□  2017.05 □  04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
ジャナマーシュトミー(クリシュナ聖誕祭)
8月28日はジャナマーシュトミーで祭日。(移動祭日なので
毎年月齢により、日にちが変わります)
クリシュナ神の生まれた地マトゥラーや活躍の地ヴリンダーバンで
盛大にお祝いが催されるのです。
クリシュナゆかりのお寺(化身も含む)で
赤ちゃん時代のクリシュナが乗ったブランコが祀られ、人々は
ブランコを揺らし、赤ちゃん姿のクリシュナにお供えをし、
プージャーをします。

幼稚園や小学校低学年だと、男の子はクリシュナの格好で
女の子はラーダーの格好で通園通学してください・・・・なんて
言われるんですよ。どんな感じなのかしら~って興味がある方は
コチラをどうぞ。

デリーからアーグラー(タージマハルのあるところ)に
向かう途中、マックのあるあたりがマトゥラーという
クリシュナ神の生誕地、ヤムナー河の河畔の町です。
その手前、街の入り口にクリシュナ神の乗った馬車の彫刻つきゲートの
あるところがクリシュナ神活躍の地、ヴリンダーバンの入り口。
クリシュナ神話に出てくる、ヤムナー河に住みついた毒蛇カールヤを
退治したり、ラーダーや牧女たちと踊りを踊った場所がここだと
されています。関連過去記事はココで

ヴリンダーバンはとっても小さな町なんですが、
クリシュナ神ゆかりの地とあって、5000もの寺院が
処狭しとひしめき合っています。そのうちのひとつで
サルに襲撃された事件の記録はこちら

おそらく一番人気があるんじゃないかと思われる神様
クリシュナ神は、深夜に産まれたとされているので
お寺は夜中まで賑わうのです。 クリシュナ神のアニメにあわせて
Mirabaiの歌が流れ、日本語訳がついた動画がありますので
こちらもどうぞご覧ください。

こうした神様の話を知っていると、さまざまな事象や
博物館の展示物、インドらしい意匠の意味など、
ストンと腑におちることが多いんですよ。

生誕地マトゥラーには、仏教徒必見のマトゥラー博物館もありますから
機会があったら、ぜひ行ってみてください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2013.08.28(Wed)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。