□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
印パ国境の町
パンジャブ州~⑦

アムリッツァルの町から国境へとのびる一本道を走ること約45分。
刈り入れの終わった麦の束、のんびり草を食む水牛の群れ。
ぎゅうぎゅうづめに人が乗ったオートリキシャを追い抜いて、
Wagah Border:国境へと。
    

18時に国境を閉める。その時間に両国側の「国境警備隊Border Security Force」が、
国境のゲートまで足を高く上げて(本当に頭の上まで上がってた!!)早足で行進したあと、
国旗を降ろす儀式が毎日行われている。
これを観るために、16時半からのスタジアム(観覧席)開場にあわせて
沢山の人がヴァガ・ボーダーに集まる。

 かっこいい騎馬兵も。
 BSF(国境警備隊)の行進って、
 毎年共和国記念日にテレビで
 観てたけど、こうやって
 毎日仕事しているんだね~。








出発がちょっと遅れたので、
BSF詰め所の正面スタジアムは
すでに満席。
右横のスタジアム最前列の
地面に座って見学。
国境警備隊がすぐそばに!!



   


国旗を降ろすのは18時だってのに、16時半から大入り満員。
愛国心をあおる歌が流れ、BSFのお偉いさんがマイクを持ってリードする。
「ジャイ・ヒン!」
「ヒンドゥスタ~ン・ズィンダーバード!」
「ヴァンデー・マータラム!」いずれもインド万歳・祖国に栄光あれ…
という「インドを称え、鼓舞する」フレーズ。

途中でお偉いさんがたびたび注意する。
「座席に立って、踊りまわっている人は、退場させます。
ジャイヒン、ヒンドゥスタンズィンダーバード、ヴァンデーマタラム以外の
ことを叫んではいけません。」と。相手国を罵倒するような言動は
一触即発状態の印パ間では慎むようにとの注意事項。

そうは言っても、次から次に流れる歌に、立ち上がってバングラダンスを
踊りだす人が絶えない。1人すご~くバングラが上手なおじちゃんがいて、
待ち時間も退屈せずに済んだけど。国境ゲートをはさんで向こう側にいる人々には
流石にハッジ帽を被ったイスラム教徒の姿が。こんなに近くにパキスタンが
あるんだね~。



やがて国境と、BSF詰め所と、
スタジアム入り口ゲートの上:
3箇所のインド国旗、そして
国境警備隊旗が降ろされ、
セレモニーは終了。



スタジアムの外側にはこのような緩衝地帯の柵が張り巡らされている。
国境を接している国々同士の緊張感。まわりを海で守られている日本は
ある意味恵まれすぎて、外交が下手になってしまったのかも…などと
めずらしく真面目なことを考えながら、町へと戻った夕暮れ時。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2006.04.20(Thu)  旅行COMMENT(5)TRACKBACK(0)TOP
コメント

国境閉門セレモニーはNHKで見た事ありますが実際には見てないんで、今度(いつになるやら)見に行こうと思います。
友人のインド人にパキスタン人の親友がいますが、彼女たちはホントに仲がいいので、国同士が自由に行き来できればと思ってます。
多くのインド人・パキスタン人の人々も願ってるでしょうね。
Ishwar 2006.04.21(金) 08:33 URL [編集]


地球の○き方にはパキスタン側からのほうが
ゆっくり見学できる、とありましたが、
インド側も、すご~く盛り上がって楽しかったです。
皆一斉に帰るので、帰路、駐車場から出るまでが大変でしたけど。
Blue Lotus 2006.04.21(金) 15:42 URL [編集]


記事を読んで、行ってみたくなりました。
アムリトサルから国境へは、
どうやって行けばいいのでしょうか?
よろしければ、教えてくださいませ。
サントーシー 2006.04.21(金) 22:46 URL [編集]


サントーシー様
私たちは自家用車で行ったんですけど、観光中に
乗ったオートリキシャの運ちゃんが「往復で
300ルピー」とか言ってましたよ。みんな乗り合いで
来てましたから…割り勘するとお得かな。
楽しかったので、ぜひ行ってみて下さい。
Blue Lotus 2006.04.22(土) 14:05 URL [編集]


ありがとうございます。
国境近くのアタリと言う町までバスもあるようです。
頑張って早めに行ってみます。
サントーシー 2006.04.23(日) 20:30 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。