□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
おもてなし料理は場数が勝負
「インド料理食べた~い!」と日本からのお客様のリクエストがあったら
超一流どころはさておき、お手軽に行けるのが、北インド料理なら
Pind Baluchiとか、Punjabi by Natureとか、Have Moreとか。
南インドならNaivedyamやSagar Ratnaにご案内することが多いです。
海鮮南インド・・・と言われたら、Zambarかな。
thali-punjab (1)
日本からいらした方には、本場ならではのインド料理で接待
が決まりなんですが、インド在住の日本人がうちに遊びに・・・
という場合、やっぱり和食でおもてなしすることが多いです。

なんと「加工食品のインド輸入禁止」措置がとられているので
和食レストランや日本食材をとりあつかうスーパーなども
かなりな打撃を受けているはず。それは我が家のような
インドに暮らす庶民にも痛手です。今まで以上にちびちびと
食材を大事に使わねば。そして今まで以上に、こちらで
手に入る食材でアレンジせねば。

うちは常駐のお手伝いさんを雇っていないので、お客様がいらしたら
もっぱらお弁当形式で、私も座って一緒にお話しながら
食べられるようにすることが多いです。直前に温めるのは汁物くらい。
前菜はもりもり生野菜サラダやパリパリ薄焼きピザが大活躍
(それ、和食じゃないやんけ!というツッコミはなしでお願いします。笑)
salad030413.jpg
先日から、先輩マダムのお宅でランチをおよばれする機会が続き
いずれもマダムが指導しながら、お手伝いさんが作った・・・という
和食をご馳走になりました。
もうすぐ春だから・・・・と桜尽くしのテーブルセッティングに、前菜が。
これをインド人のコックさんが作っちゃうんだから、もう、びっくりでしょ~!
japaneselunch-sapna1.jpg
別のお宅では、和食を覚えたいとやる気マンマンのお手伝いさんが
楽しく鼻歌まじりに調理を手伝ったという力作が。
なにより、やる気がある というのがポイント高いですよね。
japaneselunch-ao.jpg
こちらはまた別のお宅。
こうやって作るのよ、ってマダムがつきっきりで指導するにしても
教える根気がわたしにはないなぁ・・・・・
ぷるんぷるんの茶碗蒸し、美味しかったぁ。
japaneselunch-nu.jpg
いっつもお腹はちきれそうなくらいにご馳走になっていますが
こういう盛り付け、サービングのタイミングなどは
ひたすら場数をこなすしかないですよねぇ。
デリーではその昔(といっても7~8年前まで)は
日本から取引先の方やお客様がいらしたときには「自宅接待」が
基本だったんですよね。今のように和食レストランの
接待に使えるようなところが数えるほどしかありませんでしたから・・・・・

当時、先輩マダムのお宅に遊びに行って、
料亭のようなお料理が次々に出てくることに驚嘆したものでした。
思えば、あのころいっぱいいっぱい「海外でのおもてなし」の機会に
遭遇したので、今になって、なんとか自分の家でランチ会などする際に
体裁が保てているように思います。

美味しいお料理、綺麗な盛り付け、一番美味しく食べられる温度調整
それらを学ぶには、場数をこなすこと。
・・・・というのを理由に、今日も食べ歩きにいそしむのでございました。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2014.02.06(Thu)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。