□  2017.05 □  04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
フェアトレードの民芸品
先日ご紹介したバラタ・ナーティヤムの学校
Ganesh Natyalayaがあるのは、デリー南部の
クトゥブ・インスティテュート・エリアという地域。
その名の通り、大学や各種学校、政府の役所や
国立学校(ケーンドリヤヴィッディヤラヤ)本部などがある地域です。

そこに私が好きなフェアトレードのお店がありまして。
曲がり角の、目に付きにくいところにあるので
見つけられなかった・・・・という方もいらっしゃるのですが。
Kala Aparajitaは低所得の職人さんたちの自立を
促す目的で運営されているお店。
オリッサ、グジャラート、ジャンムー&カシミール、
西ベンガル、ラージャスターン、インド東北部などの
民芸品が置かれています。

先週買ったものは、トレー(グラストップで、間に
ブロックプリントの布がはめこまれています。750ルピー)
tray-ka.jpg
涼しげなガラスのナプキンリング。
ポチポチとかわいい加工がしてあるのに、なんと
ひとつたったの50ルピー。
napkinring-ka.jpg
そして、いつも決まって買うのはこれ。
とてもよい音色のドアベルなんですが、ひとつひとつ
手作りなので、ひとつとして同じ音色のものがないのです。
いろんなデザインがありますが、私のお気に入りは
この「ディヤ(灯火)」の模様。
doorbell-diya-ka.jpg
Kala Aparajita とは Invincible Artのこと
つまり「無敵の芸術」とでも申しましょうか
インドの職人さんが作る民芸品は、何にもかえがたく
貴重である、ということ。

フェアトレード価格で売られている、
何かしら掘り出し物がみつかる、
というのもお気に入りの理由にひとつ。

でもね、海外輸出が主なので、時期によっては
とっても品薄なことがあるのが玉に瑕。
しかも夏の暑い間はお客さんも少ないとあって
蜘蛛の巣がはってたりして。「掃除しようよ~
こんなとこに蜘蛛の巣がはってたら、買い物する気が
失せるよ~」ってマネージャーさんに言っときましたから
綺麗になってるはず。笑

世界各国輸出先のクリスマスマーケットにむけて
来月・再来月と各地に仕入れに行くそうなので、
9月末~10月が新商品充実のねらい目だと思います。

どうせ買い物するならフェアトレードものを。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2013.07.24(Wed)  雑貨COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
コメント

お店の場所

こんにちは。いつもとっても楽しく拝見させて頂いてます。
来年デリーに観光で行こうと思っているので、
是非このフェアトレードの店に行ってみたいです!
ホームページを見ても住所が曖昧なので、もしよろしければ詳しい場所を教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。
わよみ 2013.08.09(金) 12:56 URL [編集]


わよみさま

場所は南デリーの、クトゥブ・インスティテューショナル・エリア
一般家屋と見分けがつかないので、前もって電話して
運転手さんに場所を直接聞いてもらうと良いと思います。

時期によっては仕入れ品数が少ないので、
10月以降、冬の間が確実です。
Blue Lotus 2013.08.16(金) 00:16 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。