□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
インド英語~~!!
今日は、次に控えたドイツ語の練習問題と格闘しながら
並行して、そのあとの科目Social Studies(歴史・地理・公民)の
勉強をしています。 息子じゃなくて私がね。笑

なんで毎回 試験がそんなにおおごとなのか、って思うでしょう?

そもそも学校での教え方が、日本のようにシステマティックじゃないのと
売ってる参考書やドリルがろくでもないのと
塾も家庭教師もあたりはずれが大きいし
夫が塾反対論者なので(古典的頑固もん)
手分けして教えているってわけですよ~~
もう8年生だし、自分でやらせよう・・・・と放っておいたら
ノートはあちこち大事なところが抜けてるし、
字が汚くて読めないし。

おまけにSocial Studiesって、いちいち英語の説明文が
長いんですよぅ。
歴史はインドの女性問題とカースト問題、独立運動。
ガーンディーさんの数々の活動やら、ローラット法やら
ベンガル分割やら 出てきます。
地理はインドの産業全般と人的資源について
公民はインドの司法制度、差別問題について

暗記問題用のドリルを作ろうと、ワードで文章をシャカシャカ
打ち込んでいたら、綴り訂正マークが出てくる出てくる。

そう、私の打ち込んでいるのは徹底的に米語
息子の教科書にある表記は全部イギリス英語表記
インドで買ったコンピューターのワードも、イギリス英語に設定してあった。

うぐぐぐ・・・・・・ここへきてインド英語に馬鹿にされるとは
思わなんだ。試験範囲が広すぎて、綴りにかまっている
余裕がないので、赤字がでてきても無視して進んでいます。

・・・・っつ~か、時間の余裕がないっていうなら
ブログ書いてる暇もないだろうって・・・なぁ。 

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
くやしいから、ワードの言語設定をEnglish(United States)
にしてみた。笑



スポンサーサイト
2014.03.12(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。