□  2017.09 □  08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
デリーの樹
デリーにいらした方は一様に「思ったより緑が多いですね」
とおっしゃいます。中心部のホテルの高層階から眺めると、デリーは
本当に青々と木々が茂っていますよね。

その樹木について、一番のお気に入りの本はコレ↓。
デリーのどこにその木が生えているか、ということまで
つぶさに記載されています。インド暮らしの記念に
ぜひ一冊お手元に置いておかれることをオススメしたい本。
book07-delhitrees.jpg
それから、前から何度もご紹介している西岡直樹さんの
「インドの樹」シリーズも秀逸で、何度も何度も読み返しては
自分の体験と重ね合わせて楽しんでいます。

車で移動していても、メトロに乗っていても、とことこ歩いていても
街路樹がとても気になって、キョロキョロ。(街路樹だけじゃなくて
周りのすべてが面白いのがインドなんだけどね・・・)

先日、プラガティ・マイダーンの前で、高級銘木を発見!
teak-pragatimaidan.jpg
熱帯モンスーン気候の国々で自生またはプランテーションで
育てられている「Teak Wood」チークの木です。
ビハール州やウッタルプラデーシュ州の仏跡を巡っていると
移動途中で鬱蒼としげったチークの林を通り抜けることがあります。
群生しているチークのイメージは沸いてくるけれど、こんなふうに
ポツネンと1~2本だけ立っているのはちょっと寂しげかも。

インドではチーク材は高級家具や扉材として使われます。
重硬で強靱、収縮が小さく狂いも少ないんだそうで
長持ちし、シロアリにも強いので、人気の木材。
Image_0143.jpg
・・・・なんてことを調べていて、雨季のころには
デリーの結構な高級住宅街でも「シロアリ被害」に
遭っている人が多いことを思い出しました。
原因は色々あるでしょうが、まず作り付けの家具やベッドに
使用する「材木」を、よく乾燥させないまま製品化してしまったり
または雨季の湿気が壁際の家具にまで影響を及ぼしたり
知らずにすでにシロアリにやられている家具を購入してしまったり

日本では有り得ない事件が起こるんですよね、あれこれと。

そこで我が家が常備しているのが、HITやBaygonといった
殺虫剤。本来はゴキブリやハエなどを退治するためのものですが
シロアリの応急措置にも使えます。

大使館街や大統領官邸に通じる道路
インド門に向かう放射線状の道路沿い
カーンマーケットに通じる道、
ローディー・ロード、そしてニザムッディンの住宅街など
街路樹が茂って、緑のトンネル状態になっていると
なんだかワクワクしませんか???

散策にも最適の気候になって来ましたね!
空気が乾燥していますから、奥様方、お肌の保湿をぬかりなく
そして「ウガイ」「手洗い」励行ですわよ~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2011.10.19(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。