□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
インドに興味を持ったら
昨日、デリー在住の女性たちにクラフト・ミュージアムを
ご案内しているときに、いろんな方から質問されたこと

☆布のことや、ヒンドゥー教のこと、インドのことを
体系的に学べる、カルチャーセンターみたいなところは
ありませんか?

→デリーでは 美術学部や、宗教学科などで専門的に学ぶか
 美術館・博物館主催のワークショップなどで
 各項目を単発で学ぶかしかないようです。

私の場合は、かたっぱしから本を読み、さらに
疑問に思ったことを、その筋の専門家インド人に説明してもらって
理解したことが多いように思います。布については
博物館などで実物を見て、専門家に質問しまくり
高価な本は立ち読みしたりして(!)

日本で手に入る本で、ヒンドゥー教のことがわかる本
入門編としてわかりやすいのはコチラ↓
indoshinwa-tombo.jpg
インド神話入門 (とんぼの本) [単行本]
長谷川 明 (著)

そして、もう少し詳しいのがコチラ↓
ヒンドゥー教の本 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 12号)
hindu-newsightmook.jpg
もっとあれこれ詳しく知りたい方は、英語版書籍↓をおすすめします。
hindubooks.jpg

そして、インドの布関係で、これは!という一冊はコチラ↓
インド 大地の布 岩立広子(著) 求龍堂
india-watatecollection.jpg
豊富な写真と、布の説明&紀行文とで成り立つ本で
英語も併記されています。インドの布を紹介した
コーヒーテーブルブックは数あれど、これほど広く
インドの布について語られた本はなかなかありません。
私も手元に置いて、ことあるごとにめくっては楽しんでいる本。

布に関しては、やはり手で触れて、さらには作っているところを
直に見ると、文章で説明されていることがストンと腑に落ちます。

インドで服飾関係・布を納めた博物でおすすめなのは
グジャラート州、アハメダバードにあるキャリコ・ミュージアム
そしてデリーのクラフト・ミュージアム。
これらの博物館で、織物とか陶芸とか、体験できるようになると
言うことなしなんですけどね~

今日も応援クリック ポチっと↓ お願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ 
スポンサーサイト
2011.02.18(Fri)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。