□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
インドの夜に香る花
先日「もうすぐダシャハラー祭」なんだという記事を
書きましたが、今日はこの時期になると咲く花のご紹介を。

ダシャハラーの頃に、夜バルコニーに出ると、
ふんわりと漂ってくる良い香り。ヒンディー語でハルシンガル
インドヤコウボクの名でも知られる、ヨルソケイ(夜素馨)の花の香りです。
インド原産の落葉低木で、インド原産ですが観賞用として
熱帯アジア各地で栽植されています。
treeofsorrow.jpg
花は白色で、花筒部は鮮やかなオレンジ色。花は夕方に開花し
芳香を放ちますが、翌朝には落ちてしまいます。
「night jasmine」、「tree of sorrow(悲しみの樹)」とも
呼ばれるこの花には伝説があります。

パーリジャータカ(Parijathaka)というお姫様は太陽神に愛されていましたが、
太陽神の心が他の人に移ってしまったため、失恋の痛手から立ち直れず
自殺してしまい、その場所からインドヤコウボクの木が生えたとされています。
この花が夜に咲いて、朝になると落ちてしまうのは、
太陽神を避けているからだ・・・・というおはなし。

花は香料や、黄色の染料としても使われますが、なにせ
夜に漂うその香りにはうっとりします。

そして、同じく夜咲く花・ヤコウボク
こちらは「夜の女王」=ヒンディー語で「ラート・キ・ラーニー」と
呼ばれています。夜香木・こちらは西インド諸島が原産ですって。
raatkirani.jpg
よく、二つの花を同じものだと思っているインド人もいるようですが
形状も、色もまったく異なります。

インドの秋ならではの、自然の香り
この時期だけの楽しみなのです。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2012.10.05(Fri)  生き物万歳COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
コメント

シウリの花

わーなつかしや~!シウリの花。
シャンティニケターンで住んでいた家マロンチョの敷地にもこの木があってその香りを楽しんだものでした。
朝子供がやってきてこの花を糸に通しているので話を聞くと、手伝いに行っている家の主人が大好きなのでもって行くと喜んでくれるのだといっていました。
芳香のする花を神にささげる風習がありますね。
odori 2012.10.05(金) 06:43 URL [編集]


odoriさま

そうそう、「シウリ」でしたね~
西岡直樹さんの本でシウリのことを最初に知りました。
虫刺されなどにも効果的だといいますよね。
毎晩よい香りが漂っていて、シアワセなひとときです。
Blue Lotus 2012.10.07(日) 18:02 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。