□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
カラフルな印度
ペンギンブックスの子供向け絵本の中でも、インドオリジナルものは
とってもカラフル。
Dastkari Haat Samitiという「インドの工芸職人、地方の絵画職人等の
社会的・経済的自立を支援する」組織が出しているシリーズ絵本がある。
ユネスコも協賛しているプロジェクトで、インド各地の絵画画法が取り入れられ
インド人の絵本作家が文章を書いている。


写真左手はミティラ・アートの巨匠シャンティ・デヴィの作画。
(デリーのクラフトミュージアムの婚礼の間に壁画を書いたおばあちゃん)
右手は「パタチトラ」というオリッサの伝統的絵画技法で描かれたもの。
自然の石や貝殻、ラックなどから色が取られ、本来は宗教画の手法。


インドの列車に揺られて、両親が織った布を街に売りに行く風景や
おじいちゃんにつれられて、ロバをつれて陶器作りの粘土を取りにいく少年
刺繍職人の家に生まれ育った少女の夢……カラフルな絵本の中に紹介される
「インド」のくらし。1冊75ルピー払って「夢」を買った気分。
インド来訪記念に、お土産に、一冊いかが??
********************************


我が家のマンゴ寒い冬を乗り越え、暑い夏も頑張っています。
背丈はあんまり伸びてないけど。私がデリーに戻るまで、お手伝いさんよ、
水遣りを忘れないでおくれ~。

本日のJALにご搭乗の皆様、うるさい親子づれにご注意下さい。
Blue Lotusはしばらくの間、「デリー関連」の話題とはお別れ。
「博多」ネタに切り替わります。ご了承のほど。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント

「職人の技シリーズ」ですか!来月行った時、探そうと思います。
どの絵も腕は超長い、顔は横向き、白目がでかく、しかも顔の側面についてる!こんな人実際にいたら、コワい。(けなしてませんよ。素晴らしい文化じゃあ~りませんか。)
で、ヒンディ語版ありますか?
Ishwar 2006.05.10(水) 10:02 URL [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2006.06.18(日) 06:27  [編集]


Ishwarさま
長いこと音信普通で、コメントへのレスも遅く
なってしまいました~。この本のヒンディ語版は
見たことありませんが、あったら楽しいかも。
いや~、日本の流行の移り変わりにびっくりして
デリーに戻って参りましたです。またちょくちょく
遊びにいらしてくださいませ~。
Blue Lotus 2006.06.26(月) 18:47 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。