□  2017.05 □  04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
インドの学問の神様
インドは子供の数に対して、良い学校の絶対数が
足りないので、ちょっと評判の良い学校は受験希望者が殺到し
幼稚園入学のときからすごい競争率になります。
たいていの私立校が幼稚園~高校までの一環校。
学齢が日本より半年早いので、高校卒業時でまだ17歳の子もいます。

私立であっても基本的には半径8キロ以内が学区ですが
「学区内であるかどうか」「兄弟姉妹がすでに同じ学校にいるか」
「親の職業」などにより、点数が加算され、上位から順に
入学が決定していくのですが、もちろん中には面接も。
ただし建前としては面接はあくまでも形式で、とされています。
双子の場合、どちらか一方が合格したらもう一人は
補欠・・・とか、経済的に恵まれない層から園児全体の25%を
入学させねばならない、とか細かい規則があって
特に南デリーはお受験の激戦区なのです。

そういえば、うちの息子が幼稚園に入るときも14校に
入学願書を出し、最初の二つは手当たり次第、訳もわからず
とりあえず面接に行きましたっけ。たまたま第一希望の学校から
早めに合格通知が来たので、残りの10校ほどは受けませんでした。
(当時は学校により受験時期がずれていて、新聞で
Admission Open の記事が出たら、ソレ~ っと
申し込んでいたものです。今はどこの学校も全部同じ日の
情報開示になっています。)

日本でもお受験シーズンですね。

インドでは、何か新しい習い事を始めるとき、サラスワティー女神に
お祈りします。日本でいう弁才天(弁財天)のことですね。
学校の校長室の前などに、サラスワティー女神像があり、
鉛筆やノートを置いてプージャをする風景を目にすることもあります。
saraswati2010.jpg
それから、もうお一方の学問の神様はガネーシャ神。
ガネーシャは障害を除去して成功と幸福をもたらしてくれる
神様でもありますが、『マハーバーラタ』を口述筆記したという
話から、「智慧と学問の神」でもあるのです。
仏教では歓喜天とか聖天と呼ばれます。
ganesha07.jpg
↑↑ これは我が家にあるガネーシャ神の像。
手前にあるのはクベーラという神様で、日本に渡って
毘沙門天として祀られています。

神様の絵も、神様の像も
なかなかいいお顔の納得のいくものにめぐり合わないので
見つけたら即決 ですね。

お受験シーズンをむかえ、インドの学問の神様のお話でした。
ご利益がありますように。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



スポンサーサイト
2014.01.31(Fri)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。