FC2ブログ
□  2019.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
デング熱・献血について
3日ほど前から、デリーNCR在住邦人の皆様に
非公式で「Rh+O 輸血のお願い」連絡が回っています。
が、情報が錯綜しているようですので、ここで一度詳細を
ご紹介させていただきたいと思います。

今回の輸血は、デング熱の重症化に伴う血小板値低下を抑えるための
輸血です。血小板製剤は細菌増殖を防ぐ意味もあり、作りおきができないのです。
日本では血小板製剤は「献血してから4日以内」というのが通説ですが
臨床現場では確実に確保しておきたいもの。

血小板は血管が傷ついた場合に集まり、血管の傷を塞いで
出血を止める働きをしています。血液を凝固させて、出血を止める働きが
あるので、血小板数が減少すると血液が止まりにくくなります。
5.0万/μL以下になると、歯茎から出血しやすくなり、鼻血も出やすくなります。
全血輸血ができれば良いのですが、全血の場合は血小板の輸血効果は
期待できないのです。

そこで血小板の「成分献血」が必要になるのですが、
血小板以外の赤血球や白血球はまた戻されるので
献血者の体の負担はごく軽くすみます。その分時間はかかりますが。

先日から「輸血が必要だ」という情報が回ったり
いざ連絡してみると「今日の分は足りました」と言われたり
言われた病院の血液センターに行ったけれど、無駄足になったとか
わざわざ行ったのに、帰された人がいる とか
あれこれ情報がごちゃごちゃになっていますが、

1)1日の必要量が決まっていて、その分を確保するために
毎日ある程度の輸血人員を確保しておかねばならないこと
2)翌日、輸血に必要な人員がいるかどうかは前日夕方~夜になって
わかるため、その都度連絡網が回ること などで
情報確認の時間のずれが、そのまま情報錯綜の原因になっていると
思われます。

現在、献血者には下記の件をご確認いただいております。
さきほど該当病院にて、直接確認してきた情報です。

1) 血管の太い男性(現在、女性にはお声かけしておりません。)
2) 24時間以内に飲酒していないこと
3) 三日以内に抗生物質を服用していないこと
4) 体重が40kg以上であること
5) 3ヶ月以内に腸チフスにかかっていないこと
6) 1年以内にマラリアにかかっていないこと
  (5)・6)はできれば全くかかっていないのが望ましい)
7) 1年以内にピアス穴あけ、タトゥーをしていない
8) 受血(事故や出血などで他人の血を輸血されること)した事がない

皆様に流れたメーリングリストの中で、「インドは輸血の際の
針が太いので、血管の太い男性がのぞましい」とありましたが
輸血の針の太さは「インドだから特に太い」というわけではありませんので
この場で、訂正させていただきます。

これらの条件をクリアして、該当病院の血液センターで
スクリーニングテストを受けていただき、OKになったところで
血小板献血がお願いできます。
スクリーニングテストの結果が出るまでに2時間ほどお待ち頂かねば
なりませんが、このような事情をご理解ください。

先日よりお願いしているこの件以外にも、グルガーオンでも
デング熱による入院者が出ているそうです。
デリーNCR在留邦人の協力体制が求められています。

デング熱については、下記でご確認ください。

感染症情報センター(国立感染症研究所)ホームぺージの
デング熱のページをご参照ください。
デリー日本人会ホームページにもデング熱について・予防対策などの
記載があります。こちらもご参照ください。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

10月6日昼・追記)成分輸血が功を奏し、血小板の値が回復し
輸血が必要ないところまで上がったとのこと。
献血いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、連絡事務を
手伝ってくださった皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
2012.10.06(Sat)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2012.10.06(土) 03:23  [編集]


情報ありがとうございます。
この件に関しては、本当情報が交差していて
せっかく病院に行ったのに採血をされずに戻されて憤りを感じたという原因が「理由が分からず」という事だと思うので、(もちろん、コミュニケーションと勉強不足のせいも多々あり)情報をはっきりさせるというのと、いつもどの情報と知識が正しいのか見極める力の大切さを実感しました。

兎にも角にも、当事者の方の一日も早い回復を祈るばかりです。
私も一回やっちゃってるから、2回目は避けたい・・・・。青蓮さんもね!!!
nobu 2012.10.06(土) 18:40 URL [編集]


あぁ やっぱりお気遣いを・・・

ほんとに ありがとうございます
皆さんのお気持ちがぐらついているところで 取りまとめてもらって 助かりました。お休みにも入るため 週末の事情などで なかなか集まりにくい状況もあります。

詳しい内容を公開することで 確実に献血できる方がいらしてくれる 確率があがるし 献血していただけると思います。

私の血ならいくらでも 献血提供するのに A型だから~
光が射しますように。祈りが届きますように。
アルト2号 2012.10.06(土) 20:44 URL [編集]


鍵コメMサン

コメントありがとうございます~!
知らないまま憶測で判断すること、発言することは
避けなくてはなりませんね。正しい情報をみんなが
共有できたら良いなと思います。
Blue Lotus 2012.10.07(日) 18:05 URL [編集]


nobuちゃん

そうなのよ~、間違った情報が独り歩きを始めることほど
コワイことはないと思う。素人判断も避けなくてはね。

私も24時間 All out つけっぱなし、デングの媒介蚊が
発生する時間帯(夕方)はできるだけ出かけない、
蚊よけスプレーかけまくり で夫から「ちょっと神経質すぎない?」と
言われていますが、防御は最大の攻撃だよね。
お互い気をつけよう。
Blue Lotus 2012.10.07(日) 18:08 URL [編集]


アルト2号ちゃん

そうね、こういうのは現場対応として「マニュアル化」して
おいたほうが良いことだろうし、血液型リストと連絡先リストなども
有志で作っておいたほうが良いんだと思う。毎年のことだし。
それも個人レベルでなく組織レベル(日本人会など)で
指揮してもらったほうがみんな動きやすいよね。
いろいろと対応策を考えさせられましたね。

Blue Lotus 2012.10.07(日) 18:12 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin