□  2017.04 □  03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
天皇皇后両陛下 ご訪印
皇太子殿下時代に、ご結婚1年後の美智子妃殿下と共に
インドをご訪問なさった天皇陛下。
なんと53年ぶりになるというこのたびの天皇皇后両陛下の
ご訪印、デリーでのご滞在期間は丸4日間に及びます。

大使公邸で開かれる歓迎会や
日本人学校での行事に参加する機会のない邦人とも
接見の機会を設けてくださった今回のご訪印。

11月30日のご到着をお出迎えする会と
12月1日のローディーガーデンでの交流会、いずれかに
抽選の結果約300人ほどが参加することができました。
私はローディーガーデンの交流会へ。

携帯電話の携行は認められていたものの、写真撮影は
一切禁止・・・・ということで、開始前にローディーガーデンの
風景などを撮り。
lodi-a.jpg

10時過ぎにご到着なさる両陛下をお迎えするために
現地に向かう邦人。きっちり時間通りに揃うのも
日本人ならではだなぁ・・・と妙なことに感心したりして。

集合してからご到着まで、1時間半近くもあるのか~
なんて思っていましたが、その場に居合わせた友人たちと
おしゃべりしている間にあっという間に時間が過ぎ。
お子さんたちには待ち時間が長かったでしょうが・・・・

両陛下は私たちの顔をちゃんと見ながらお話なさって
たまたまお隣にいたお子さん連れの方に話しかけられたので
前列で結構長いことご尊顔を拝することができました。
インドにいなかったら、こんな機会はまずなかったでしょうから
この機会に大感謝です。

私たちが天皇皇后両陛下にお目にかかれて
貴重な体験をさせていただいた分、準備から現場の采配まで
労をとられた大使館の方々は本当に大変だったと思います。
ありがとうございました。

この貴重な体験をする前に、相変わらずのいろんな
「どひゃ~!」が待ち受けていたのです。今思うと爆笑ですが。

「軽装」に「歩きやすい靴」とはいわれているものの
失礼のないようにと一応準正装で行ったのですが、本当に
久しぶりにスカートをはき、ひっさしぶ~~~りにストッキングを
履きましたよ、まったく。いや~懐かしかった、ストッキングの感触。笑

本人確認のためパスポートなどの証明書を持参・・・・と
なっていたのですが、家を出てからしばらくして
ハタと気づいた。自分のパスポートでなく、息子のを
持ってきたことに。ぎゃ~~~!!!
(念のために持って来たもうひとつの身分証明書があったので
ほっと一安心しましたが、一瞬血の気が引きましたよ。)

そして、いよいよ最後のセキュリティの手前で本人確認。
5枚ほどの出席者リストの最終ページに個人会員の
名前がずずずらっと並んでおりました。が、が、が
私の名前がない!! ひぇ~~、ここまで来たのに。
何度見てもない!! 係の方から名簿をお借りして
見てみたら、一枚目に名前がありました。ホッ
一瞬もうダメか~と思って涙目になりましたよ。

この機会を通じて
いま、このときにインドに住んでいることの恩恵を
ひしひしと感じたのでありました。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

スポンサーサイト
2013.12.02(Mon)  青蓮日記COMMENT(1)TRACKBACK(0)TOP
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2013.12.05(木) 16:08  [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。