□  2017.04 □  03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
先生の日
9月5日はインドでは「Teacher's Day」です。
(そういえば日本で「先生の日」なんてあったけなぁ~??)
現地校の中にはTeacher's Dayはお休み・・・って学校も
あるようですが、うちの息子の通う学校は通常通り。ただ、
この日は先生に花束とかちょっとしたギフトを渡す日なので
担任の先生にミニ花束を持って行きました。

なんでこの日がTeacher's Dayなのかというと
インドの一番偉大な先生、Dr. Radhakrishnanの
お誕生日だから。ドクター・ラダクリシュナンは1888年生まれの
哲学家・政治家そして偉大な教育者として知られているのです。
dr-radhakrishnan13.jpg

なんとヒンディ語のほか、英語、フランス語、サンスクリット、
タミール語、ベンガル語とテルグ語が話せたという大先生。
著作は150以上にもおよび、チェンナイ・マイソール・コルカタの
各大学で哲学や言語学の教授として活躍したのち、
全アジア教育連盟の会長を務め、イギリスはオックスフォード大学でも
教鞭をとったのです。ブリティッシュアカデミーの会員でもあり
イギリス女王からナイトの称号を贈られてもいるとのこと。
1952年から10年間ネルー首相のもと副大統領をつとめ、
それから1967年までは大統領となって、1975年に亡くなりました。

A good teacher must know how to arouse
the interest of the pupil in the field of study
for which he is responsible.
He must himself be a master in the field of study
and be in touch with the latest developments in the subject,
he must himself be a fellow traveler
in the exciting pursuit of knowledge

ティーチャーズ・デイには各地で「優秀な先生方の表彰式」が行われています。

息子がプレイスクールに通ってたころはティーチャーズデイに
「ラダクリシュナンのスタイルで通園させて」って指定があって
独特のターバンと政治家風な白いクルターを夜なべして作ったっけ……
costume-drradhakrishnan.jpg
インドは宗教が様々だから、ただでさえお祭りの数が多くて大変なのに
こういう行事も多いのよね~。スクールカレンダーと首っ引きだった
昔を思い出します。最近現地校の幼稚園に通わせているという
日本人ママも増えているので、みんな行事や服装の指定があるたびに
あたふたしているんじゃないかしら~と思うんですよ。

我が家に「ドクター・ラダクリシュナン」だけでなく
「ラージ・クマール(王子様)」「ラージャー(王様)」
「ヘロデ王(キリスト生誕劇用)」「クリシュナ神」
「ラーヴァン(ラーマ王子の敵・魔王)」の衣裳などなど
ありますから、必要な方は遠慮せずご連絡ください。
あっ、サルの衣裳もあるよ!

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2013.09.06(Fri)  インドの祝祭日COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
コメント

レンタル希望

日本まで送って欲しいです(笑)。

イベントの準備は大変そうですが、その衣装を身につけた姿を見ると「がんばった甲斐があった~!」って思えそうですね。
かな子 2013.09.06(金) 15:26 URL [編集]


かな子さん

うはは・・・・どの衣装にしましょうか?
次のインド関連イベントで使いますかね?

まさに、作った私が納得し、ワタシが一番嬉しい
そんなイベント衣裳作りでしたね~!懐かしい。
Blue Lotus 2013.09.08(日) 00:27 URL [編集]


先生。

私も花をもらいました。

先生と言っても私の場合は、
先に生まれただけなんですけれど・・・(笑)

日本にはこう言う習慣ありませんね。
サントーシー 2013.09.08(日) 02:19 URL [編集]


サントーシーさん

そりゃ~
「人生のグルジー」だと思われているんですよぅ。
日本も「先生の日」を作ればいいのにね。
Blue Lotus 2013.09.12(木) 01:01 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。