□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
また休みかいっ!!
今週火曜日(8日)はラーム・ナーヴミーで9日間のお祭り最終日
=学校がお休みでした。 木曜日(10日)は選挙で
これまた学校も、夫のオフィスも休みでした。
かわりに12日土曜日に授業をする、というので
ほほぉ、やるじゃん・・・・と思っていたら またも!!
14日月曜日は学校が休みだって言うじゃありませんか。

今度は何の休みよ??

と思ったら、アンベードカル博士のお誕生日で
学校と官公庁はお休みでした。
アンベードカル博士はインドの政治家で、ネルー首相のもと
法務大臣をつとめた方で、インド憲法の草案作成者でもあります。
カースト(不可触賎民〈ダリット〉改革)運動の指導者でしたが
実はガーンディーさんの主張とは真っ向から対立しており
公然とガーンディーさんを批判していたことも知られています。
インドで新仏教を興しダリットの仏教への集団改宗を率いた人でもあり、
人々の尊敬を集めている方なのです。

インド国内の街角や公園で、メガネをかけた、恰幅のよい大橋巨泉か? 
みたいな銅像を見かけることがありますが、それがアンベードカル博士です。
多分、最初はご本人に似た銅像だったと思われますが
ペンキで色を塗り直すたびにちょっとずつズレて行ったんでしょうねぇ。

更にアンベードカル博士のことについて興味のある方は、
ググってみたらネットでもかなりの情報が手に入りますよ。

おまけに4月14日は各地の「新年」を祝う日でもあるんです。
タミル・ナードゥやベンガル地方の新年でもあり
北のパンジャーブ州やハリヤーナー州ではベサキーという収穫祭でもあるので
ついでにこの日は公休にしちゃったんでしょうねぇ。

・・・・というわけで、現地校にお子さんが通っている場合、
ママたちは「なんでこの日は学校が休みなの?」って
思うことも多いでしょうから、4月から7月までの主な祝祭日を下記に。
(おまけに移動祭日の場合、月の満ち欠けに影響されるので
毎年日にちがかわります。)

4月15日 ハヌマーン・ジャヤンティ(猿の神様・ハヌマーンのお誕生日)
4月18日 グッド・フライデー(キリスト教、聖金曜日 4月20日はイースターサンデー)

5月14日 ブッダ・プル二マ(お釈迦様の生誕日)

6月29日 ラト・ヤートラ(ヴィシュヌ神の化身とされるジャガンナート様のお祭
      主に西インド、オリッサ州プーリーを中心とした地域で行われます、
      ヴィシュヌ信者はお寺にお参りに行くことあり)

7月12日 グル・プル二マ(最高の師匠とされる古代の高僧ヴィヤーサの日
      転じて、「先生」「習い事の師匠」にお参りし、感謝を捧げる日)
7月30日 ラマダーン (ムスリムの断食期間の終わり)

実は「酷暑期」にあたるこの時期は「お祭」が少ない時期。
酷暑をすぎて8月になると、途端にお祭が増え始め
10月、11月でクライマックス・お祭てんこ盛り~~な時期に
突入しますから、乞うご期待。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2014.04.12(Sat)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。