□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
真の復興を祈って
3月11日、アメリカの友人からの電話で
点けたテレビに信じられない光景が写っていた日
東日本大震災の画像を やるせない気持ちで
ただ見続けるしかなかった日々

このままじゃいけない、まずはなにか出来ることをしよう
デリー在住邦人で、支援イベントをしようと立ち上がった日
cherryblossom.jpg
届けられた支援金は使う部署・職員の不足で基金のまま
金額がふくれあがり、有効利用されるに至っていない。
いまだに行方不明者は2633人、
震災関連死の数は3000人に上るという。

用地確保の遅れや資材不足などから、被災者のための住宅は
予定戸数の3%しか完成しておらず、建設作業に従事する
人材が決定的に不足しているそうだ。
3年も経つのに、避難者の数は26万人以上・・・・・

ならば わたしたち一般人は何をすればいいのか
被害に遭った方々が必要なもの、必要なことは何なのか
なぜ現地の声が伝わってこないのだろう
本当のことを伝えてくれるメディアがなぜないのだろう

放射能の危険性が海外のメディアによって報道され
フランス・ドイツの人々が原発廃止の「人間の鎖」を作り
抗議行動を起こしているのに
なぜ日本では政府がイニシアチブを取らないのだろう
それどころか、原発20キロ圏内の旧警戒区域で初めて
住民帰還が認められるとのニュースを知り、複雑な思いだ。
tohoku-fukko-festival13.jpg
(↑↑ 昨年の陸前高田市での復興イベントの画像)
海外からでも 何かできることを 今も模索しつつ
復旧段階から、真の復興へとつながるように
祈り、行動しつづけたい。

地震が起きた時間、14時46分は
インド時間で11時16分。黙祷を捧げます。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2014.03.11(Tue)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2014.03.11(火) 17:11  [編集]


鍵コメMTさま

コメント嬉しく拝読しました!
いつの日かお目にかかる機会がありますように・・・
初対面でもいっぱい喋れる自信あります!笑
Blue Lotus 2014.03.13(木) 01:22 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。