□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
デリーで「芸術の秋」体験
1ヶ月ほど前、友人が先生をつとめた
「ソフトパステル画」クラスに参加しました。
なんと30年ぶりにまともに絵を描いて、忘れていた
あの感覚が蘇った感じで、やっぱり絵を
また描こうかな・・・・と思ったのでした。

そんなとき、ジャパンファウンデーションからのメールで
デリー在住の日本人アーティスト、私のインド暮らしの
師匠と仰ぐローチャン由理子さんの「水墨画ワークショップ」が
開催されるとのお知らせが。参加者多数の場合には抽選
・・・・と書いてあったので、ドキドキしながら連絡を待ちました。

運良く参加することができ、先週土曜日の夕方、行ってきました~
前半は水墨画の作品を見ながら、解説を聞き
後半がいよいよ実践。まずは墨のすり方、筆の扱い方などを
説明していただき、先生が見本を。
suiboku-workshop261013.jpg
いわゆる「竹」とか「梅」とかいうモチーフではなく
感覚的に水墨画を体験するため、テーブルごとに
モチーフとして異なる植物が置かれていました。
参加していたインド人はデザイン学校の学生さんやら
アーティストやら、日本語を教えている先生やら。
皆さんとても熱心で、カメラやiPadで記録しつつ
先生のデモを見学したのでした。
suiboku-workshop261013c.jpg
新聞紙で練習した後は、半紙で本番を2枚。
どちらか気に入ったほうをずらりと並べて
なぜそれを選んだのか、また全員の作品の中で
どれが一番好きか を発表する機会がありました。
suiboku-workshop261013b.jpg
中には「ふざけとんかい!?」って作品も
あったんですが「これが私の理解した水墨画です」って
言われちゃうと。。。。。ねぇ。
ただ、インド人に限らずガイジンの水墨画に対する
イメージって、こうなんだろうなぁ と思えるような
ミニマリズムが見え隠れして面白かったです。
(与えられたモチーフとはまったく関係ないものを
描くあたりが、インド人だなぁと思ったり。)

こういう機会は無理をしてでも時間を捻出して
参加したいなぁと思ったのでした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2013.10.31(Thu)  芸術・文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。