□  2017.04 □  03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
インドの結婚式シーズン
インドの結婚式シーズンは「冬」。
デリーなどでは冬場、ファームハウスなどのパーティ会場での
結婚式は、本当に寒いんです~!でも女性はみんなサーリー姿。

今日は、今シーズンで一番綺麗だった花嫁さん&結婚式の流れを
ご紹介しましょうね。↓↓ こちらはお坊さんが取り仕切る結婚の
「儀式」を行う前のお二人。
wedding14-newlyweds.jpg
結婚式の前に婚約式が執り行われます。
これは婚約が決まったときにすぐにやる場合もあれば
お式の直前、親族が集合した時期にあわせて実施されることもあります。
女性が頭にかぶっているのは、パンジャービー特有の
刺繍製品、フールカリと呼ばれる布。赤は花嫁さんの色です。
親戚を代表して、花嫁に金製品のセットを渡している場面。
wedding14-engagement2phulkari.jpg
結婚式当日、花嫁側・花婿側、それぞれにさまざまな儀式があり
男性側は「お清めの儀式」「ターバンを巻く儀式」などなどが。
花婿が顔の前に下げているのは「セへラ」と呼ばれ
セへラ・バンド・セレモニーというこれを巻く儀式もあります。
wedding14-sehera.jpg
花婿に遅れて、花嫁が入場。
兄弟や男性のいとこたちがきらびやかな布(または花で編んだ
ネットのようなもの)をかざし、その下をしずしずと歩きます。
ここで一緒に入場するのが花嫁の姉妹や親友たち。
wedding14-bride.jpg
会場に到着したら、マーラー(花の首飾り)を
お互いの首にかけます。そして、冒頭の「儀式を待つ」
写真へと続きまして。
wedding14-mala.jpg
いよいよ結婚の儀式がお坊さんによって執り行われます。
前列に陣取っているのは、親戚の中でも重鎮をしめるおば様がた。
双方の母親が儀式では活躍します。
wedding14-puja.jpg
そして、花婿が首にかけたショールの先と、花嫁のサーリーの端っこが
結ばれ、(中にココナッツその他縁起かつぎの品が仕込まれ)
誓約のことばを交わしたあと、聖なる火のまわりを7回まわるのです。

この結婚の誓約の儀式は、その日の「聖なる時間」により
今日は午前2時だ、とか、昼間の13時半が良いとかで
決まります。それから逆算してすべての儀式の段取りをし、
さらに披露宴の段取りもしなくちゃいけないので、両家とも
大忙しなんです。

・・・・というわけで、もし結婚式におよばれした場合
参列者にお祝いの相場など聞いておいたほうが良いですね。
着ていくものも、さりげなくチェック入れておかないとね。

今シーズンの結婚式もそろそろラストスパート。
2月の縁起の良いとされる日は17,20,21,24,26日。
3月は2,3,7,8,9日。これでひと段落つく感じです。

今年のパントーンの流行色は蘭の花のような紫がかった色。
結婚式におよばれする機会にサーリーやパンジャービースーツを
新調するのもいいですね!(・・・って自分が欲しいのよ。笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
コメント

ご祝儀

いつも興味深い内容ばかりで、インドを理解するのに役立ってます。
日本のようにゲストは現金をご祝儀として渡すのでしょうか?
それとも何か贈り物をするのでしょうか?
結婚に対する考え方が日本とインドでは違い過ぎてサッパリ分かりません(笑)
みか 2014.02.07(金) 02:21 URL [編集]


週末。

9日に結婚式に行きます。
ビハール州なのでですが、現金XXX1Rsと
ペアウォッチを持って行きます。
やっぱり日本人だから期待されてますかね?

かなりの田舎で外国人(日本人)は珍しいので、
近所の人が群がってきそうです。

サントーシー 2014.02.08(土) 01:28 URL [編集]


みかさま

コメントありがとうございます。
ゲストのご祝儀はたいていの場合、現金ですね。
(親族の場合には金製品なども贈ります)
あらかじめ吉祥数の1ルピーが貼られた祝儀袋が
売られているので、それにお金を入れて、新郎新婦の
母親とかお姉さんに渡すことが多いです。
出身地方によってもしきたりが違うので、何年インドにいても
おもしろいですよ。
Blue Lotus 2014.02.08(土) 01:57 URL [編集]


サントーシーさん

おぉ、それはなかなかできない体験になりそうですね。
日本人、ご祝儀の期待もさることながら
珍しがられて大変なことになりそう・・・・・
何をお召しになりますか?
私もアーグラーの結婚式で、「動物園のパンダ」状態に
なったことを思い出しました。笑
Blue Lotus 2014.02.08(土) 01:59 URL [編集]


両方なんですね

インドの結婚式では、日本のようにゲストが現金を渡すのは失礼にあたる。現金は親族が渡すものであって、ゲストは贈り物をするのだ。一度このように聞いたことがあり、インドは面白いなぁ、と思ったものです。インドの冠婚葬祭、とても興味深いです。
みか 2014.02.08(土) 20:26 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。