□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
初インドで驚いたこと
初めてインドに足を踏み入れたのは、1993年でした。
仕事だったので、緊張感に満ちて到着したコルカタ
(今のような綺麗な空港ではなく、古色蒼然としたものでした。)

入国審査でいきなり賄賂を請求されたのに、目が点になったっけ。
お金はない、と言ったらウィスキーを一本置いてけ、でないと
入国スタンプ押さないぞ・・・って言われ。
そんなことがまかり通っていた時代でした。
(しかも、ビデオカメラ・カメラ類は入国時に申告し、
同じものを帰国時にも持っていることを見せなくてはならなかった時代。)

夜遅くに着いたコルカタで、うわぁあああっと人に取り囲まれ
勝手にスーツケースを運ぼうとする人、タクシーはこっちだと
案内しようとする人、ただ単に近くに寄ってきてじっと見ている人
とにかく人の多さにどっひゃ~~!だった記憶があります。

コルカタでの初ホテルはオベロイ(今のようにリノベーションされる前の
英国統治時代の面影の残る、コロニアルスタイル満点な頃)でした。
ホテルで快適な夜を過ごし、翌朝インド博物館まで歩いていく間に
どっひゃ~~~@!@な風景、人の多さ、物乞いのたくましさに
これまた驚いたものの、実はクライアントの手前「初インドだって
絶対に言うな」と上司から釘を刺されていたので、声に出して
驚くこともままならず、ひとり静かに心の中で「キャーキャー」
言っておりました。

そして案内されたフグリー川(ガンジスの河口近く)の河畔で
道端のチャーイを飲んでみました。素焼きのカップに入ったやつ。
今までのインド暮らしの中で、あれが一番美味しかったなぁと
思い出すことがあるので、よっぽどおいしかったんだと思います。
(ちなみにその次に美味しかったのは、ブリンダーバンの
イスコン寺院のわきにあるチャーイ屋台のもの。)
shivtemple-may14a.jpg
カーリー寺院で生贄のヤギの頭がころがっているのを見て
ギャ~~!!(・・・・と心で叫び)
夜行列車に乗るために対岸のハウラー駅に一歩踏み入れたら
足の踏み場もないほどの人が、床で寝ている。人・人・人!
ギャ~~!!(・・・・と心で叫び)
朝、早めに起きて車窓の景色を楽しもうとしたら・・・・
窓が汚すぎて外が見えない。仕方ないので連結部分に行ってみたら
ドアがどこもかしこも開いてる!列車はすごいスピードで走ってるのに!!
ギャ~~!!
ganga2-may14.jpg

線路脇にいっぱい人が座ってる。なになに??と尋ねたら
「朝ウン○してる」って。いいけどなんでみんなこっち向いて座ってるの~!?
もう、一事が万事こんな感じで 本当にノックアウトされました。
そんなインド、毎回行くところ行くところ
何もかもあまりに異なっていて
その後プライベートで訪れたときにも、うぉ~~!と叫ぶことだらけでした。

なのになのに、今インドに住んでいるだなんて。

・・・・・相変わらず驚くことは毎日何度もあります。
デリーの街中を普通に車で走ってて、象が歩いてるところに遭遇したり
信号待ちで泊まったときに、オカマちゃんがドアップで迫ってきたり
ganga-may14a.jpg
まぁでも、インド暮らしが長くなった分
暮らしの智恵、というか 自分の都合の良いものだけを取り入れる術は
しっかり身についている気がします。
それを少しでも還元できるようにしたいなぁと。
そしてこれからも、初インドのあの驚きは忘れずにいたいなぁと。
そんなことを考えたヒッキーな一日なのでした。

(注:文章と画像とは直接関係ありません。)
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑↑ 生贄見てびっくりしたカーリー寺院。これがカーリー女神です。


スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2014.05.09(金) 17:17  [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2014.05.10(土) 16:34  [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。