売ってました。
美しい。ちょっと「いいところばかり」かなあ、って思ってしまいました。ごめんなさい。特に教育のところとか。
フードのところでは、デリーからは「アルカサール」が紹介されていてびっくり!デリー在住日本人マダムで、あの見せにいったことのある人は、一握りしかいないのでは??
子羊A 2007.11.15(木) 21:21 URL [編集]


訂正

アルカサールじゃなくて、アルカーサルでした。ついでに、店、を、見せ、という変換のままアップしてしまいました。
子羊A 2007.11.15(木) 21:24 URL [編集]


子羊Aさま

初コメント、ありがとうございます。

さっきFedexから本が届いたと確認電話があったので
もうすぐ手元に届きます~~。
メディアって、万人を満足させるのは難しいですよね。
表現者は「良い場所・綺麗な場面」を載せたいし。

アルカーサル、南デリーの隠れた名店だと思います。
たしかに見た目は良くないですけどね~~(笑)
Blue Lotus 2007.11.16(金) 13:26 URL [編集]


ゲッツ!

インドの記事は100ページほどもあり、幅広く丁寧に取材された雑誌でした。
まさしく新しいインド永遠のインドですね。
ウダイプールは2回行ったのに知らなかったアーディナータ寺院、ITデザイン、パワフルなテキスタイル富豪が印象的でした。食いしん坊なのでインフォシスでは20のレストランで2時間半の昼食時間というは羨ましいですね^^

読み終えて’新しい日本 永遠の日本’を考えたりしました。
雑誌はほとんど買わないので、何かあったらまたお知らせくださいね。
まー 2007.11.17(土) 19:41 URL [編集]


まーさま

私も昨日、貪り読みました。
アーディナータ寺院に辿り着くにはは山道くねくねなので
三半規管の弱い私には、苦痛です・・・・・

Penの「江戸文化特集号」や「東京特集」「博多特集」も
おもしろかったですよ。スペインデザイン特集、
ブラジルデザイン特集も。あ、全部の号ってことですかね?笑
Blue Lotus 2007.11.18(日) 20:00 URL [編集]


読みました~

初めて書き込みします!
京都のかわむらでっす。

面白かったです!
特にデザインとアート、教育事情。
男性誌ならではの着眼点といったかんじがとても新鮮でした。

いやいや、インド、奥深い、飽きさせない!
あー恋しやインドインド~。
いつもBlueLotusさんのブログで仮想インド体験です。
では、お邪魔しました☆
uma-かわむら 2007.11.19(月) 16:03 URL [編集]


uma-かわむらさぁぁぁん!

お初のコメント、ありがとうございまっす!
本当に、女性誌とはまた異なる観点で
おぉ!と気づかされる点も多かったですね。

かわむらさんの「重ね着」論、おもしろかったです。
パリス・○ルトンにはわかるまい!!ふふふ
Blue Lotus 2007.11.19(月) 20:32 URL [編集]


近所では手に入らなかったので、セブンアンド○イの
会員になって取り寄せましたー。

ん~面白い!
大家族の子育て、
「よってたかって」
良くも悪くもそのひと言に尽きます!
この頃息子は逃げ場を求めて、バルコニーで
「ダディーーー!」って言うときもあります^^;
たまに恋しくなりますね、大家族の団欒が。
ウッキ 2007.11.21(水) 17:28 URL [編集]


読みました~!

発売日に本屋さんに行きました!
男性誌コーナーの前には立ち読みの輩が立ちはだかっており、うろうろすること数分。
「Pen」が見当たらずに店員さんにたのんでとってもらいました。
いやあ、感動的です。
アート特集ではアジ美所蔵のが載ってたよん!と、在福の姉に教えてあげました。
ノイダのクラブは話には聞いていたけど、あるんですね~本当に。
Erina 2007.11.21(水) 18:36 URL [編集]


ウッキちゃん

ご近所の本屋さんにはPenが置いてなかった?
セールス担当者に言っておかなくちゃ。
Penならではの記事構成で、私も楽しみました。

す~たんがバルコニーで叫んでいるのを想像して
思わずニッコリ。姫も元気ですか??
Blue Lotus 2007.11.21(水) 18:49 URL [編集]


Erinaさん

今まであまり日本の雑誌で取り上げられてなかった
色んな分野がカバーされてて、読み応えありますよね。

ノイダのクラブ、すごいですよ~。音楽がガンガンで
誰が何を喋ってるか、わかんないけど、一見の価値アリ。
子供連れじゃ行けないけど、ぜひだんなにも
こんなインドがあるんだよ~と、見せたいと思います!
Blue Lotus 2007.11.21(水) 18:53 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。