□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
Secular Countryですから
8年生の息子の公民(社会科)の教科書に
インドの「政教分離政策(Secularism)」について
触れられていました。
政治と宗教は分けて考えられているけれど
全ての宗教に平等である、と。

なるほどなるほど、息子の通っている現地校では
全宗教の主だった祝祭日が休みになるのです。
ですから、お祭り続きのこの時期は、ぶっちゃけ
月謝半額にしてくれ・・・・って言いたくなるくらい休みが多い。

水曜日はイード(ムスリムの犠牲祭)でお休みだったんですが
金曜日はヴァールミーキ(ラーマーヤナの編纂者)のお誕生日で休み。
さらにディワリ(今年は11月3日)にからめて11月2日から10日まで
お休み。
11月14日はムスリムの追悼際、17日はスィーク教の始祖・ナーナックの
お誕生日でそれぞれ休み。まぁ、それ以降はクリスマスまで
特に祝日もないんですがね。

10月18日のヴァールミーキ・ジャヤンティにちなんでのお話。

古代インドの長編叙事詩『ラーマーヤナ』は
サンスクリット語で書かれており、その長さは48,000行に及ぶ。
ヒンドゥー教の神話と、古代英雄であるラーマ王子に関する
数々の伝説をまとめたもの。この話がヒンドゥー教の数々の
詩人ヴァールミーキの作とされているが、もともとあった
多くの民間伝承を彼が3世紀ごろに編纂したものと言われている。
中心となるお話は、紀元前4-5世紀ごろから語り継がれるもの。
インド、およびその文化を取り入れてきた東南アジア一円に深く浸透している。

なるほどなるほど。でも当の息子は「ママ、金曜日は
なんで休みなの?」だってさ。まったくもう。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。