□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
ハッピー・ディワリ!!

今年は11月1日がインド最大のお祭りディワリ(ディーパヴァリ「光のお祭り」)
ラーマーヤナで14年間国外に追放されていたラーマ王子が、ラヴァナを倒し   
アョディヤ国に凱旋をした際に、人々が灯りをともし出迎えたことに
由来するお祭りで、日本のお正月さながらの様相を呈しています。
夜日が暮れると家々のまわりには素焼きのディヤという容器に
油を入れて火をともし、飾ります。(最近は蝋燭で代用の家も)
ディヤの灯によって、富と豊穣の女神ラクシュミーを家に招き入れるのです。
デリーではラクシュミー女神とガネーシャ神へのプージャ(お祈り)が行われます。
家々の周りはディワリの1週間前くらいからライトアップされます。《最上段写真》

商売を営んでいる人たちはこの日を機に帳簿も新しくし、
新たな富を招き入れるとされています。
また、ディワリを前に大掃除して綺麗な家で新年を迎えるのです。
新たな一年の始まり、海外に住んでいるインド人も、地方で仕事している人たちも、
みんな実家に帰ってお祝いをするので、飛行機も列車もすべてディワリの時期は満席!!


祭壇に置く小さな屋根のついた素焼きの飾り《ラクシュミー女神とガネーシャ神が
奉られている》を「ディワリ」と呼び、ディワリの前のマーケットはこの
ディワリやディヤを買い求める人で大混雑。
(写真中央がディワリ。両端はプージャに使われるガネーシャ神とラクシュミ女神)

うきうきしたインド人の気分が伝わってくるようなお祭りです。
携帯電話にもHAPPY DIWALI!!のメッセージが続々届く日。
あなたの家族にも、周りの人々にも、幸せな一年が訪れますように!
    ☆☆☆☆☆☆Happy Diwali☆☆☆☆☆☆
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
2005.11.01(Tue)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。