□  2017.07 □  06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
修理できないものはな~い!
日本では忘れられてしまった
「壊れたものを修理して使う」感覚。
ここインドでは、壊れたものでも修理して
長く大事に使うのが当たり前。

ローカルマーケットに行くと、ありとあらゆる
修理屋さんがいます。靴の修理はもちろん
圧力鍋、ガスコンロ、ジッパーの壊れたバッグ
スーツケース・・・・なんでもそれなりに修理可能。
底のとれたスリッパだって、鼻緒の裂けたビーサンだって
お茶の子さいさい。

我が家では正規代理店で修理できないといわれた洗濯機
(部品がない、と断られた)の、部品そのものを
銅線を巻き巻きして作ってもらい、使えるように直してもらったことが
あります。

デスクトップのコンピューターも、正規のお店だと開けて
どこが悪いか、故障しているか確認するだけで1,500ルピーと
言われたのですが、町の修理屋さんのお兄さんが
壊れた部品を修理してくれて、復活。

そんなふうに、なんとか形にすること、
どうにかこうにか使えるようにすること
間に合わせのものでなんとかやりくりすることを総称して
「ジュガール」と言います。ウルドゥー語由来の
ヒンディー語ですが、インドやパーキスターンはじめ
多くの南アジア諸国でも通じる単語。

我が家のリノベーションをした時に、なんでも屋さんみたいな
下働きをする男性のあだ名が「ジュガール」でした。
(床のタイルをハンマーひとつでゴンゴンたたいてはがしたり、
壊したレンガを階下に運んだり、力仕事全般。はては
大工さん、職人さん全員のチャーイを作り、夜は
工事途中の現場で寝泊りしてもらっていました。)

いろんな車の部品を寄せ集めて作ったトラクターのような
乗り物のことも「ジュガール」と呼びます。
そう考えてみると、この国では本当に
修理できないものはないなぁ・・・・
ひとつの店で修理できない、と断られても
他の店でやってくれるし。

でもね、「修理すれば使えるかも・・・」ってものが多くて
家の中がち~とも片付かないのも困りますけどね。へへへ

ところで、昨日のフェアトレードの話題に関連して
年に数回実施されるダストカールという団体のバザー
来年春までのスケジュールが出ています。
(クリックしたら大きくなるので、じっくりチェックしてね)
dastkar-eventcalendar2013.jpg

特に品物が充実するのは10月のバザール。
布ものが好きな方は11月末~のWinter Weavesがおすすめ。
スケジュール帳にメモメモ、ですよ

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
コメント

何でもなおせる!

Blue Lotas さん、こんにちは。
いつもひっそりこっそり更新楽しみにしています。
修理出来ないものはない!
私、この言葉とっても好きです!

壊れたものを修理して長く使う、
もちろん環境にも優しいことだと思いますが
実は人の健康衛生上もいいんじゃないかな〜と思うことがあります!
壊れてもあきらめない!失敗してもあきらめない!

心を入れ替えて、
飾りと化した家のミシンを修理にだしたいと思います!

angella tomato 2013.07.28(日) 13:57 URL [編集]


angella tomatoさん

コメントありがとうございます。
「ひっそりこっそり」なんて言わず
じゃんじゃん遊びに来てくださいよ~

本当に、なんでもかんでも修理できるのはすごいなぁと
思います。その修理具合が完璧じゃないところが
ご愛嬌ですよね~ w
Blue Lotus 2013.08.08(木) 00:31 URL [編集]


はじめまして。Twitterでリンクされているのを見て、読ませていただくようになりました。

インドは摩訶不思議満載ですよね。
マーケットのようなところを歩くと、これって誰か買うの?と思うような細々とした部品(のようなモノ)をずらっと並べて売る人をよく見ますが、実際に使われているんですね!感動しました。

以前、トルコ語を習った時に挨拶の次くらいに「修理屋さん」という言葉が出てきて、へぇ、と思ったものですが、似たようなところがあるのかもしれませんね。
あん 2013.09.19(木) 11:17 URL [編集]


あん様

コメントありがとうございます。
なるほど、トルコ語でも「修理屋」さんという単語の
プライオリティが高い・・ってことは修理屋さんの活躍度が
高いはずですよね。

ほんと、ネジとかインクの入ってないボールペンとか
謎なものが道端で沢山売ってますよね。それに
一人つっこみ入れながら歩くのがまた楽しいんですけどね。
Blue Lotus 2013.09.20(金) 00:08 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。