□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
お釈迦様聖誕祭=5月の満月の日
5月14日はインドやスリランカでは「ヴェサック」と呼ばれる
お釈迦様の生誕日。ブッダ・プルニマとも言います。
日本ではお釈迦様の生誕日は4月8日、花祭りとして祀られますが
南アジアでは1950年にスリランカで開催された仏教カンファレンスで
「5月の満月の日をお釈迦様の聖誕祭とする」と決定してからは
これで祭日が統一されています。

・・・・ということで、今年は14日が満月なんですよ。
インドでは学校・銀行・官公庁などはこの日はお休み。
仏教徒はお寺に行き、お坊さんのお説教を聴いて
花びらが浮かんだ水盤に置かれたお釈迦様の像
(産まれたばかりのゴータマ・シッダールタ像)に
水をかけてお参りすることにより、自らも新たに生まれかわる
と信じられています。
とはいえ、インドの仏教徒の数は割合にするとごくわずか。
2011年の国勢調査の数値では0.8%、その後の
ニューズウィークの調べでは3%と発表されています。

インドは仏教が生まれ、発展した場所。近年では
新仏教が復興した土地でもあります。
お釈迦様由来の土地を訪れると、あぁ、ここにお釈迦様が
いらしたんだなぁ・・・・・と思いを馳せることができますよ。

お釈迦様の生誕地、ルンビニー(ネパール側にあります)
lumbini-may14.jpg

悟りの地、ブッダガヤの菩提樹
bodhgaya-may14.jpg

初めての説法をなさった地、サールナート(ヴァラナシから車で30分ほど)
sarnath-may14.jpg


入滅の地、クシナガラの涅槃堂
kushinagar-may14.jpg

こういった仏蹟をまわるときには、早朝の勤行で朝日を拝み
バス移動中に夕日が落ちるのを眺め、な行程で
インドは広いなぁ・・・というのを実感できますよ
sunset-may14.jpg
さて、満月の夜。月を眺めるのが大好きなワタクシとしては
夜な夜なカメラかかえて屋上に上る算段をしておかねば・・・・

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2014.05.14(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。