□  2017.07 □  06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
夏は「麦茶」でしょう
暑い時期、麦茶はおいしいですよね~~
私も夏(デリーの酷暑期 5月・6月)の一時帰国では
必ず麦茶を仕入れて戻ります。水出しよりも、やかんで
煮立たせたのが好き。

インドはいろんな麦を育ててるんだから、麦茶みたいなのも
あるんじゃなかろうか~ と思っていましたが・・・・・
さすがに麦茶はなかったですが、類似品???で
「麦焦がし」があるんですよ。実家では「はったい粉」と呼んでいましたが
デリー界隈ではヒンディー語で「サットゥ」と呼ばれています。
sattu2.jpg
ローカルマーケットの穀物を扱うお店でたずねると、たいてい
置いてありますが それぞれにおすすめの調合(?)があり
麦だけでなくチャナ(ひよこ豆)を炒って挽いたものを混ぜたりもします。

もともと「サットゥ」はビハール州を中心とした近隣地域で
食されていたもので、オリジナルはチャナを炒って挽いたもの。
それを水にとかして黒砂糖を入れて飲むと、夏バテに効くそうで
暑さ厳しいビハールでは昔から重宝されていたものです。
病後やら、産後の肥立ち、そして赤ちゃんの離乳食代わりにもなる
万能食材でもあったんですね。

麦の産地、パンジャーブ州では麦を炒って挽いたものも「サットゥ」と
呼びます。熱湯と砂糖で練って、お団子状にして食べるのは
まさに日本のはったい粉と同じ食べ方。水で捏ねて、
間にマサーラーのきいたドライカレーを挟んで、揚げたりもします。
アーター(全粒粉)に混ぜて、チャパーティーを焼くのに使ったりも。

いろんな食の選択肢がある中、わざわざ買って飲むほどの
めちゃめちゃ美味しいものでもないですが
夏バテに効く・・・・なんていわれたら試してみたくなりますよね。
おまけにフレッシュ黒砂糖も一緒に売ってるお店だったりすると
また私の好奇心がムクムクと。
sattu1.jpg
ほのかにミロっぽい香りがするんですよ。麦芽も入ってるもんね。
なんでも試してみたいチャレンジャーな方は、ぜひどうぞ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。