□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
夫の健康・長寿を願って断食する日
・・・・というわけで、主に北インドで行われる
「女性がご主人の健康・長寿を願って断食する日」
カルワ・チョウトのお祭りが今年は11月2日にあたります。

カルワとは「ディヤ(灯火をともすための素焼きの小さな容器)」のこと
チョウトは「4番目」を意味し、ヒンドゥー暦カルティク月の満月から数えて
4日目にあたる日がカルワ・チョウトで移動祭日なのです。
(過去記事はコチラ

なんと「夫のために断食する」というこの習慣は
マハーバーラタより前からあったとの記述があるんですって。

おそらくは、領土争いを繰り返していた戦国の世
モンスーンが終わると、国をあとに敵地へと向かう男性のために
妻たちがお祈りしたのが起源ではなかろうかということですが

夫だけではなく、婚約者や子供たちの健康を祈り
ご主人の両親への贈り物(マッティと呼ばれる満月型の揚げ菓子をはじめ
サリーや男性用のスーツの生地などなど・・・・)をする日ともなっていて
「家族の絆を深める日」でもあるのです。
そのとらえ方、祀りかたは家庭によって、地域によって(もっと言うと
カーストによっても)多少異なります。

女性はこの日、特に前日の午後から両手(両足にも)に
メヘンディを施すため、マーケットではメヘンディワーラーが
稼ぎ時とばかりに、値段を普段の2~3倍に吊り上げるんですよ~
少しでも上手な人に描いてもらおうと、品定め(?)して
上手な人のところは長蛇の列。人気のエリアではメヘンディを
描いてもらう特設テントに入るため「整理券」が配られ、
総元締めからチケットを購入して、メヘンディを描いてもらう
・・・・なんてなすごいことになっています。

11月2日はご近所の女性たちが集まって、輪になって座って
それぞれがお供えの乗ったターリーを持ってきて
プージャー(お参り)をします。綺麗なサリーを着て
新品の腕輪をジャラジャラつけることになっているので、
チューリーワーラー(腕輪屋さん)も稼ぎ時なんです。

朝、スクールバス停に行くとママたちがメヘンディの柄自慢。
午後、スクールバス停にお迎えにいくと、今度は
「何も食べてないから、そろそろ頭痛がしてきた」
「断食明けは何食べる?」「お宅のプージャーは何時ごろ?」
「サリーは何色を着るの?」などなどの話題で持ちきり。

夜明け前(朝4時ごろ)にたっぷり食べて、夜明けから断食に入り
夜、月が出たところで月に聖水を捧げ
お姑さん、お舅さんにもご挨拶に行ってから、断食あけとなるのです。

さぁ、愛するご主人様のために断食しますか?
はたまた、地域によっては夫婦で断食するところもあるので
ご主人様にも愛を証明してもらう??

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2012.11.02(Fri)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。