□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
デリーで必見 その2 国会博物館
デリーに住んでいる人でも、意外と知らない博物館
それがParliament Museumなのです。
オープンは2006年なので、まだ公開されてから5年弱ですが
インドの歴史、特に民主化の歴史がよくわかる展示内容で
おすすめの場所のひとつ。
場所はラカブ・ガンジグルドワラの向かい↓
parliamentmuseum-map.jpg

国会議事堂の敷地内とあって、セキュリティも厳しく
入り口で入場券を買ったあとは、選任の案内人について
決められた道を通って館内に入場します。
カメラ・携帯電話の持ち込みは禁止されているので
(入り口ですべて預けることもできますが)
運転手さんに全部預けて見学するのが得策。

国会博物館づきのガイドさんが、一緒に回って
いろんな仕掛けを操作してくれます。
音楽が流れたり、観客が二手にわかれて画面を見ると
ガーンディーさんが中央を歩いて来たり、
見学者がラダ・クリシュナンなどインド独立当初の
国会議員の実物大模型と並んで、国会の椅子に座ると
壇上のネルーさんがスピーチしたり・・・・と、動く展示なので
飽きることなく見学できる優れもの。

国会議長さんへの各国からの贈り物なども展示されていて
日本のものを見つけて、なんだか嬉しくなった私でした。

ただし、インドの歴史や独立までの経緯を理解しておいたほうが
わかりやすいとあって、6年生以上(11歳~)にしか
入場資格がありません。
入場料は10ルピー(外国人も同じ、学生は無料)
開館は11時~夕方5時:ただし最終入場時間は4時
火曜日から土曜日まで。(日・月は休館日)
公式ホームページはこちら

今日も応援クリック ポチっと↓ よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2011.02.01(Tue)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。