□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
大事件発生です
先週、我が家のあるコロニーでな・ん・と!殺人事件発生。
暢気にスクールバスで戻る息子をお迎えにいって、お昼食べて宿題して
さ~て、スケート教室に・・・・と車に乗り込んだら、いつもクールな
我が家の運転手さんが「マダム、大変な事件だよ」と興奮状態。

私の怪しげなヒンディ語で理解したところによると、うちの前の
公園をはさんで向こう側の棟の2階で、お手伝いさんがその家の子供と
おばあさんを殺した。そしてもう一人その家の子供(殺された子のお姉ちゃん)が
学校から戻ると「今度はお前の番だ!」と言って包丁を振りかざして追いかけてきた。
そしてコロニー出口の門番が件のお手伝いさんを捕まえた、
殺した遺体は箱詰めにしてあった、という話。ぞぞぞぞぉ~~~~っ

スケート教室に着いたら、日本人学校の近くに住んでるママ友が
「ねぇ、あなたのブロックで殺人事件があったらしいじゃない、大丈夫?」だって。
インド人の口コミスピード、恐るべし。おしゃべり好きだからなぁ。
彼女との情報交換によると、私のヒンディ語理解はあながち間違っては
いなかったらしい。このお手伝いさんは5年以上その家で働いていて、
オーナー夫妻のいないすきに子供と老夫婦を狙ったお金目当ての殺人だったらしい。
帰りに運転手さんが「この門番くんが犯人を捕まえたんだよ」と誇らしげに
紹介してくれた。勇敢な門番くんと同じ村に住んでいるらしい。ぞぞぞぉ~~~~っ

インドじゃ事件といってもケチな「ぼったくり」とか、「おつりだまし」とかしか
遭遇しない・・・と思っていたけど、やっぱりたまに極悪事件もある、
(去年は運転手と怪しい関係になった外国人マダムが運転手との感情の
もつれ、とかで殺された事件もあったし~)そしてそれがごく近所で起こったのは
勿論はじめてのこと。そんなときに限ってだんなは出張中だったりする。
事件のあった家の番号を聞いておく・・・・もし空き家になっても、
借りたくないからなぁ・・・ぞぞぞぉぉ~~~っ

しかも息子は「どうして殺されたの?」「どうしてお家に鍵をかけてなかったの?」
「どうしてうちのお手伝いさんは大丈夫なの?」とこんなときに限って
答えに窮するおばかな質問を山ほど。とほほほほほほ

平和なはずのコロニーが、騒然としている今日この頃なのでございます。

スポンサーサイト
2007.03.07(Wed)  青蓮日記COMMENT(19)TRACKBACK(0)TOP
コメント

物騒ですね。

インドはスリや痴漢、ボッタクリ詐欺師はいるけれど、
凶悪な犯罪は少ないと思っていました。
(観光旅行で出会う範囲の犯罪しか知らないだけですが・・・。)
くれぐれもお気をつけてください。

サントーシー 2007.03.08(木) 00:44 URL [編集]


おぉ~!!!

そんな目と鼻の先での殺人事件、怖いですね~。
宗教上、インドでは人を殺めたりするのは少ないんじゃないか・・・と、私も思っていました。
Blue Lotusさんのお宅のお手伝いさんには、いっぱいチップあげておいてね~(笑)
momo* 2007.03.08(木) 05:25 URL [編集]


ご近所ですか

身近に起こってみるとコワイですね。
私もデリーの友人宅に滞在中、近所で殺人事件がありました。
駆け落ちで結婚した、新郎の父親が息子の留守中に
嫁を殺害。息子は逃亡中だとか。父親は息子も殺す
つもりだったそうです。(お昼のワイドショーみたい)
カーストや古い因習は、まだ根強いと思いました。
そして、野次馬根性も万国共通ですね。
Ishwar 2007.03.08(木) 08:38 URL [編集]


大変でしたね

私はメイドに宝石持っていかれました。(安物でしたが・・)
半年間雇って、気がついたらかなりの物盗まれました。
多分、初犯ではないでしょうね。
以前住んでいたバンコクに比べ、メイドによる盗難事件は本当によく見聞きしました。

そのメイドは若かったのでしょうか?

思うに”お嫁に行く時の持参金のシステム”が犯罪を助長している気がします。
ジャスミン 2007.03.08(木) 10:04 URL [編集]


5年以上も働いて、お金目当ての殺人なんて・・・。ほんとに怖いです。
またメイドさんを雇おうか迷っていたのですが、
こういう事件があると躊躇しちゃいます。
soranosuke 2007.03.08(木) 11:08 URL [編集]


サントーシーさま

本当にねぇ、なんかクスっと笑えるような間抜けな
騙しくらいの犯罪はともかくとして、こういうのは
思わず緊張感が走りますね。お手伝いさんや運転手さんなど
他人が出入りしているのは、楽でもあり苦にもなり。
人を使いこなすのは日本人には難しいです。
Blue Louts 2007.03.08(木) 15:11 URL [編集]


momo*さま

お手伝いさんたちに何かものをあげても
まず「Thank you」と言われることはない・・・・
と憤慨していたら、彼らはそのように教育を受けてないから、
とインド人マダムに逆に説教(?)されました。
教育というのは、日本では誰でもが受けられるけれど
それで常識が育っているか、と言われるとうむむむ・・・
なんだか考えさせられることが多い国です。
Blue Louts 2007.03.08(木) 15:14 URL [編集]


Ishwarさま

最近テレビで見たのは、親が決めた相手との結婚を
拒んだ娘が、父親から滅多打ちにされる・・・という
実録映像。因習やカースト、インドでは避けて通れない
無視できないですからね。良い面もあり、悪い面も浮き彫り。
インドだけでなくどこの国にもそれぞれ問題はあるでしょうが。
何とも難しいですね。
Blue Louts 2007.03.08(木) 15:18 URL [編集]


ジャスミンさま

私も息子が生まれてすぐ、ばたばたしている頃に
金のバングル、それも6連のうち一つだけ盗まれショック!
それ以来絶対に気をつけて、価値あるものは
外に出さないことにしていますが、高いレッスン料でした。
う~~~ん、ダウリも関係してるんでしょうかね。

Blue Louts 2007.03.08(木) 15:22 URL [編集]


soranosukeちゃん

脅してゴメンね~。これは特殊なケースだと思うけど
お手伝いさんを雇うにも、毅然とした態度で
こちらの要求は通さないといけない、仕事の仕方も
自分のやってほしいように教えないといけない、と
私も日々学びつつ、やっていますよ。
Blue Louts 2007.03.08(木) 15:24 URL [編集]


大変でしたね~!
こういった事件が身近に起きると、他人事ではないですよね。
息子さんの心のケアしてあげてくださいね。
去年末はノイダの連続子供殺人事件が、日本の新聞にまで載ってしまいましたが。
インドの急速な経済成長が一部の人を強欲にさせているのかも?
「MUNNA BHAI」見なかったのかな?
Erina 2007.03.08(木) 16:23 URL [編集]


こんにちは!

青蓮さん、ショックでしたね。
でも、私は全然驚きません。
前の駐在のときには、本当にいろいろなことがありましたから。
同じコロニーのインド人の家でおばあさんの殺人事件もありましたが、なんと同じ会社の日本人の家でもアヤさんが惨殺されました。
ちょっとエレガントなアヤさんで、うちの子どもたちとも遊んでくれたいい人でした。
よく知っていましたから、それこそとてもショックでした。
お葬式にも参列しました。
コックが手引きをしたのでは、、、と疑われて警察に連れて行かれましたが、結局証拠不十分で釈放されました。
でも私は、今でもあのコックを疑っています。

我が家のアヤさんの長男が、これまた殺人事件の容疑者として警察のお尋ね者になったこともありました。
身代わりといって、その父親と弟が警察に連れていかれて拷問を受けているのを、夫が警察まで出向いて解放するように交渉した、、、なんてこともありましたね。

そして、極めつけは、ガンジー首相の暗殺時の暴動でした。
住んでいた町では、シーク教徒の家が何軒も焼き討ちに合いましたし、すぐ近所の店の主人を始め、何人もの人がリンチで殺されました。
このときは、1週間外出しませんでした。

とにかく、日本で暮らしていたら経験しないようなことにいっぱい出会いましたよ。
そのときに、外国で暮らすということはどういうことなのか、、、身に凍みて分かった気がします。

脅かすわけではありませんが、外国で暮らす皆さんは、“普段ノンキに暮らしていたとしても、常に危険と隣り合わせにいる”のだということを肝に銘じておいてほしいです。
何かあった場合、自分の身を守るのは自分しかいませんから。

怖い話で、ごめんなさいね!
ミッキー 2007.03.08(木) 17:54 URL [編集]


本当に怖い話ですよね。
そんな身近で、しかも殺人事件が起こるなんて・・・
日本も今では物騒な事件が多いですし
緊張感をもっていないとだめだと更に痛感いたしました。
michelle 2007.03.08(木) 19:07 URL [編集]


Erinaさま

息子の心のケア・・・・本当ですね。
彼の頭の中では色んなことがグルグル回っているんでしょうね。
よ~く話を聞いてあげなくては・・・
ノイダの事件も、「臓器売買」シンジケートが
裏にあるといわれていますよね。ぞぞ~~
Blue Louts 2007.03.08(木) 19:36 URL [編集]


ミッキーさま

あまりに生々しい体験談・・・・邦人家庭で働く
アヤさんの惨殺事件も怖いです。それに
ガンジー首相暗殺後の暴動、私は本で読んだだけですが
知人のインド人の中にはそれがトラウマになっている人も
います。今やどこの国にいて何をしていても、本当に
安全なところのほうが数少ないのかも知れませんね。」
Blue Louts 2007.03.08(木) 19:39 URL [編集]


michelleさん

昔々、近所の方が「猟銃自殺」して
しかも奥さんではない女性との心中で、おまけに
女性がウェディングドレスを纏っていた・・・という
まさに小説のような事件がありました。この殺人事件を
実家の母に報告したら、↑あのときも新聞やらテレビの
「聞き込み」が大変だったねぇと。
・・・・世の中、どこも物騒です。テロなんて、気を
つけていても、防ぎようがないのが悔しいです。
Blue Louts 2007.03.08(木) 19:44 URL [編集]


ぎゃ~~~~~

怖いv-12
日本でも昔から家政婦雇ってた金持ちの方が、ここ数年バタバタと家政婦を雇わなくなっています。時々一家が家にいるとき、みんなの目が行き届いているときだけ家を掃除してもらうのだそうです。
どちらかというと頻繁に家政婦を利用するのは、金持ちではなく普通の家庭。共働きでどうしても家のことができない人らしいです。
格差社会のせいで起きる悲惨な事件を、金持ち側が避けようとした結果なのでしょう。

便利で安い家政婦は都合がいいですが
怖すぎっ

さてさて
インドの祭りホーリーについて
日本のテレビで紹介されていました
インド人はアルコールを飲むのはあまり良くない事とされているみたいですが、
ホーリーのときはアルコールを頂く事もあるとか
へぇ~~(へぇ~へぇ~ボタン1回)
ほかにも日本では珍しいものを頂くとか
それは



大麻


え うそっv-363e-263

ホーリーでのむ飲み物や揚げ物の中に
粉々に砕いた大麻の葉っぱが入れてあるそうです
それはインドでは普通のことで
インドでは法律で大麻は禁止されていないのです

へぇ~(へぇ~へぇ~ボタン10回)
jahalak 2007.03.09(金) 08:24 URL [編集]


jahalak(jhalak?)さま

これ、「バーング」という緑色の飲み物のことですね。
ヴァラナシやオールドデリーの下町で見たことあります。
インドのほとんどの州では大麻はやはり「禁止」
されているはず。日本でニュースになってないだけで
薬物所持で刑務所に入っている邦人もいますよ~
・・・・お手伝いさんだけじゃなくて「人を使いこなす」
って、本当に難しいですね~~~
Blue Louts 2007.03.09(金) 16:23 URL [編集]


薬物

なんだか題名が危険ですがv-290
「バーング」というのですか
飲んだ後どうなるんでしょうv-363v-361
ハイになるのかなv-282

薬物所持で刑務所に
そうでしょう 普通に考えたらそうなのですが

ですが、、、ですが

なんと


大麻だけがインドの法律で禁止されていません
インドの法律に詳しい方がいらっしゃったら聞いてみてください
覚せい剤やその他の薬物は禁止されているのに
大麻は許されているはずですv-426
jahalak 2007.03.09(金) 23:09 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。