□  2017.04 □  03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
春のナヴ・ラートリー期間
インドの暦はインドの神様と同じく、山ほど種類があって
宗教・カースト・地域などにより使用する暦が異なっていて
20世紀はじめまではまさに混沌を極めていたと言います。
それを1957年に国が統一したのが「インド国定暦(こくていれき)」で
一般に使われている「グレゴリオ暦」とはことなり、サカ(シャカ)暦
と呼ばれています。ややこしいんだけど、このサカ歴で計算して
定められたヒンドゥー教の年始が、今年は3月31日。
navratri-thali.jpg

太陰暦で宗教行事が行われることが多いインド、
ヒンドゥー暦の新年を祝うと同時に、
3月31日から春のナヴ・ラートリー期間に入りました。
つまり、9日間はヒンドゥー教徒は「菜食」期間なのです。
navratramenu07.jpg
レストランでもこの期間特製の「ナヴラートリー・ターリー」が
登場し、9人の女神様をかわるがわる祀るプージャ(お参りの儀式)が
執り行われ、人によってはこの9日間、「果物しか口にしない」
という場合もあります。(9人の女神様の詳細はコチラで)
navratra-deity.jpg
更に31日から「ラーマ王子をお祀りする期間」に入っており
最終日の4月8日が、ラーム・ナーヴミーと呼ばれる祭日です。
ラーマ王子はヴィシュヌ神の化身でもありますから、
この期間はヴィシュヌ派のヒンドゥー教徒にとっては大事な期間
敬虔にお寺に通い、断食をする人も多くみかけます。

いろんなヒンドゥー教のお祭が重なっているこの時期
郷に行っては郷に従え・・・・でベジタリアン・ターリーを
頼んでみるのも楽しいですよ。(ナヴラートリー・ターリー)

宗教が理由にせよ、なんだかんだで「断食」する日があるのも
身体をリセットする意味で、大事なんだろうなぁ。
特に最近のインド、「肥満」と「糖尿病」が深刻な問題ですからね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

スポンサーサイト
2014.04.02(Wed)  インドの祝祭日COMMENT(1)TRACKBACK(0)TOP
コメント

断食の定義。

インドに来て驚いた事はたくさんありますが、
断食もその一つです。

断食=物を食べない。だと思っていましたが、
彼女らは断食食と言うのを食べてるんです。
果物とかカスタード(プリンではない)とか・・・

こんな事を言うと怒られるかもしれませんが、
インド人と言うのは何でも都合の良いように解釈する人種だと思います。
サントーシー 2014.04.02(水) 10:56 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。