□  2017.05 □  04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫06
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
土曜日に物乞いが多い理由
土曜日は私が入っているゴスペルサークルの練習日で
日本人会室目指して行くのですが、信号待ちのたびに
ブリキ缶を下げた「物乞い」が寄ってきます・・・・・・・

それも、土曜日は特別物乞いが多い日なんですよ~
これには深ぁ~~いワケがありまして。

占星術が生活の一部として取り入れられているインド
特にヒンドゥ教徒の中は何をするにも「星の位置」を確認して
良き日に、プージャを行ってから・・・という人が多いですよね。
(中でも9つの惑星は、影響力が強いとされていて、そのそれぞれの
守護石をあしらったのが「ナヴ・ラタン」と呼ばれる9つの宝石いりの
リングやペンダントヘッドなどなど。)

土星(シャニ)がつかさどる時期に入ると、交通事故にあったり入学試験に落ちたり
何かしら悪いことが起きるとされていて、悪の気を祓うために
土星をつかさどる神様に捧げるシャニデヴィ・プージャが行われたりするのです。

土曜日はヒンディ語で「シャニワル」。
シャニデヴィに祈ると厄災を避けることができるとされていて、
もともとはシャニデヴィを象った人形を、托鉢用の容器にとりつけて
お坊さんが寄進を受け付けていたらしいです。

それがいつの間にやら、「土曜日に施しをすると、厄難を逃れられる」
として、みんながお金を何がしか渡すもんで、
物乞いが都合よくそれを取り込んだのですね。

土曜日、インドで物乞いが近寄ってきたら、見てみてください。
空き缶にブリキでちっちゃなヒト形をとりつけたのを持っているはず。
つまりその人形が、土星を司る神様・・・てわけです。
shaniwal.jpg
先日行ったオールドデリーでは
路上駐車の道端にポツンと置かれたこれ↑↑が。
このヘタウマさがまた、たまりませんね~ 力がへにょら~と抜けますね~

そこに車を停めるひとも、通りがかりのひとも
観察してたら小銭をチャリンとお賽銭よろしく入れていくのでした。

不思議な信仰対象やおまじないなどがまだまだ一杯あるインド
何年住んでても飽きません。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
コメント

勉強になります。

いつもながら、ありがとうございます。
リシケシにシャニババと言う若いババがいたのですが、
宗派から黒いクルタでした。
ブリキ缶を見て、ふと思い出しました。
サントーシー 2013.04.29(月) 22:30 URL [編集]


サントーシーさん

おぉ~、シャニババって名前、すごいですね。
私の知人にも「シャニ」くんがいます。
日本だったらそんな名前を子供につけたら
物議を醸しますよねぇ。
Blue Lotus 2013.05.01(水) 01:47 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。