□  2017.04 □  03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
インドの教育制度について
もともとインドの教育はGuruと呼ばれる先生のところを
生徒がたずねて、知りたいことを学ぶスタイルでした。
宗教的なことだけでなく、言語・地理・自然科学など
全般的に学ぶことができたと言います。
それが近代的な学校システムに移行したのは1830年代のこと。

教育を義務化することは、長らくインド政府の夢でした。
憲法には6~14歳のすべての子供の義務教育がうたわれてはいても
なかなか広い国土全体にまで行き渡っていないのも事実。
子供たちを確実に学校に通わせるためのさまざまな策がとられています。

たとえば、Mid Day Meal政策。学校で給食を提供することで
子供たちの栄養摂取量を確保し、教育に否定的な親の同意を
得やすくするためのもの。
女児の就学率を上げるための、女児学費免除(あるいは減額)システムも
ありますし、秀でた女児を援助するGirl Starプログラムもあります。


国際バカロレア試験や、ケンブリッジ試験に相当する
ICSE試験などを受けて「外国の大学に進学」することを
前提とした私立学校もありますが
ほとんどの国公立校と、多くの私立校は日本でいう「共通一次」
のようなCBSE(中央中等教育委員会)の行う試験を
10年生と12年生で受けることになっています。
10年生時点でのものは単なる進級試験扱いですが、
12年生で受けるのは点数次第で希望大学の足きり点に
なるとあって、ピリピリムードが漂います。
CBSEはインド国内だけでなく、アフガニスタンやジンバブエなど
沢山の国の学校がその傘下にあり、管轄校のカリキュラムや
試験制度が統一されています。

学校教育のおおまかな計画はインド国家レベルで提案されますが、
実際には州政府が実験を持っていますので、学校の学期制や
教育言語、内容なども州によってさまざまです。が、どこかに
統一性を持たせねばならないため、国家機構として
全国教育研究訓練機関(NCERT)と呼ばれる組織があります。
(その下に各州の教育研究訓練機関があり、トップダウンで
決定事項が伝えられています。)

学校で採用する教科書は、ほとんどがこのNCERTが
発行しているもの。英語やドイツ語、コンピューターなどは
学校が独自でテキストを作っている場合もありますし
イギリスの出版社のものを採用している学校もあります。
詳細を知りたい方はNCERTのサイトをご覧ください。

インドの学校制度には4段階の課程があり
前期初等(6〜10才、Class1~Class5)
後期初等(11〜12才,Class6,Class7)
前期高等(13〜15才,Class8~Class10)
後期高等(17〜18才,Class11,Class12)です。
校長先生Principalは一人ですが、いわゆる教頭先生の役目を果たす
Head Mistress/Masterは段階ごとに一人ずつ。
なのでひとつの学校に教頭先生が4名いるのは珍しいことではありません。

ほとんどの私立校が幼稚園に入学できると
そのまま高校卒業までエスカレーター式なので
その分、優良校への入学試験は幼稚園お受験の時点で
熾烈を極めることになります。(特に南デリーは・・・)

子は宝、インドの都市部では特に
子供にかけるお金は惜しまないインド人が多いのです。
子供には良い教育を受けさせたいと、お手伝いさんが
頑張って稼いだお給料をつぎ込んで、子供を英語教育の
私立校に通わせている話もよく耳にします。
反面、農村部に行くと子供の労働力をあてにして、
学校へ通わせずに家事や農業などの手伝いをさせたりしている場合も。

息子の通う現地校では、14時までは普通クラスの授業が
行われ、15時からはスラムの子供たちを無償で教育する
学校が併設されています。制服や教科書、文房具や
おもちゃなど、使ってもらえそうなものはすべて
まとめて寄付するようにしています。
少しでも彼らの役に立てばいいなと思って。

インドの学校制度についてお問い合わせをいただいたので
まとめてみました~。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ




スポンサーサイト
コメント

参考になりました!!

どうも!いつも楽しく拝見しております!
大変参考になりました!
なんか、切ない システムですよね。小さな頃からふるいにかけられて。。。 
息子さんの学校、素晴らしいですね!
私も、なにかお手伝い(まだ使える使用品の寄付程度しかできないですけど)できることがあったら、教えて下さい!
ろこ 2013.04.02(火) 12:27 URL [編集]


おおお!!こうやって日本語で解説があるととっても
分かりやすいです笑!自分の息子の学校の事でさえも、いまいち頭に入ってなかったので・・この記事・・興味深く何度も読んでます。インド教育の中に入る事で
また未知なインドが広がって、そしてまた自分とは違う環境で教育機関で子供の将来がまた楽しみですね。
さっちょこ 2013.04.05(金) 13:47 URL [編集]


ろこさ~~ん!!

コメント嬉しいです!ありがとうございます☆

ふるいにはかけられてるけど、落ちこぼれはほとんどいない
・・・・子供たちは切磋琢磨して、たくましくなっていくんだろうなぁ
と思います。自分の考えを自分の言葉で述べることとか
ディベートとか、5年生あたりから更に鍛えられるしねぇ。
またなにかお役にたてそうなことがあったら、ご連絡ください。
Blue Lotus 2013.04.05(金) 15:18 URL [編集]


さっちょこちゃん

全教科通してみると、すべてに互換性があって
意外とよくできたカリキュラムだなって思うよ。
特に年中さんの英語のアルファベットにからめた
子音と母音の教え方とか。ヒンディー語もね。

さっちょこちゃんと一緒に、そのうちルパ先生に
会いに行かなくちゃね~!
Blue Lotus 2013.04.05(金) 15:21 URL [編集]


校長先生にご挨拶!!緊張しゅるーーー
いいですね!!直接お会いできるのもそうそうないですし、プライベートならなお更、贅沢な機会です。
でも実現するといいなぁ。今新しいブランチ2つ建てて
るらしいから完成記念か、もしくは・・今秋まぐれで娘の入学が決まった際に・・・一緒に行きたいです・・って私腹ぐろい笑!
さっちょこ 2013.04.13(土) 16:16 URL [編集]


さっちょこちゃん

夏休みあけ、学校が落ち着いたころに
ぜひ行こうね~
あっ!その前にパン教室を~~!!
Blue Lotus 2013.04.16(火) 00:41 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。