□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
カーンワリヤーの時期が今年も。
デリーでは、雨季になると「シヴァ神の信者たちの巡礼」風景が
見られる。ヒンドゥ教のサーワン月に行われるシヴァ神巡礼で
これが毎年7~8月にあたる。
オレンジ色の装束に身を包み、肩にガンジス河の聖水を
入れた天秤棒を担いだ人々を見かけると、毎年「あぁ、もう
カーンワリヤーの時期なんだなぁ」としみじみ、時の移ろいの速さを
実感する時期でもある。
kanwar11a.jpg
特にハリアナ州やラージャスターン州の人々が、その村を代表して
巡礼団を組織し、徒歩で・裸足でガンジスの聖地へ向かってご聖水を頂戴し
徒歩で自分の村にあるシヴァ寺院までそれを持ち帰るという巡礼。
肩に担いだ天秤棒(+聖水容器)は、カーンワルと呼ばれる。
もちろん昨今は、仕事をそうそう長くは休めないとのことで
往路のみ列車を利用したり、往復とも村で準備した乗合トラックで移動したり
・・・というエクスプレス組もあり、逆に「全行程を裸足で走る」
強者もいる。

聖水を頂きに行くガンジスの聖地は、多くがハリドワール↓だが
もっと源流に近い、氷河のあるゴームクやガンゴートリまで向かう
熱心なシヴァ信者もいるのだ。
kanwar11.jpg
画像;Wikimediaより

彼らが自分の村まで帰るルートはいくつかあるが、デリーを通過する
際には、政府により巡礼ルートが定められている。
代表的ルートはUP側から、ヤムナ川を超えて リッジロード、ダウラクァンを抜け
NH8に出て、ハリアナやラージャスターンに向かう道を通る。
この期間、巡礼者をもてなすための接待所が有志や支援企業により
デリー各地にも設けられ、休憩するカーンワリヤーたちの
オレンジ装束が目立つようになるのだ。
カーンワル(聖水の入った天秤)は、決して地面に置いてはいけないので
休憩所には必ず、カーンワルをかけておくための柵が設けられている。
(カーンワルに限らず、ガンガージャル;ガンジス聖水 は地面や
自分のいるところより下に置いてはいけないのだ)

自分の町や村に持ち帰ったガンジス河の聖水は、サーワン月の
アマーワスィヤ(新月)の日に、その地のシヴァリンガに
捧げられる。

交通混雑を避けるため、また徒歩で移動するカーンワリヤーたちの
安全を守るため、この時期になると新聞などに
カーンワリヤーの通るルート地図が載ったりするので、
デリー、グルガーオン在住の皆様、要チェックです。

これで「謎のオレンジ軍団」の概要がつかめましたか~?
今日も応援クリック ポチっと↓ ね!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

スポンサーサイト
コメント

おかげさまで

よく分かりました。
ありがとうございました。
zaiton 2011.07.20(水) 16:33 URL [編集]


zaitonさん

あは~!3年越し(?)の謎が解明できて
よろしゅうございました~!!
Blue Lotus 2011.07.24(日) 02:15 URL [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2011.07.28(木) 21:24  [編集]


鍵コメSさま

コメントありがとうございました!
オレンジ軍団の謎が解明できて、良かった~~
Blue+Lotus 2011.07.29(金) 10:53 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。