□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
ガーンディー・ジャヤンティに寄せて
毎年10月2日はインド国民の祝日
「ガーンディー・ジャヤンティ」(ガーンディーさんのお誕生日)

新聞には、沢山のマハートマー・ガーンディーの写真と
お誕生日のお祝いメッセージが載ります。
gandhismriti4.jpg

デリーにいらしたら、ぜひ訪れていただきたい場所
ガーンディーさんの博物館(詳細は過去記事で。コチラ
ここの展示を一順すると、なんとなくおぼろげに
ガーンディーさんの人となりが近しく感じられるように
なると思います。小さなお子さんたちも 見て、触れて
五感で何かを感じ取れるはず。大きくなって、歴史の授業で
インドのことを習うとき、体験が鮮やかに蘇る・・・・って
これほど素晴らしいことはないですよね。

ガーンディーさんがらみでは「ラージ・ガート」
ガーンディーさんが荼毘に付された場所もぜひ。
国賓級の人々が、デリーを訪れるときには必ず最初に
表敬する場所でもあります。
rajghat1.jpg
インドの独立までの道のり
独立に際して、ガーンディーさんが果たした役割
今、インドが抱えている沢山の問題
rajghat2.jpg
そんなことを つらつら考えながら
今自分が住んでいる国、インドの歴史をさかのぼり
お勉強するのもまた一興かも。

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011.10.02(Sun)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。