□  2017.07 □  06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
季節の移ろいを感じつつ
このシーズン、まさに今の時期をヒンディー語で
पतझड़(patjhad)パトジャル・・・と言います。
पत्ती(パッティ=葉っぱ)が झड़(ジャル=落ちる)季節ってこと。
ニームの葉っぱが黄色くなったかと思うと、あっという間に葉が落ちて枝だけに。
patjar3.jpg
不思議なことに、葉っぱが落ちる季節はほんの1週間から
10日ほどの間に集中し、ざざっと落ちた後にはすでに
目にも鮮やかな新芽が出てきているのです。
↓↓これは我が家の前にある、グルモーハル(鳳凰木)の新芽
グルモーハルの花はデリー日本人学校の校章にもなっていますね。
patjar4.jpg
新芽が出たばかりのこの木、あと一ヶ月もすると真っ赤な花が
もりもりと咲き始めます。なんと成長が早いことか。
今年はどうやら花の「当たり年」らしくて、木綿(キワタ)の赤い花も
沢山咲いていましたし、ブーゲンビリアの花づきが良いように思います。
年によってはえらく貧相なときもあるんですよ。
patjar2.jpg
沖縄のでいごの花が一杯咲く年は、台風が多いんだと
聞いたことがあります。台風到来を予感したでいごの木が
少しでも子孫を残そうと、花を沢山咲かせるんだって。
そうすると、ブーゲンビリアも自然のなにかを感じているのかしらね
patjar1.jpg
落葉と、新芽と、花の時期が全部まとめて訪れる北インド・デリーの3月
・・・・な~~んてのんきなこと言ってると、もうあと3日で4月ですよ~!

息子の通う現地校、22日に学年末試験が終わり
28日は結答案返却、30日には教科書と制服販売
4月1日から新学年が始まります。
なんだかシニアスクール(6年生以上)になってから
春休みはほんの申し訳程度になってきました。
4月1日から、制服も「夏服」です。
そろそろ私も新学年モードにシフトせねば~

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2013.03.28(Thu)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。