□  2017.09 □  08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
ここは行っておかなくては
デリー・アーグラー・ジャイプル以外に
インドで行っておくべき場所はどこですか?と
よく尋ねられます。デリーやグルガーオンからだと
近いところではニームラナフォートやパタウディパレスなどは
行きやすいですよね。

これだけ世界遺産がある国だから、やっぱり
世界遺産のある観光地は行っておいたほうが良いと思います。
アジャンター・エローラは特に。
そして自然が好きな方はケーララの水郷地帯・
ハウスボートの旅がおすすめ。
でも、個人的に何度行っても好きなのは、ダージリンかな。

特に「茶園ステイ」が楽しみのひとつです。
昔、バラ・サーハブ(大だんなさま)と呼ばれた茶園の主たちは
ダージリンの山の斜面を利用した茶園に、豪邸を持っていました。
そのお屋敷をブティックホテルに改装したところもありまして。
今日ご紹介するのはダージリンの町から谷をはさんで
向かい側の山の斜面に位置するグレンバーン茶園。
インテリアがいちいち可愛くてツボなんです。

お茶の花模様がいっぱいにちりばめられたお部屋とか
glenburn1.jpg

バラの花がテーマのお部屋とか
glenburn5.jpg

すべてブルー系で統一されたお部屋とか
glenburn4.jpg

リピーターさんが多くて、みなさんそれぞれにお気に入りの
お部屋があるようでした。食事は宿泊客全員が一つのテーブルを
囲んで和気藹々と。ホテルマネージャーの女性のおもてなしぶりが
素晴らしくて、全員にまんべんなく話題をふる技術とか、
毎日、食事ごとに変わるテーブルセッティングとか、勉強になります。
glenburn2.jpg
テーブルクロスやリネン類の種類も一杯あって
興味津々の私はあれこれ広げて見せてもらいました。
いわゆる「コルカタ刺繍」という植物モチーフものが多かったです。
トイレタリー用品も、フォレストエッセンシャルズの
「ダージリン・グリーンティー」シリーズで統一されてて素敵~。
glenburn3.jpg
茶園ツアーはもちろん、お茶の製造過程見学や
近くの川辺へのピクニックなどもアレンジしてくれます。
アウトドア派にはダージリンの町までのトレッキングもあり。
なんといっても満足度が高いのは、この眺めでしょう。
glenburn6.jpg
お部屋によっては自分の部屋の出窓から、ヒマラヤ
カンチュンジェンガ峰の絶景が見えるんです。

ダージリンには他にも、オーガニックティーの先駆者
マカイバリ茶園にステイすることもできるし
街中がいいわ・・って方には、メイフェアホテルなどもおすすめ。

モンスーンの間にじっくりプランを練って
雨季が明けたら、行動開始ですね!

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
本当はまだまだお勧めしたい場所はあるんですが
渡航自粛勧告などもからんでくるので、まぁ無難なところで
・・・・
スポンサーサイト
2012.08.06(Mon)  旅行COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
コメント

素敵すぎます

お茶の花模様のお部屋♪♪♪
自分のおうちのインテリアもこれがいいです♪
は~~~。いいですね。
エローラに行った事がないので行ってみなくては!
明日にもインドに行きたい位です。
ガオ 2012.08.08(水) 09:54 URL [編集]


ガオさん

ここのホテルは、アノーキーの特注品とか
今はもう作られてないソーマのバラシリーズとか
お部屋の名前にあわせて可愛いしつらえ満載で
ホントにツボでした。
アジャンター・エローラーもいいですよね~
ぜひぜひ、そして、インドにお越しになる際には
デリーにもお立ち寄りください。
Blue Lotus 2012.08.16(木) 02:32 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。