□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
ドライバー遍歴
「自分で車の運転、しないんですか?」と聞かれることが
あります。一応デリーに住むようになってから、練習したことは
あるんですが、突如として左側からニョロニョロっと現れる
バイク軍団やら、突然出てくるイノブタやら、交差点のど真ん中に
陣取る牛の軍団をやりすごしつつ、この交通マナーの悪い中で
わたしにゃ~ここでの運転は無理だと判断しました。

が、うちに今まで来たドライバーさんはローカル色満点で
まぁインド人しか住んでいないコロニーなので、英語を喋れる
ドライバーが来るはずもなく。

田舎から出てきたばかりの人のときには、
地図を片手にあっち、こっちとナビゲーションをせねばならず
後部座席にゆっくり座ったことがありませんでした。
ある人はデリー中心部のロータリーが苦手
ある人は英語・ヒンディー語の標識がまったく読めない
ある人はこちらが伝えたことや尋ねたことに対して返事をしない
地図なんて読めるわけもなく。

それでもまぁ、だんだんと日を追うにつれて慣れるもので
大体私の行きたいところ、いつも行くところがわかれば
良いかぁ、と思っていましたが
中には高速代にと置いている小銭を黙って持って行く人だとか
(この人には「小銭ちゃん」というあだ名をつけました)
道もよく知ってるしまじめだし、言うことないんだけど
いかんせん体臭がすごい人だとか
曲がるところを行き過ぎたので「後ろだよ」って言ったら
交差点でバックしはじめた初心者とか
(この人のときは、まじで自分で運転したほうがマシと思いました。)
・・・・・・・まぁいろんな人がおりました。

大体 辞める原因は田舎に帰るってのが多かったですが
遅刻がひどいのでこちらから首を言い渡したこともあるし
小銭ちゃんの場合には、いつの間にか他の家とかけもちで
仕事してるのが発覚し(出かけたいときに指定の場所にいない、
携帯電話での連絡に返事しない・・・・などで)やめてもらいました。
一日の休みが二日、三日とだんだん来なくなって、自然消滅した人もいました。
ホーリーの休みに田舎に帰る、と言ってそのまま帰ってこなかった人も。

そんないろんな運転手さんの変遷を経て
今の運転手さんとは一番ウマが合って、助かっています。
なんせ英語がわかる彼。私の行きたいところの地理も
たいていわかっています。さらには「健康オタク」なところがあって
そこも気に入っている所以。

今朝も出かけようとしたら、ニームの枝からせっせと何かを取っていました。
「何??」って聞いたら「今月いっぱい、ニームの若芽を
掌いっぱいくらい食べ続けると、血が綺麗になって一年元気に
暮らせる」んですって。ほほ~~~ ニームには確かに
血液浄化作用がありますからね。

たま~~に あれ????なんでこっちの道を通る??
って訳のわからない道を選択することもあって、急いでいるときに
渋滞にはまって、んも~~~!な思いをしたりしますが
やっとやっと「あてにできる」ドライバーさんにめぐり合ったワタシ。

仕事のアポイント時間にあわせての移動やら、
カメラの道具をかかえての移動があるので、車がないと
厳しい私のデリー暮らし。
(ドライバーさんがいない時期には、オートやら地下鉄で
移動していましたが、機材抱えてだと余計な緊張感でくたくたでしたね~)

健康オタク談義ができる今のドライバーさんが、
長く勤めてくれることを願っています。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2014.05.08(木) 11:51  [編集]


鍵コメTさま

コメント拝読しました。
私の知る限り、デリー・グルガーオン在住の帯同家族で
ご主人様が出張がち、でも母子で乗り切っていらっしゃる方は
沢山おられます。確かに今おられる国と比べると、かなり
ハードシップは高いと思いますが、それだけ人と人との結びつき・
助け合い意識も高いです。
私も九州人ですが、ちゃんとアーリア人と渡り合って(!)
暮らしていますよ(笑)
いずれにしても気の持ちようじゃないでしょうか。
ご主人様が仕事から戻ったときに、ホッとできる
場所がある・お子さんが元気で楽しく学校に通える 
というのがまずは大事ですよね。最初は確かに大変かも
しれませんが、友達(同士?)ができ、暮らしの様子が
わかってきたら楽しめる要素が多いと思います。
もしもっと詳しく暮らしの状況が知りたい、とか
特に不安に思っておられることなどありましたら
鍵コメントでメールアドレスを残していただいたら、直接
ご連絡さしあげますので遠慮なくどうぞ☆☆

Blue Lotus 2014.05.09(金) 00:04 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。