□  2017.11 □  10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
子供たちの目を通して見たインド
長野の小学生8名、無事金曜日のJA○便で
デリーに到着し、ホームステイに入りました。
5年生、6年生でまだまだ英語でのコミュニケーションも
ほぼとれない状態なので、二人一組でのホームステイです。

土曜日は午前中全員でショッピングセンターで落ち合い、
午後はスクールバスに乗ってホストファミリーと一緒に
ワイワイとアクシャルダーム見学に行きました。
ヒンドゥー教のお寺がどんな感じなのか、なんとなく肌で
感じてもらえたようです。

日曜日は早朝発でタージマハルへ。
なんと~~、ヤムナ川を越えてヤムナエクスプレスウェイに乗ったら
濃霧でのろのろ運転を余儀なくされ。
kawada-taj190114b.jpg
ぎょえ~、だいじょぶかいな。こんな濃霧で
タージマハルは見えるかしらん~・・・・と一瞬不安になりましたが
kawada-taj190114c.jpg
タージマハルに近づくと、霧もなく、厳重な安全検査を抜けて
(電気・電池製品は持ち込めませんよ~と言っていたのに
なぜか懐中電灯が入っていて一次預かりされたり、鉛筆を
没収されそうになったり。)中に入ったら、大写真撮影会状態で
入り口までも到達してないのに、なかなか先に進めませんでした。笑

(子供たちがそれぞれ写真を撮るうえに、各ホストファミリーが
それぞれの子供と撮りたがったりできりがなく。)
kawada-taj-190114a.jpg
ようやく中に入った~~と思ったら、今度は団体写真やら
タージマハルのてっぺんをつまんだように写るスポットからの
撮影やらで、なかなかタージマハルの中までたどり着かず。

混雑しだす前だったので、ゆっくりと時間が取れました。
こんなサーリー姿のインド人観光客の姿も多く。
kawada-taj190114e.jpg
大理石保護のため、本来は靴を脱いで見学するのですが、
こんな靴カバーをつければOK.みんなで『ドナルドダックみたい~』と
言いつつ、オレンジ色のカバーが目立つので迷子も出ずに
ゆっくり見学できたのでした。
kawada-taj190114f.jpg
入り口付近では、水辺(ヤムナ川)に近いこともあって
キングフィッシャーを見ることができましたし。
kawada-taj190114d.jpg
車窓からはこ~んなカラフルな建物が見えたりして
日本ではありえない色使いだよね~ってびっくり。
kawada-taj190114h.jpg
到着してから二日間で見たデリーの街と、
アーグラーの旧市街との違いも車窓からですが、感じ取れたようです。
kawada-taj190114g.jpg
子供たちの新鮮な感想を聞くのがこちらも楽しく
何もかも当たり前になっている(何がおきても驚かない)、
日ごろのデリー生活をリフレッシュする良い機会にもなっています。

月曜日はいよいよ英語での自己紹介があったり、
体験授業を受けたり・・・・・
たくさんのことを体感して帰ってほしいなぁと思います。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。