□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
知的好奇心を満たす日
前回の「マカイバリ茶園」のお話会に続く第二弾
「紅茶と触れ合う」と題したHappy Hunter石井博子さんの
レクチャーに参加してきました。

今回は紅茶の歴史や産地、製法などのおはなしに加え
ちょっとした紅茶トリビアなども盛り込まれた、興味深い
話題がてんこ盛り。

更にはインドの三大名茶、ダージリン・ニルギリ・アッサムの
テイスティングタイムも。
(テイスティングさせていただいた茶葉、左上から時計回りに
「ダージリン」「アッサム」「ニルギリ」)
tea-tasting040313c.jpg

テイスティングの方法や、見立ての順番、何をどう表現するか
・・・・など、プロの世界をちょっと垣間見せていただいた感じ。
室内で見るとわかりにくい水色(すいしょく)が
tea-tasting040313b.jpg

自然光のもとで見ると、こ~~んなに鮮やかで
違いが明らかに見て取れます。

手前からアッサム・ハルマリ茶園
    2012年アーリーサマー「クラシックCTC」
中央はダージリン・マカイバリ茶園
    2012年セカンドフラッシュ「レゼルバ・マスカテル」
一番上のがニルギリ・チャムラージ茶園
    2013年ウィンターフラッシュ「プレミアム・ニルギリ」
tea-tasting040313a.jpg
テイスティングとは「茶葉本来の味をテイスティング」するもので
「美味しい淹れかた」とは合致しない・・・という説明を聞いて
過去にダージリンの茶園でテイスティングさせてもらったときに
ん???と思っていた疑問がクリアに。

一番美味しいのは「一芯二葉」という部分を摘み取ったお茶。
この部分だけを、手摘みして行くのです。
(写真は以前私がダージリンにある茶園で撮ったものです。)
tea-tasting-1tip2leaves.jpg

博子さんのお話を伺っているうちに
またダージリンに行きたいなぁ・・・と思ったのでした。
tea-tasting-kanchenjunga.jpg
(↑↑ これも以前ダージリンに行ったときに
早朝、泊まっていた茶園から撮ったヒマラヤ
カンチェンジュンガ峰。本当に神々しい山です。)

本日の参加費も、孤児たちを預かる施設の
乳幼児のためのミルク代となります。
自分の勉強にもなって、更に誰かの役に立つこともできる
こういうチャリティ・イベントには これからもどんどん参加させて
いただこうと思います。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2013.03.05(Tue)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
コメント

紅茶のゴールデンドロップ

スゴイ瞬間が収められてましたね。
紅茶の講座 興味津々です。子供たちのミルク代になるなんて なんて素敵なお講座なんでしょうか・・・

私 このティスティングカップ持ってます。夏と秋を飲み比べ 楽しもうと思ってね。

ニルギリの良さが まだわからなくて・・・・経験も数回しか飲んだことないしね。
どれが好きでしたか?
アルト2号 2013.03.05(火) 02:11 URL [編集]


アルト2号ちゃん

わ~~、ゴールデンドロップに気づいてくれて嬉しい!
「かぶりつき」で講座を拝聴していたので
その恩恵かしら・・・・
私はやっぱりダージリンが好きかなぁ。
でもね、こうやって飲み比べると、本当にそれぞれの
特徴がよ~~くわかりました。役得役得。
Blue Lotus 2013.03.08(金) 00:36 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。