□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
インドのムスリム12%
10億をゆうに超えると思われるインド人口(住民登録などしていない
路上生活者も多いので、正確な数字はつかめないらしいです。)
Census of Indiaという国勢調査も近所のおばちゃんみたいな人たちが
書類を持って回って来ます。
こんなんでちゃんとした調査はできるんかいな~??って感じでしたよ。
水飲んで、チャイ飲んで、「ご主人は何してるの??」って世間話して
帰っていったような記憶があります。

で、ヒンドゥ教徒はインド国民の82%、イスラム教徒は12%強と
言われていますが、実際に住んでみて、インド国内を旅行していても
感じるのは、イスラム教徒がどうもそれより多いような…
デリーは特に「オールドデリー」地区にイスラム教徒が多いから
そう感じるのかも知れませんが、アウランガバード(かのムガール帝国
アウラングゼーブ帝の名に由来)でもそうだったし…
地名が○○○バード(イスラマバードとか)というのはたいてい
イスラムの街で○○○スタン(ラジャスタンとか、ヒンドゥスタンとか)
というのはヒンドゥの街だと聞きました。


オールドデリーのジャマ・マスジッド。偶像崇拝を禁止している
イスラム教徒のモスクですから、内部はいたってシンプル。
お祈りのために同方向に並べるように、大理石のラインがあって
イードのときには外まで人があふれています。
礼拝のある金曜日やお祈りの時間帯を除いて、イスラム教徒でなくとも
中に入れます。ここのテラスから「ラル・キラー=デリー城」の
全景が見えますし、ミナレットに上るとオールドデリーの喧騒を
見下ろすことができるのです。
インド人の男性と一緒のほうが安心ですが、デリーの違った顔を
発見できる界隈でもあります。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント

ということは、ほんとうにいろいろな宗教紛争のタネを大いに持っているということですよね。

インドの方も激し易い性格の人が多そうだし。イスラムの人たちはメルボルンにも結構います。いま、いろいろな問題がおきつつありますが、平和であってほしいと願うばかりです。宗教がらみは本当に怖いです。
タコ社長 2005.12.17(土) 05:56 URL [編集]


タコ社長さま~。そうですね「宗教紛争」はいつ
どこで勃発してもおかしくないってことです。
2002年の印パ緊張が高まったとき、JA○の
チャーター便が出ましたが、私はその便に乗って
当時2歳の息子をつれて暢気に成田からデリーに
降り立ちました。2ヶ月帰省してて、知らなかったとはいえコワ~!!
Blue Lotus 2005.12.17(土) 15:39 URL [編集]


私も以前、ジャママスジット上りました。なかなかの景観ですよね。その時はドライバーに一緒に行ってもらいました。ガイドに男性同伴じゃないと女性はミナレットに登れないとかいてあって。お祈りの時間、何時かご存知ですか?また近々行きたいんですよ。
ナオミ 2005.12.17(土) 22:57 URL [編集]


ナオミさま☆そっか、運転手さんと一緒に行けば良いのかぁ。
うちの運転手さんも行ってくれるかなぁ?
1日5回(厳格な信者は6回)のうち、今の時期は
昼間12時半ごろと15時過ぎを避ければ大丈夫。
下記サイトでデリーのところをクリックするとその日の
お祈り時間が出てきます。細かく決まってるのねぇ。http://www.islamicfinder.org/cityPrayer.php?country=india
Blue Lotus 2005.12.18(日) 14:52 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。