□  2017.05 □  04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
イベント開催許可証とは
これから先、何かとお祭がらみのイベントが多いデリー
ジャナマーシュトミー(クリシュナ神聖誕祭)の劇やら
ダシャハラー前の10日間上演されるラームリーラー劇やら
ベンガル州出身者やドゥルガー女神信者たちが盛り上がる
ドゥルガープージャーやら、ディワーリー前のメーラー(市場)やら
舞台を作って、観客を集めて行われるような出し物
沢山の人が一堂に会するようなイベントがてんこ盛り。

そんな季節を前に、今日の新聞にはデリー警察から
このような案内広告が出ました。
event-licence.jpg
ラームリーラーとかドゥルガープージャーとか、ディワーリーメーラーとか
企画するオーガナイザーは、ちゃんと開催許可を取ってください、
最後の駆け込みは避けて、早めに許可証を取得しましょう という案内。

そうなんです~。毎度毎度、何かイベントがあるたびに
ドタキャンになったり、急遽会場が変更になったり・・・・

つまりはこの許可を取っていなかったり、
許可申請のときに出したものと
イベント内容、集客数が異なっていて、
セキュリティ上許可できないと
警察が前日になって通達してきたりするんですね。
(メタリカのコンサートがドタキャンされたり、ファッションショーが
急遽会場変更になったり、というのは記憶に新しいところ。)

また、多くの人の前で演奏などをする場合には、興行許可も
持っておかなくてはなりません。ホテルでのイベントなどは
ホテル側で対処してくれることが多いのですが、担当者が
慣れていない場合には、ぎりぎりになって「部外者の演奏や
舞踊などは許可できない」とか言い出して、キ~~~!!って
なることも。特にデリーは「お酒を出す会場でのダンサーの
パフォーマンス」に神経質なので、なかなか許可が下りないんです。
(いたずらに異性を刺激する、売春につながる・・・・という 
はぁ???な見解があるわけで)

まぁ、なんでもかんでも勝手気ままに集会を許可されるよりは
これくらいやっといてもらったほうが、安心ではありますけどね。
これと同じ広告が、ヒンディー語新聞にも載っているかどうか
確認してみなくちゃ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2014.07.17(Thu)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。