□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
捨てるものなし


日本への帰国が決まった駐在員家族や大使館員の方々が
インドを去るときに、不用品などを「カバリ」と呼ばれる業者に
頼んでオークション形式で処分することがあります。
カバリ業者からはとにかく何でも売れるから、インクのないペンでも
空気のぬけたテニスボールでも、取っておいてくれと言われるそうで。
お友達は「砂だらけのスニーカーも売れたのよ~」と驚いていました。

確かに、マーケットに行くと「修理屋さん」がいろいろいます。
電気製品はもちろんのこと。公式の修理店のほかにもどんな物でも
修理してくれる便利屋さんが山ほど。たとえばモーターがだめに
なった洗濯機、公式修理の店ではモーターを取り替えて4,500ルピー。
インド人が利用してる便利屋さんは何と銅線を巻きなおして
使えるようにしてくれて500ルピー。どちらを取るかはあなた次第。
写真のちっちゃな店はガスコンロと圧力鍋の修理やさん。
取っ手の取れたのをつけなおすなんて、お茶の子さいさい。
何でも修理して使う「辛抱」な使い方って、日本では
廃れてきましたよね。インドの修理技術・恐るべし!!
スポンサーサイト
2005.07.29(Fri)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。