□  2017.10 □  09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
今日は何の日?
え~~、やたらとお祭りごとが多いインド。
今日は何の日?と聞かれても、すぐには思い出せないくらい
あれこれと祭事があるのですが・・・・
ヒンドゥ教の神様の中でも、人気者のひとり
「クリシュナ神」のお誕生日が今日で
ジャンマシュタミーと呼ばれています。学校や会社も
ほとんどがお休みとなる日。

クリシュナ神はヴィシュヌ神の化身で(仏陀もヴィシュヌ神の
化身とされています。)、デリーとアグラの間にある
マトゥラーというところで生まれ、その近くのヴリンダーバンで
育ったといわれていて、クリシュナ信仰の中心地は
マトゥラーとヴリンダーバンなのです。

赤ちゃんのころから腕白ぶりを発揮したクリシュナ神
こんな可愛い肖像画の題材にもなっています。
バーンスリーと呼ばれる笛を持ち、頭には孔雀の羽飾り
ときには「バター壺に手をつっこんでいる姿」も描かれます。
lord-krishna10a.jpg
牛飼いの娘達と戯れる絵や牛とともに描かれたものも数多く
見られます。
lord-krishna10c.jpg
肌の色が青っぽいのは、おそらくヒンドゥ教が各地の
土着信仰を取り込んだ際に、南インド出身の神様を
クリシュナ神として崇めるようになったのだろう、との説も。
lord-krishna10d.jpg
宗教画の題材としても、インドの古典舞踊のテーマとしても
大活躍な神様、クリシュナ神。
そのお誕生日・ジャンマシュタミーは移動祭日で
lord-krishna10b.jpg
ヴリンダーバンのようす・過去記事はコチラでどうぞ。

インドを代表する叙事詩『マハーバーラタ』(カウラヴァ100王子と
パンダヴァ5王子の戦いの物語)で、戦うことを躊躇する
パンダヴァ王子の一人、アルジュンに「バガバッド・ギーター」を
説いたのがクリシュナ神で、その様子はデリーの観光名所
「ラクシュミ・ナラヤン寺院(ビルラ寺院)」の壁画にもなっています。
デリーにいらしたら、ぜひ↑ビルラ寺院の右手にある、クリシュナ神の
お堂も忘れずにお参りしてくださいね~~

今日も応援クリック ポチっ↓と よろしくお願いしま~す!
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2010.09.02(Thu)  インドの祝祭日COMMENT(3)TRACKBACK(0)TOP
コメント

こんにちは

マドゥライからです^^
南インドでは、この儀式は9月1日に行われました^^その儀式の様子をブログで紹介予定なのですが、クリシュナに関する説明で良いものが見つけられなくて…こちらの説明がとっても素敵なので、私のブログから「クリシュナについて説明してくださっている方がいます」という形で、リンクを張らせてもらっても良いでしょうか?ご了承宜しくお願いいたしますm(_ _)m
J_girl 2010.09.05(日) 23:43 URL [編集]


J_girlさん

ご無沙汰してますが、お元気でしたか~?
Janmashtamiは「月」の出方に影響するので
南と北とで日程判断がずれたのかしら???

クリシュナ神の説明、なかなか難しくて
書き出すときりがないんですが・・・・
リンク、どうぞお使いください。
Blue Lotus 2010.09.06(月) 16:30 URL [編集]


今晩は☆

本日やっと、ブログでクリシュナ・ジェイヤンティ(←こちらでは、このように呼んでます^^)の紹介を行い、こちらのブログを紹介させていただきました。
ありがとうございました。
J_girl 2010.09.08(水) 01:34 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。