□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
カリスタン(スィク教徒の国)
パンジャブ州~①
30年に一度、4月14日がベサキ祭にあたるというその朝、
朝5時過ぎに南デリーを出発して、NH1(別名グランドトランク・カルナール・ロード)を
ひた走る、我が家のCNG改造車。

パンジャブ州にさしかかるあたりから、急に増えました、ターバンを巻いた
スィク教徒の姿。


有料道路のセキュリティおじちゃんも、料金所の集金おじちゃんも。
(セキュリティおじちゃんたちは、護衛パトカーつきで走るデリー⇒
ラホール行きバスを無事見送って、ほっと一息…)



トラックの運転手も、レストランの入り口のガードマンも、立派なおひげ。



オートリキシャのドライバーも、おいしいクルチャの店のオーナーも。



年季の入った真鍮のツボで、ラッシーを運ぶおじちゃんも、
みんなみ~んなスィク教徒。

本当にスィク教徒って、インド全人口の2%足らずしかいないの??って
不思議に思うくらい、一杯のサルダルジー(男性)やサルダル二(女性)に
出会ったパンジャブ州の旅。「カリスタン」という自分達の国を成立させようと
テロ行為の最前線にたつ急進派たちが、ゴールデンテンプルに立て篭もっていた
なんて、信じられないくらい、のどかで優しい風景が広がる北インド。
カナダへの移民が多く、アムリッツアルからデリー空港直行の立派な
高速バスが「夢」と「希望」を乗せて、びゅんびゅん走っている。

不思議な不思議なパンジャブ州発見の旅、少しずつご報告します。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2006.04.17(Mon)  旅行COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
コメント

7月にアムリトサルに行きます。
パンジャブ州の続きを楽しみにしています。
サントーシー 2006.04.17(月) 21:46 URL [編集]


サントーシー様
おぉ、夏休みはインドですね!パンジャブ州は
人も優しかったし、居心地良かったですよ。
列車で行くと楽なんでしょうけど、車のほうが
道草いっぱいできて楽しかったです。
Blue Lotus 2006.04.18(火) 15:08 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。