□  2017.05 □  04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
インドを知ろう 国立博物館勉強会
毎年ボランティアサークルの活動の一環として
デリーNCR在住の日本人会さくら会(旧 婦人部)の
皆様に博物館をご案内しています。
去年はクラフト・ミュージアムだったので今年は
国立博物館へ。
nationalmuseum12g.jpg

日ごろお世話になっているインドへのご恩返しだと思って
皆様からの参加費は全額ボランティアサークルの基金として
支援施設のために使わせていただきます。感謝感謝。

せっかくの機会ですから、より理解を深めていただけるように
昨年度から第一回目は「座学(全50名)」2時間
第二回目が実際に博物館をご覧いただく(午前25名、
午後25名)という2回制で実施しています。

この月曜日に日本人会から一斉メールでお知らせしたところ
もうすでに博物館見学 午前の部が定員を上回り
30名になったので締め切ったとのこと。どっひゃ~~
午後の部はまだ大丈夫らしいですよ。
(・・・って、あいまいな言い方ですが、お申し込みは
さくら会のボランティア・サークルにお任せなので・・・)

毎年「もっと定員を増やしてほしい」とも言われるのですが
一人で説明しながら2時間たっぷりご案内するには、
30名が限度なんです。

講習会では画像も含め、インド全般について
お勉強していただきます。せっかくインドにいるんだもの
インドのなんたるか、インドの宗教・世界観も含め
なぜに国立博物館が重要なのか なにが展示されているのか
ちょこ~~っとずつ触れてご案内させていただきたいと思います。

そして、実際の博物館見学日には、
じっくり2時間かけて古(いにしえ)のインドから
現代まで、各種彫刻・仏教美術・細密画・布などを通して
ずずず~~~いとご覧いただきますよ。
nationalmuseum12b.jpg

なんと、博物館見学の日にあわせて日本から
ご参加くださる方もいらして、身が引き締まる思い。
デリー在住の友人たちから「博物館見学、申し込んだよ~」って
あちこちで言われて、こりゃ~気合いれて行かねばと思っているところです。

(・・・・なんて言いつつ、17日から23日まで長野の小学生の
交換プログラムにはりつきなので、事前にあたふたするのは
目に見えている。笑。)

お申し込みいただいた皆様、ありがとうございます。
当日お目にかかれるのを楽しみにいたしておりますよ~。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ





スポンサーサイト
2014.01.16(Thu)  芸術・文化COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
コメント

なrつかしや~

はじめまして。

私はシタールをやっているので古典楽器とミニアチュール(中でもRagamalaとよばれるもの)に特に興味を持って博物館を訪れました。
楽器を演奏している女性のところに、音に聞きほれたとおぼしき鹿達がよってくるという構図のRaga TodiのRagamalaをはじめ、名品ぞろいだったことに感動した記憶があります。
また、古典楽器も今ではシタールのようにメジャーなものではなくなってしまった楽器も多く展示されており、すっかりミーハーになっていました(笑)。
お目当ては楽器とミニアチュールでしたが、それ以外にも、歴史の教科書にに乗っているような展示物が売るほど展示されていたので、歴史好きの私としてはそれらも見ないわけにはいかず、帰るころには疲労困憊でした。まだ、それでも見たいものはありましたけどね。
あと、あのあたりはハイソなエリアのようで、リキシャがなかなかつかまえられなかったことも良い思い出です。
また生きたいな~。
yanagi(Big Spoon) 2014.01.16(木) 19:49 URL [編集]


yanagiさま

はじめまして。コメントありがとうございます。

すごい名品、逸品、美術品の数々が
結構無造作に展示されているので、いつもちょっと
心配になります(笑)
それぞれの楽しみ方ができる博物館ですよね。

そうそう、リキシャの運転手さんが「エンポリオ行く?」
「いいお店あるよ」って客引きに熱心なのにも閉口します。
またぜひインドへいらしてくださいませ。
Blue Lotus 2014.02.03(月) 01:01 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。