FC2ブログ
□  2013.11 □  10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
インドでもクリスマス
欧米諸国ではThanksgivingが終わると
本格的にクリスマスモードに入るので
私も今日、やっとクリスマスツリーを出しました~

息子が小さなころに、ツリーを飾りつけるワクワク感を
体験させたいと思って、せっせとスーツケースに
詰めて運んできたツリーセット。120センチ・・・・という
ごく小さなものですが、スーツケースに斜めにしてやっと
収まったのでした。
xmas-decor13e.jpg
10年ほど前は、クリスマスオーナメントを売っている店も
限られていて、カーンマーケットのKriti Creationsか
ローディーマーケットくらいにしかなかったもんです。
それが今じゃINAマーケットはおろか、ローカルマーケットでも
中国製のものがあふれています。隔世の感、ですよ。
xmas-decor13a.jpg
去年は一時帰国の際に某100円ショップで
このボールオーナメントを買ってきたんですが
15個くらい入って100円って・・・・・

一番お気に入りのオーナメントはインドの国鳥
孔雀のもの。ローディーマーケットで買ったものですが
インドならでは・・・・・でしょ、今年はこれに会わせて
ブルー系でツリーを飾りました。
自己満足の極みですが、いいの。

クリスマスツリーを出しちゃったもんで、
年末ムードに突入して、なんだか焦るわ~~笑

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いしまっす。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2013.11.29(Fri)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
イベントへのお誘い
みなさま、来年の手帳はもうゲットなさったでしょうか?
私は毎年「ほぼ日手帳」一辺倒。
来年の話をすると鬼が笑う・・・・なんてなことも言ってられず
もうあれこれ予定が入りだしました。

先日デリー日本人会ボランティアサークルの方からも
ご案内がありましたが、例年ご案内させて頂いている
博物館ツアー(隔年で国立博物館またはクラフトミュージアム)
1月末と2月中旬に座学も含め2回コースで実施いたします。

第一回目は1月28日(火曜日)。国立博物館の見所をふくめ
宗教・文化・習慣などインド全般についての勉強会です。
沢山のスライド含め、見て・感じて・触ってインドを学ぶ機会です。
(↓↓ 必見のひとつ、仏舎利。これを拝むために世界中の
仏教徒がこの博物館を訪れます。)
nationalmuseum12g_20120201020838.jpg
第二回目は2月11日(火曜日)午前・午後の二回
いずれか都合のつく時間帯で、2時間コースで
国立博物館をまわります。午前25名、午後25名募集の予定。
(貴重な仏教彫刻を詳細を説明中↓↓)
volunteer-nm2010a.jpg
年明けに日本人会の一斉メールで詳細が告知されますので、皆様
ふるってご参加ください。お目にかかれるのを楽しみにしています。

そして。こちらは来月のおたのしみ。
ミニ・メーラーLalitに出品しま~す。
午前の部は青蓮セレクションの雑貨
午後13時からは和菓子セットで参戦です。
lalit_mela121213.jpg

↑↑ポスターはクリックすると大きくなります。
フライヤーデザインはAちゃんが。可愛いでしょ!?
さぁ、12月12日を予定表にメモメモ・・・・おこづかい握りしめて来てね!ww
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.28(Thu)  青蓮日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)TOP
ポジティブに、生きる
小気味良い意見を述べる「ちきりん」さんのブログが
大好きなので、愛読していますが、今日は某SNSに
・・・・・「できるだけいろんな人とつきあって世界を広げたい」
とか考えてる人ってほんとーに尊敬する。
あたしは一緒にいて楽しい人だけとつきあって生きていきたい。
世界なんて狭くて全く問題ないっす。・・・・・
って書いてあって思わず膝うちしちゃいましたよ。

それはともかく、先日の香取薫先生の講演会で
メモっていたことのなかから、いくつかヒントになりそうなことを
箇条書きでご紹介したいと思います。

*インドの家庭料理はスパイスを使った薬膳
食べたら体が元気になる、体調が良くなるのがポイント

*本当の美味しさは その国の味に忠実なレシピをマスターすることから。
それができてはじめてアレンジレシピができる。
素人はあれこれ食材を代用しないほうが賢明。

*デリーはインドの中でも食の面では一番恵まれていて
インド中の美味しいものが集まっている。
      ↓↓↓
*子供が食べられないから、インド料理レストランには行かない
・・・・というのではなく「パパ・ママが楽しそうに美味しそうに食べてる」姿を
見せるのも大事。日本人だって子供のころから山椒やわさびを
好んで食べているわけではないのだから。デリーにいる間に
美味しい、評判のインド料理レストランを食べ歩こう。

*辛味と色気とは同じ。出しすぎは良くないのだ。ww
*辛ければ辛いほど良い、というわけでもない。
      ↓↓↓
*インド料理にはもともと唐辛子は使っていなかった。
南アメリカ原産の唐辛子は大航海時代以降に使われはじめた。

*北インドの冬の乾燥は、油を摂取することで防げる。
カレーの油にドン引きするのでなく、「バゲットにオリーブオイルを
つけて食べるヨーロッパ」と同じで、ローティーに
香辛料の滋味・香味が溶け込んだ油をつけて食べると良いのだ。
毎日のことではないのだから、たまにはこれでいいのだ。

*ガラムマサラは日本の味噌文化に比肩される。
なんでもかんでもにガラムマサラを入れるわけではなく
その家の味の素的使い方をする。

*推奨の油はヒマワリ油。

*香辛料の保存
粉ものは香りが飛んだらおしまい。胡椒などは保存状態さえ
良ければ長期保存可能。

*足先、指先が冷えるこれからの時期
身体をあたため、血液の循環が良くなるものを食べる。
動物性の油を適度にとること。生姜・胡椒を上手に使うこと。
できあがったものに針生姜を乗せるだけでも良い。
動物性の脂→→スープにするとよい。

*和食のおかず+インドのおかずを何か一品
日本では手に入らない素材を使って、インド料理を日々の食卓に。

・・・とまぁ、こんなかんじでしたが、まだまだ真髄を
知りたい方は先生のお教室へ。 →キッチンスタジオ・ペイズリー

なにより、香取薫先生のポジティブ・オーラが
講演会に参加なさった皆様にはバッチリ届いたんじゃないかしら。
またデリーで講演会、続編を開いてくださるといいですね~

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.27(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
最近お気に入りのグラフィック
ようやくリニューアルされたデリーの
クラフト・ミュージアムのショップやカフェのロゴが
よくできてるなぁと思います。
今年2月にボランティアサークルのイベントで
みなさんにクラフト・ミュージアムをご案内したときには
まだ出来上がっていなかったんですよね。

カフェのまわりを取り囲む赤砂岩にこんなマークが
透かし彫りになっていて、あぁ、「ローター」っていう名前なんだ
可愛いマークだなぁと思っていました。
lota4.jpg
ローターとは小ぶりの液体容器のこと。
素材はさまざまで、ステンレス・銅・金・真鍮など
大理石やソープストーンが使われることもあります。
lota.jpg
ヒンドゥー教のお参りに欠かせないガンジスのご聖水を
いれたり、結婚式の一連の儀式の中で、花嫁の腕輪を
牛乳に浸すときにローターが使われたり、と聖なる役目を
果たすことが多いこの容器。
聖なる容器として、スィンドゥール(女性が髪の分け目につける
赤い粉)やターメリックをつけ、聖紐を結んだりもします。

(ちなみにネティと呼ばれる注ぎ口つきの、
ヨーガのときに鼻を洗う容器も
お手洗いのときに手を洗うプラスチック容器も
ローターの仲間です。)

そんな、お参りや生活に欠かせない容器
かのイームズ夫妻がインドに滞在したときに書いたレポートに
「ローターはインドのプロダクトデザインの中で
もっとも秀逸なものである」との記述があるのです。

それをカフェやミュージアムショップのロゴに採用するとは
なかなかやるな、クラフト・ミュージアム。
lota2.jpg
しかも、ローターのぷっくりした形と
デーヴァナガリー表記がうまいことマッチしていますよ。
ラッピングペーパーも可愛いじゃありませんか。
lota3.jpg
紙質が悪くて破れやすいのはご愛嬌ね。

ミュージアムショップの品揃えもなかなかなんですよ。
ちょっとしたお土産捜しにもいいかも。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.26(Tue)  芸術・文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
香取薫先生講演会&フリーマーケットの週末
先週末はいつもに増しての忙しさでした。

金曜日、朝一番で小学校に折り紙を教えに行き
その後スパイス料理研究家、香取薫先生の
「南インドグルメツアー」の参加者の方々とともに
クラリッジズホテルのダーバーでランチ。
(香取先生がメニューについて説明をしておられるところ。↓↓)


参加者の皆さんと食事しながらおしゃべりしまくって(!)
楽しい時間を過ごさせて頂いたあとは、家に戻って息子と試験勉強。

翌日は午前中に家事を済ませ、土日留守にするので
その間の食事の段取り、下準備を済ませてから
グルガーオンのダイアパークへ。
香取薫先生の「インドの家庭料理と食文化」講演会に
参加し、有意義なお話を拝聴。
katorisensei-lecture231113.jpg
その後女子会(オバサン会??ww)に突入し
オサレブティックホテルに泊まって喋り倒しました。

日曜日は朝帰りして、昼食のあとヴァサントクンジの
ファームハウス、Sylvan Chefへ。
そう、デリーフリーマーケットの日だったんです~~
delhi-fleamarket13.jpg
ずぅっと会いたかった方にもここで巡り会え
沢山の方々ともお目にかかることができて嬉しかったです。

ワタクシの一点狙いはこれ↓↓でしたの。
pierced-earings231113b.jpg
手作りアクセサリーやフェルト作りのYさんの作品。
某所でこのピアスの写真を見てから、これを買いに
行かなくちゃ!と思って。でも開始時間にちょっと
出遅れてしまったので、もう売り切れたかも・・・と
思いきや、ちゃんと私のことを待っていてくれました。笑

チェコ製のガラスパーツなんです。
それに可愛い象さんがついていて、
買って帰って開けてみたら、手書きのメッセージがついてました。
pierced-earings231113a.jpg
かわいい~。大切に使わせていただきます。

新たな一週間のはじまり、そして11月も最後の週ですね。
なんか師走が近くなると、気が焦ってきましたが。
来月出品予定のバザーの準備もあるし、ちょっとお出かけを
控えて(!?)手作りモードに入らなくては。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村
2013.11.25(Mon)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
「日本品質のパン」遍歴@デリー
インドに住み始めてからずっと、美味しいパンとの
めぐり合いはなかなかの難問でした。
一時はディフェンス・ベーカリー(以下DB)にはまって、わざわざ
南デリーからDBまでパンやケーキを買いにいっていたものです。
子供が小さなうちは、なかなか手作りにも熱中できず
せっかく発酵させている生地を、お手伝いさんがツンツンして
しぼんでしまったり・・・・・まぁ紆余曲折ありました。笑

迷いに迷ったあげく、重たいホームベーカリーを
一時帰国の際に手荷物で持ち帰ってからは、あっと言う間に
もとが取れた、と言い切れるくらいに大活躍。

おまけにS先生の手ごねパン教室に通いだして、今まで模索していた
あれこれが ぱ~~~っと霧が晴れるように解決し
パン作りがさらに楽しくなった昨今。
日本のようなパンを食べたくなったら自分で作ればいい・・・・
って選択肢があるだけすごいなぁと感心したりしていましたが

デリー暮らしの中で手に入る和食食材も増え、
和食レストランは劇的に増え、
提供されているお料理内容も向上し、
日本品質のお菓子、和菓子、洋菓子、ケーキも増え
天然酵母の手作りパンや日本と変わらぬ調理パンなども
買えるようになりました。

たとえばこれ。IROHAさん(ヴァサントクンジのアンビエンスモール内)
の調理パン類。カレーパン100ルピー弱、ソーセージパン80ルピーくらい
そして、バターロールは3つで44ルピー、これはありがたいお値段。
私が買ってるうしろに並んでいた、単身赴任らしき男性たち。
3人連れであれこれ調理パンを選んで、冷凍しておくんだと仰ってました。
iroha-bread.jpg
こういう選択肢が増えただけ、ありがたい。
食は生きていくうえで本当に大切なファクターですもんね。

サーケートのモールにKrispy Kreme Donutsもできるし
コナもん、炭水化物Love な私には嬉しい昨今です。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

2013.11.22(Fri)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
忘れ物クィーンなるか
年のせいか物忘れが激しい昨今。

さっき気づいてめ~~~っちゃ落ち込んだのは
11月15日からはじまっていた茶道部の
クリスマスお茶会の申し込みを忘れていたこと・・・・ああぁあああ
せっかくいままで皆勤賞だったのに。泣
xmas-chakai12b-tree1.jpg
先日はゴスペルの練習場所にレコーダーを忘れ
家に帰って、夕方になってからハタと気づき
日本人会室担当のスニルさんに電話したり
事務局に電話したりで大騒ぎ。忘れ物に気づいて
預かってくれていた方が、自宅まで届けてくださったのでした。

頭の上に乗せたメガネをさがしたり
出かける前に携帯を忘れたり
家の鍵を持たずに出かけたり・・・は日常茶飯事。
オットから「子供が二人いるようなもんだ」と
言われています。
sunglasses12.jpg

忘れちゃいけないとカレンダー機能にリマインダーを
つけたりしているんですが、仕事以外では本当に間が抜けてる私。
(あ、そう書くと仕事では間が抜けてないってこと?笑)

忘れないようになんでもかんでも首から下げる人を
笑っていたけれど、まじで携帯もメガネも財布も
首から下げといたほうがいいかもなぁ。あれこれ首から
下げてる私をみかけても、笑わないでね。

この週末は香取薫先生の講演会やら
デリーフリーマーケットやらでまたも
デリー&グルガーオンを走り回っています。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.21(Thu)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
自分へのご褒美に
たまには自分のために、なにか記念になるものを
買い求める・・・・ってのも必要ですよね。
(とか言いつつ、しょっちゅう自分のものは買っているけど。笑)

先日、絵を買いました。それも2点も。
我が家の壁の一角を、「ラージャスターン」コーナーにしたいなぁ
インドチックでポップな絵はないかいな~ と思っていたら
まさにぴったりなお方が~~!
「ガールズ・インディア」や「スゥイート・モロッコ」の著者
若山ゆりこさんですよ。

早速ウェブに出しておられるギャラリーを拝見し、
ラージャスターンらしい可愛い絵を購入しました。
手書きイラスト、一点もの。たまらんでしょ~

まずはこれを注文し、えへへ・・・・と思っていたところ
yuriko-illustration2.jpg
さらにこちらも欲しくなり。
これを飾るために、壁を塗り替えなきゃなぁ・・・・
すっごくインドらしくて、楽しくなる絵でしょ??
yuriko-illustration1.jpg
博多の実家宛送っていただいたので、年末年始の帰省で
デリーに持ち帰ってきます。
どんな風に配置しようか、どの家具とあわせようか、
考えてる時間がまた、たまらなく楽しいですよね。

インド暮らしの記念になるような、何か特別なものを
自分のために。あなただったら何がほしいですか?

今日も 応援クリック ポチッと↓↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.20(Wed)  芸術・文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
とんぼ玉教室@デリー ふたたび
デリーでの楽しみのひとつ「習い事」
パン教室しかり、絵画教室しかり・・・・・
今日は半年振りに「とんぼ玉教室」に行ってきました。

お題は「花模様」
ど ・ っひゃ~!!久々なのに高度な課題。
工程がいっぱいあって、こうして記録してても
次回まで記憶しているかどうか、超あやしい。笑
まずは白い芯を透明ガラスでくるみ、ピンセットではさんで
びょ~~~~んと伸ばします。
tombodama-nov13a.jpg
3センチ弱に切っって、それを透明ガラスの周りにぐるりっと
つけて、今度は透明ガラス棒で
びょびょ~~~~んと伸ばして、元になるパーツができあがり。
これはクリスマスの紅白ミントキャンディをイメージして
作りました↓↓↓。しましまになってるのがわかるかなぁ?
tombodama-nov13b.jpg
それを土台になるとんぼ玉にちょぼっちょぼっとつけて、
熱したり目打ちで中心を押したりしながら
できあがったのがこちら。左下の大輪の綺麗なのは
先生の見本です。私が作りたかったのは右上ので
tombodama-nov13c.jpg
高さ1.2センチくらいのちびちびクリスマスツリー。
tombodama-nov13d.jpg
おまけに、師匠にお願いして
ど~~~うしても作ってみたかったこれを。
tombodama-nov13e.jpg
自分で考えてみたところ、とてつもなくでかいのができそうで
どうなることやら・・・・と思っていたのですが、さすが師匠
ささっと見本を作ってくださったので、あとは見よう見真似で。
インドの魔よけ、ニンブーミルチのチャームです。

今まで作ったとんぼ玉たち、綺麗に箱に並べてあるんですが
取り出しては一人で悦に入っています。
お宝がひとつ、またひとつと増えていく。楽しいですよ。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.19(Tue)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
アメリカンスクールのメーラーへ
我が家のアイドル犬(おじいさんだけど)ジャッキーが
日向ぼっこをする時期=冬がやってきました。
デリーっ子はまだ薄着の人もいますが、ベンガル州や
南インド出身者などは真冬の装いです。
jackie-sunbathing-nov13.jpg
ようやく過ごしやすい季節になったので
試験勉強をちょっと中断して、息子と二人で
アメリカンスクールで開かれているホリデイ・メーラーに
行ってきました。10時から17時まで、とあったので
オープンまもなく、まだ人の少ない時間帯に入場。
awa-holidaymela3.jpg
入場料は一人250ルピー、13歳までの子供は無料とあって
うちの息子は滑り込み(?)で無料枠。
あれこれブースを見てまわり、実はひとつ、どうしても
ほしいものがあったんですが、お値段が高すぎてあきらめ。
他のものもどの店で売ってるかわかってるから、わざわざ
ここで買わなくてもいいか~、なんて思ってたら
気がついたら買ったのはこれだけ。
awa-holidaymela1.jpg
この、英独・独英辞書が一番の掘り出し物でした。
1600ページもあるずっしりと重たい大型なのに、20ルピー。
かなり古いものでしたが、辞書の内容ってそうそう変わらないので
迷わずゲット。いままで息子の学校で買ったちっちゃい英独辞典と
私の持ってる(それこそドイツ語学校時代に使った20年以上たってる)の
しかなかったので、嬉しいお買い物でした。
awa-holidaymela2.jpg
その他、新刊だと1200ルピーのガイドブック
Love Delhiが100ルピー。これも帯つきほぼ新品でした。

買いたかったけど、高くてあきらめたもの・・・・とは
ホーロー製のペイズリー模様のコップ。
めちゃくちゃ可愛いんだけど、6個セットで2500ルピー近かったので
オットには絶対言えない値段だなぁと。(なんでステンレスの
カップにそんな値段を出すのか、と絶対つっこまれるに違いない)
また機会があるだろうから、よ~く考えよう。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.18(Mon)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
やる気満々な折り紙教室
期間限定で集中講座を教えに行っている
小学生むけ折り紙クラス。
今度は2年生の希望者に教えに。デリーでは1年生にあがるのは
5歳の年なので、2年生とはいってもまだ6歳の子がいるんです。
なので、初回はママたちも一緒に折り紙のなんたるか、
どんなことがポイントなのかを知ってもらおうと
ママと一緒の体験クラスを実施。

折り紙に興味があって、Youtubeなどで
自力で練習している子もいて、一度やってみせると
子供のほうが要領をつかむのが早かったりするのですが
「角と角をきっちり合わせる」とか「折りすじを綺麗につける」とか
「線からずれないように折る」とか、日本人なら幼稚園のころから
慣れ親しんだ折り紙の基本ができないまま、見よう見真似で
やっていたので、できあがりがイマイチだったんです。

まずは半分に折ったり、三角に折ったりして折線をつける練習をして
「草」の折り方を教えました。
そしたらとても飲み込みが早かったので
ためしに蓮の花を教えたら、ほぼ要領を会得した模様でした。
origami-class2a.jpg
あぁ、インドだなぁと思ったのが、「まずママに覚えてもらって
各自お子さんに教えてもらいますから」と連絡しておいたら
アヤさん(子守担当のお手伝いさん)をつれてきた人がいたこと。
そのアヤさんが、クラフトが得意なのでこの人に教えてください・・・・ですって。

折っている手元をスマホでビデオ撮影したりして、これもイマドキの反応。

終わってみんなで作品を手に記念撮影。
お母さんたちのほうが貴重な体験ができたと喜んでくれて
教え甲斐がありました。
origami-class2b.jpg

2回目は子供だけで風船に挑戦。
前回教えた「草」と同じ三角形からの応用なので
比較的すぐにできたのですが、問題は折ったあと。
空気を吹き込むときに、なぜかそれが大うけで
みんなケラケラ笑い出したのです。

その喜ぶ様子があまりにおかしくて、とうとう私も
つられて笑い出してしまい、しばしクラス中断。

ちょっとわからないと「マーム(先生)、できない~」って言う子
なぜかすべて違う方向に折ってしまう子
黙々と折り続ける子、私が折った見本をじっくり観察して
なんとか自分で要領を体得しようとする子。
それぞれの反応にも個性があって、おもしろい。

午後になると早速ママたちから続々と携帯SMSが。
「今日教わったことを復習させたいので、どこか
おすすめのサイトはありますか」「おすすめの折り紙の本の
タイトルと出版社を教えてください」「次のクラスにはまた
親も参加できますか」

う~~ん、やる気満々です。(ママたちが。笑)
特別クラスは今月一杯。
この週末にみっちり練習して、火曜日に練習の成果を
見せてもらうことになっているので、楽しみです。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ




時短料理でおいしく
年度はじめにもらった学校スケジュールでは
11月14日がムハッラム(ムスリムの追悼日)で休み、となっていましたが
今日学校からのSMSで、ムハッラムは15日なので
木曜日は通常通り授業があり、金曜日が休みとの連絡がありました。
月の満ち欠けに関係する移動祭日が多いので、まぁこれは想定内。

日曜日はグル・ナーナック(スィク教の聖人)聖誕祭ですから
スィク教徒はここのところずっと朝早くからのお参りや家での
お接待が続いているようですね。

今週はじめから息子の学校が冬の制服に切り替わり
時間割も「冬時間」になりました。朝のスクールバスの時間が
30分ほど遅くなったんですが、それでも6時30分。まだ
外は薄暗いです。帰ってくるのは15時ごろ。
学校で11時ごろにお弁当タイムがあるにせよ、帰ってきてから
2回目(?)のランチを食べますから、手早くぱぱっと作れるものを。

今日はためし○ガッテンで紹介されてた「水でもどすパスタ」ってやつ。
茹でる前に1時間ちょっと水につけておくだけ
easycooking-nov13b.jpg
戻した状態がこんなかんじ↓↓。白っぽくなって
生パスタっぽくなります。
easycooking-nov13c.jpg
茹で時間1分でできあがるという、省エネ的にも
食感も優秀なパスタができあがります。
日本からの虎の子(?)明太子とツナを使って
おいしくいただきました。
easycooking-nov13d.jpg
簡単ついでに 我が家で欠かせない原料「すしのこ」
紫キャベツを千切りにして、さっと茹でて水をきり
すしのことあら引き胡椒とオリーブオイルであえると
簡単シュクルートが出来上がり。瓶詰めにしておいて
ちょっとサラダに色を添えたいときに使います。
easycooking-nov13e.jpg
同じ要領でキャベツを使って、すしのこ+マヨネーズ+粒胡椒で
コールスローもよく作るなぁ。

白菜があるときには、塩をふってしんなりさせて
軽く水分をしぼったあと、この「キムチチップ」を
まぜまぜすると、即席キムチ漬けに。
easycooking-nov13a.jpg

いやいや、こりゃ「簡単クッキング」なんてなもんじゃなくて
単なる手抜きですか。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


2013.11.14(Thu)  食文化COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
マトゥラー・ヴリンダーヴァンへの旅
日本からお友達が訪ねてきてくれたので、
一緒に日帰りドライブへ。お互い歴史や仏教に
興味があるので、手軽に行ける場所として
マトゥラーとヴリンダーヴァンに行ってきました。

マトゥラーまでは2時間半ほどの道のり。まずは
クリシュナ神が産湯を使ったという場所、現在は沐浴の
ためのガートになっている場所を見て
mathura1.jpg
クリシュナ神が生まれた場所として、考古学局からの
認可書類が出ている小さなお寺へ。この近辺は他に
クリシュナ関連の大きなお寺や、ムガール時代にムスリムが
侵攻して立てたモスクなど、林立しているのですが
ほんものの生誕地はこのこじんまりさ。
mathura2.jpg
メインの目的地であるマトゥラー博物館へ。
初期のガンダーラ仏とならび、マトゥラーは
仏像製作で有名となった地だったのです。
これ↓↓がグプタ朝の最高傑作と言われる
仏陀立像・・・・なんですが、もちょっとなんとか
崇高に見える展示方法はないもんかいなぁ と
いつも思うんですよね。
mathuramuseum1.jpg
そして、仏教の擁護者として知られるカニシカ王の立像。
カニシカ王の時代に仏典の第四回結集が行われたとされています。
その貴重な像の左手に座っているおじさんたちは、博物館関係者。
た~だ座って日がな一日ダベッている・このユルさ加減がインド~~
mathuramuseum2.jpg
次は隣町、クリシュナが活躍した中心地であった
ヴリンダーヴァンへ。沢山のお寺があるこの町
中でも活気あふれているのがイスコン寺院。
vrindavan-isckon1.jpg
中庭ではお参りをすませた人、世界各国からの
信者さんたちが思い思いに過ごしています。
来るもの拒まずのおおらかさにホッとするお寺。
vrindavan-isckon2.jpg
ちょうどお説法の時間で、会場をのぞいてみたら
すごい人、おまけにカラフル!
現代に生きてる宗教だなぁと圧倒されてしまいました。
vrindavan-isckon3.jpg
お昼をイスコン寺院の食堂で食べたあと、
ゴーヴィンド・デーオ寺院を見て、リキシャーで
旧市街を見学し。
帰りはヤムナハイウェイを使いましたが、
ま~~、平日だったからか、時間帯なのか
ガラガラ。ドライブインでコーヒー休憩してデリーに
戻ってきたのでした。
お買い物もなんにもない、地味な日帰り旅でしたけど
これも趣味を同じくする友人とだからできたこと。
次は一緒に仏蹟めぐりとかできたらいいなぁ。(渋い趣味だなぁ)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.13(Wed)  旅行COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
至福のとき
なにが楽しいって、気の合う仲間と一緒に
喋って、食べているとき。
のんびり家族で一緒にテレビを観たりしてるとき。
ゴスペルサークルで思いっきり歌っているとき。
そしてものづくりのプロと関わっていられるとき。
絵を描いたり、物を作ったり、料理したりしているとき。

たとえばこれ。アメリカ在住のアンティークショップを営む
友人が、ギフトとともに送ってくれたものなんですが。
marthaliving-colors.jpg
マーサ・スチュワートというアメリカのライフスタイル全般の
指南役のカリスマ女性がプロデュースするペンキの
色見本なんですけどね。微妙な色のそれぞれに
ぴったりの名前がついているのがまた、ツボなんですよね。
これをながめていると幸せな気分になります。そのほか
パントーンの色見本帳も大好き。

ペンキの見本帳も、インド仕様になるともう一段派手な
鮮やかな色が入るんですよ。お国柄が出てるなぁと思って。

街歩きのときにこれぞインド!なものを見つけると楽しいですね~。
アーナンド・二ケーターンのモモ(チベット餃子)屋台の
店先に下がっている魔よけのニンブーミルチー。
そのいわれが諸説あるなか、もっともらしいものをひとつ
ご紹介しましょう。
nimbumirch-nov13.jpg
民家の軒先や店先にニンブーミルチーを下げるのは
災いを避けるためのおまじない。不吉なものを運んでくる
と言われるアーラクシュミーという魔女を避けるための
ものなのです。アーラクシュミーはヒンドゥー教の富と繁栄の女神
ラクシュミー神の姉妹で、「貧乏とみじめさ」を司ると言われていて
なんと酸っぱいもの、辛いものが大好物なんですって。
それで、アーラクシュミーの好きなものを玄関先で
与え、満足してその場から去ってもらうように、
家や店の中に入ってこないように、との算段でニンブーミルチーを
下げておくんですとさ。

ニンブーミルチーが乾く・・・ってことは、魔物が食べた後で、悪いものが
それに乗り移っているってこと。乾いたものは道端(それもできるだけ雑踏の中)
に捨てることになっているので、あやまって踏んでしまって悪運に見舞われないように
要注意ですよ。

もひとつ、車に書いてあるこんな目も魔よけ。
これはR.K.Puramの野菜市場(インディラ・マーケット)の
近くで見かけたもの。
nazar-nov13.jpg
ヘタウマな絵が多い中、なかなかの美形ではないでしょうか。
トルコや中近東で見かけるの青い目玉のお守りとか、
ローマあたりで馬の蹄鉄を魔よけに下げるのと同じようなもんですね。

ところで、ふと疑問に思ったんですが
前述のマーサ・スチュワートのようなオールマイティな
カリスマ的ビジネスウーマンは日本にはいないよねぇ・・・・・?
ちょっと前でいうなら、生き方のお手本ターシャ・テューダーとか。
思い当たる人がいたら、教えてください。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.12(Tue)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
大気汚染とデトックス
今日の記事は長いです。大気汚染や
デトックスに興味のない方はスルーしてくださいね。

  *****************
中国のPM2.5やPM10が日本にも影響しているとの
ニュースが出てから久しいですが、デリーNCRでも
雨季が終わり乾燥期に入るとともに、大気汚染が深刻な
問題になっています。

ようやく昨今新聞などでも取り上げられ、問題視されるようには
なったものの、今までは「季節の変わり目だから、喉が痛くなる」
「体調が悪いのは急に寒くなるから」で風邪薬を飲んで
済まされてきたことなのです。今でも教育を受けていない人たちには
なんら把握できていないこの事実。これといった対処法があろうはずもありません。
南デリー、R.K.Puramの大気汚染情報はコチラ
R.K.Puramって息子の学校があるところですよ~。大丈夫かいな。

おまけにディーワーリーの花火や爆竹で、更に空気が悪くなっていますし。
吸引を防止するためには専用のマスクをする、できるだけ
外出を控える などの予防策がのぞましいのですが
そうとばかりも言っていられないので あれこれとデトックス法を
取り入れることにしています。それとて体内に入った毒素を完璧に
排出できるわけではないけれど、やるにこしたことはないですよね。
なにもしないでいると体内に蓄積されるだけの有害物質、
キレート作用(Chelation:体内の有害物質をキャッチして体外に
排出する作用)のある食品によってデトックスを心がけます。

われらデリーNCR在住者の強い見方、ストロベリーファームでも
入手できる野菜の種類が増えてきました。
(「せっかく行ったのに、収穫できそうなものを売ってくれない」との
声を耳にしましたが、もともとこのファームはホテルへの供給が
メインの農園です。ホテルへの毎日の供給のあと、余分を私たちが
分けてもらっているというスタンスなんだと思いますよ。)
先日ゲットしてきたのは左から、青梗菜、ちぢれ小松菜、
スイス・チャードに葱
tejfarm091113a.jpg
レタス、貝割れ大根、水菜、白菜、品川かぶのような(?)大根
tejfarm091113b.jpg
キレート作用がある、といっても栄養素まで
排出されたんでは困るので、あわせてカルシウムやミネラル分は
補給せねばなりませんので、これも覚えておいてね。
(具体的には黒ゴマや海藻類がこれにあたります。)

そのキレート作用を持つ食品とは・・・・
玄米、はと麦、そば粉など
ゴマ、大豆、グリンピース(味噌も含む豆製品)
玉ねぎ、にんにく、ブロッコリー、レンコン、オクラ、
コリアンダー、ニラ、葱
海藻類
いわし、さんま、アジなど
りんご、レモン
そして、肝機能を高めるためのターメリックも。

・・・・ってここまで読んで、ハタと気づきませんか?
「カレー」には解毒作用があるんじゃないかって。
上記のリストに照らし合わせても、オクラカレーや
ブロッコリーカレーにコリアンダーをかければ
キレーションには理想的ってことですよね。

さてさて、スイス・チャードってなに?っていう方、日本では
フダン草と呼ばれ、地中海料理などには多用されています。
カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが
豊富で、呼吸器系を整えるのにも効果的な野菜。
生でサラダに入れたり、ゴマ味噌和えにした、豚肉と炒めたり。
さっと茹でて、茎の部分を細かく刻んで黒ゴマと一緒に
玄米ご飯に混ぜ込み、葉っぱでくるんでこんなおにぎりにしても。
ちりめんじゃこなどを混ぜるとカルシウムも取れますよね。
茹でるとかなりの色素が出るのでびっくりしますが、
ご飯がほんのりピンク色に染まって可愛いですよ。
swisschard-onigiri.jpg
金属デトックスを主体に考えたある日のごはん。
玄米ご飯+黒ゴマ (以下、左回りに)
小松菜のおひたし(カルシウム補給)
レタス・水菜・ザクロのサラダ(ビタミン補充)
チキンカレー、蕪の葉・コーン・ジャガイモ・玉ねぎ・にんにく入り
青梗菜と卵・ワカメのスープ(ビタミン・カルシウム・カリウム補給)
detoxplate101113.jpg
その他、「半身浴」とか
三ヶ月に一回程度の断食もデトックス効果あり。
(インドでは宗教的に適度に断食とからめたお祭りがあり
これも理に適っているんだなぁと妙に感心。)
アーユルヴェーダマッサージや
酵素ジュースなども含め、自分にできる範囲で
有害物質を排出する努力をしたほうが、
ぶつぶつ文句言ってるよりもずっと現実的で建設的ですよね。
とりあえず、一日一品カレー+コリアンダーの刻んだの
・・・って、ゆる~くはじめてみるのもいいかもね。

さて、明日の献立は何にしようかなっと。

今日も 応援クリック ポチッっと↓↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.11(Mon)  青蓮日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
恋焦がれた人に会いに
デリーNCR在住なら、ハウズ・カース・ヴィレッジの
おしゃれ空間、The Roseホテルに行ったことがある方も
多いと思うんですが、そこで今月はJapan Monthと題した
催事を開催中なんです。オープニングには小野雅子さんの
ダンスパフォーマンスもあったんですよ。
CAMELLIA JAPONICA期間は11月8日から21日まで。
rose-japannite.jpg
ホテル内のCALICOショップには可愛い新作お洋服や
小物がお目見えしていますし、レストランでは
Tokyo Platterという日本式カレープレートなどもありました。

20時から行われたオープニングに行ってきたのですが
ワタクシ、こう見えて(?)実はこれが初の単独「夜のおでかけ」!!
(日本人会の忘年会は別として~~)
だって、ど~~~うしても会いたい人がいたんだもの~

まずはおやつ新報の千香子さんでしょ~
camelianite081113-1.jpg
そして、CALICOのお二人でしょ~
やっとやっと念願かなってお目にかかれたんですよ。
人って、めぐりあうべきときにちゃんとチャンスが来ると
思っているので、時が満ちたってことですね。嬉しい~~
camelianite081113-2.jpg
限定販売の千香子さんの手作りお菓子をいの一番にゲット!
そして本にはサインをしていただいて。
たしか一昨日日本から戻っていらしたばかりのはず、なのに
贅沢におフランスの材料を使った焼き菓子がいっぱい!
今すぐ食べたいという息子を制して、可愛いパッケージのまま
飾っています。
camelianite-oyatsu.jpg
いやいやそれにしても。
夜のハウズ・カース・ヴィレッジってはじめて(?)行ったんだけど
ディスコやらレストランやらそりゃもうきらびやかで、若者たちがあふれていて、
デリーの別の顔を見た気がしました。
(そんな中を浴衣で闊歩する変なオバサンは私でした。ww)

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.09(Sat)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
お肌のお手入れ190ルピー
どこの国に住んでいても、美容ネタは女性の関心ごとの
上位を占めていますよね。
水が硬質で、お肌や髪が荒れやすいインド暮らし。
シャンプーは何使っていますか?とか
基礎化粧品はどこのを?とかたずねられますが

ほんっとにもうしわけありません。ほぼお役には
立てそうにないのです~

いつも書いてるとおり、私、面の皮は厚くても肌が弱いので
いろんなものを塗ったりできないのです。
洗顔料や化粧水でもまけたりするので・・・・・・

例年今頃、デリーの空気が乾燥しまくる季節になると
ほっぺの皮膚がカサカサになり、粉ふき芋状態で
化粧水などをつけるとピリピリ沁みていたんですよ。
それが、去年からあるもの一辺倒のスキンケアに変えたら
ぴったりトラブルが収まりました。

そう、巷でウワサのあのNIVE○の青缶・・・・
というか、インドの場合にはプラスチック製の青い容器に
200mlたっぷり入って190ルピーという、アレですよ。

朝は水でしっかり洗ったあと、これひとつでケア。
お化粧はこれとクリームファンデをまぜまぜして塗り
その上にパウダーをパフパフ。
化粧落としはこれで。
夜寝る前にもこれをぬりぬり。髪の毛が乾燥してるときもこれで。 
リップクリーム代わりにも。

以前たずねられたときに「私はニベ○一辺倒!」と
答えたら、その場にいたマダムたちがドン引きしてましたけど
ほんとなのよ。ネットで話題になってるように、これと
あの高級化粧品ラ・メー○の成分はほぼ同じだっていうから
あながち間違ってはいないと・・・・・信じています。笑

ちなみにシャンプーはオーロヴィンド・アーシュラムの売店に
あるのをそのときの気分で適当に買っています。

今までの人生で、気合入れすぎたときに限って
なにかが起きたので(デートのときに限ってアイラインにまけて
目が腫れてやばいことになってたり、結婚式の前日に何かにまけて
唇が2倍になったり・・・・)これくらいゆるくて丁度いいのかも~。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.08(Fri)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
適正価格はどれ??
ディワーリーの買い物やら、友人知人との会食やらで
じっくり昨今の物価を見渡してみましたが
おしなべて南デリーやグルガーオンのモールなどは
もれなく高い。そしてホテルでの食事は目玉が飛び出るほど高い。
シャンペンがついているとは言え、サンデーブランチで3500ルピーって
どうなのよ・・・・・って思いませんか??
しかもサービスタックスやらチップやら含めると更に3割ほど
高くなるわけですから。

外食費用の高騰はインド人にとっても痛いはず。
ましてや外食産業がはばをきかせだしたのは12~13年前からで
それまでは「おうちごはん」が主体だったインドですもんね。
ちょっとまともなレストランで食べたら、一食500ルピー以上・・・って
絶対困ってるはず。たまの外食とはいえ、ねぇ。

と思ってたら、やっぱり庶民のお財布に優しいものがありました。
コンノートプレイスの外周沿い、シャーンカル・マーケットの近くに
ラージマー・チャーワルが一皿40ルピーってお店。
立ち食いですが、この行列具合が需要の高さを物語ってますよね。
rajmachaawal.jpg
先週なかば、チャレンジャーなデリーマダムと一緒に
インディアンコーヒーハウスにランチに。
二人でおなかいっぱい食べて200ルピー弱。いいわぁ~~
少々プレゼンが悪かろうが、店員の愛想が悪かろうが
ぜ~~んぜん気にしない。その後に立ち寄った
スタバでコーヒー一杯200ルピー・・・・・・なんか腑に落ちない。笑

先日お菓子を買いに行ったオールドデリー。
その途中にど~~~うしても食べたいものがあるんです。
気候も涼しくなってきたことだし、道端フーズ探検隊の再開!
この、道端にあるチャート屋さんのダヒー(ヨーグルト)が
甘酸っぱくて、なんとも美味しいんですよ。
chaatbhandar.jpg
これがダヒー・バッラなるもの。
下から順にバッラというスポンジケーキみたいなもの
パープリーというパリパリのせんべいみたいなもの
茹でジャガイモ、ヒヨコマメ、石榴や生姜の千切りなどをのせて
最後にとろとろのダヒーとチャトニー(緑のは辛い、
赤いのは甘酸っぱい)とブジヤ(ベビースターラーメンみたいなもの)を
かけて、食べるのです。これで70ルピー。結構おなかいっぱいになります。
ballapapri.jpg
いつもはパープリーにダヒーだけで、他には何もいらない・・・・と
言うので変な顔されるんですが、この日はオットと半分こしたので
仕方なくあれこれかける羽目に。ほんとはここのダヒーだけを
ごくごく飲みたいくらい。笑

この店、車で乗り付けてお持ち帰りする人がすごいんです。
ゴールガッパもおいしいんですが、注意書きがまた笑えて
「お持ち帰りパックは二人分以上でお願いします。
ダヒー・バッラにはゴールガッパのスープはつきません。」って
あたりまえやん!ってことがわざわざ書いてあるってことは
いろんな無理難題を押し付けるお客さんが多いんだろうなぁって
それもまたインドらしくておもしろい。

・・・というわけで、私の適正価格はやっぱり
お財布に超優しい道端フードが基準です。

奥様、これから焼き芋が美味しいシーズンですわよ~~。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.07(Thu)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
菜食の日のごはん
インド最大のおまつり、ディーワーリーの話題が
続いておりますが、今日はお料理レシピです。
ディーワーリーは「菜食」の日なんですね~

ですから、ご飯もヴェジ仕様。
ヴェジ・プラオの作り方をご紹介します。
(レシピはパーティ仕様、8人分になっていますので
ご家庭では半量で作ってみてね。)

材料:
バスマティーライス 6合
パニール(インドのカッテージチーズ)250g 賽の目切り
玉ねぎ 日本サイズのものだと二個半、インドのは小5個 くし型切り
にんじん 小さめのいちょう切り
コーンなど お好みの野菜
ピーマン 1.5センチ角
ブロッコリー 小さめひと玉、一口サイズにしておく
(画像↓↓ではにんじん・コーンは冷凍ものを使っています。)
vegpulao-veggies.jpg
A)香辛料類
ベイリーフ 4~5枚
粒胡椒 20粒ほど
カルダモン 4~5個 割ってつぶしておく、皮も使用
クローブ 15個ほど
シナモン 1本の半分を小さく割っておく
メース(ジャヴィットリ)4~5個

塩 大匙2
ガラムマサーラー 大匙1
唐辛子パウダー 小さじ1
クミン 大匙1

サラダオイル 大匙5
コリアンダーリーフ 適宜

vegpulao-spices.jpg
賽の目切りのパニールを素揚げしておく。
うっすらと角に焦げ目がつくくらい。(型崩れ防止のため)
vegpulao-paneer.jpg
サラダオイルにクミンを入れ、きつね色になるまで熱し
玉ねぎを加えてじっくり黄金色になるまでいためる。
vegpulao-onion.jpg
しっかり炒めた玉ねぎ三分の二をお皿にうつし、
残りに7合分の水を足し、A)の香辛料、塩を
全て加えてスープを作る。ぐつぐつ煮立てて大丈夫。
味見をして、ちょっと塩辛いと感じるくらいでOKです。
vegpulao-soup.jpg
半量の米を鍋に敷き詰め、その上に炒めた玉ねぎ、
にんじんなど固めの野菜をしきつめる。
vegpulao-1layer.jpg
米をさらに入れ、上にすぐに火が通るもの、
予め揚げたものなどを乗せる。(ブロッコリー、パニールなど)
vegpulao-2layer.jpg
作ったスープを加え、蓋をして中火で炊き始める。
水分がなくなってきたら、弱火にして10分。
炊き上がる寸前にピーマンを入れて火を止める。
vegpulao-mix.jpg
コリアンダーのみじん切りを散らして
できあがり~! ダヒー(ヨーグルト)や
サブジー(カレー)と一緒に召し上がれ。
vegpulao.jpg
熱々スープを使って湯炊き法でやるほうが
バスマティライスがパラパラで薫り高く仕上がるようです。
日本のカレーとも相性いいよ~。ためしてみてね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
祭りのあと
ディワーリー当日は長~~い一日でした。
朝一番で花市場へ花輪を買出しに。これは
祭壇を飾ったり、玄関の飾りとして使います。
お祝儀相場でいつもの倍くらいの値段になってますが
何せ花市場のものは新鮮なので、やむを得ず。
marigold-mango-mala.jpg
来年はばら売りのマリーゴールドを買ってきて、自分で
好きな長さにつなごうかな・・・・・って、時間的に余裕ないない。
緑の葉っぱはマンゴーの葉です。

プージャー(お祈りの儀式)のお供えに使うバラの花
すでに花の部分だけがプージャーに使いやすいように切られています。
puja-rose.jpg
今日のプージャーを境に、新旧の「ディーワーリー(ラクシュミー・ガネーシュ神を
お祀りする小さなお社、右手が新しいもの)」やラクシュミー神、がネーシュ神の像は
交代。古いものは我が家の場合にはお寺にお返しに行きます。
菩提樹やマンゴーなど大木の根元に置いておく場合も。
new-old-diwali.jpg
プージャーで灯りを灯すとこんな状態に。
この下の段には、メインとなる大きめのディーヤー(灯火
ギーを入れ、一晩中火を絶やさぬようにします)や
毎年少しずつ足していく金貨・銀貨・コイン類を入れたお盆や
お供えフルーツの乗ったお盆などがあります。

一連のプージャーが終わらないと食事できないので、
夕ご飯は21時近くになり、おなかぐぅぐぅ。
お祭りで豪華に食事~~!と行きたいところですが
ディーワーリーは菜食なんですよ。
diwali-chotes.jpg
さてさて、毎年ディーワーリーで一番迷惑しているのがこのお方。
各家で日暮れ後にプージャーをしてから
みんなが花火や爆竹でドッカンドッカン大騒ぎしますから
深夜まで落ち着けないらしく、居場所を求めてウロウロ。
jackie-diwali13.jpg
もうひとつバイヤ・ドゥージという兄弟の無事息災を祈るお祭りが
5日に控えていますから、それまでお祭り気分はぬけないかな。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.04(Mon)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
Happy Deepawali ! 2013
diwaligreetings2013a.jpg
お祝い事がみんなまとめてやってきたような
インド最大のお祭り、ディワーリー。

みなさまの新たな一年が
健康に恵まれ、希望に満ちた
幸せなものになりますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.03(Sun)  インドの祝祭日COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
ディワーリーを境にいなくなるモノ
ディワーリー休暇に入り、早くもデリー(グルがーオン)を
脱出し、シンガポールやタイ、ドバイやらモルジブで
休暇を満喫する邦人も多い昨今。

ディワーリー渋滞やディワーリーの花火により
いつもに増して大気汚染がひどくなるのがイヤだから
国外へ脱出!!
という人もいるかと思えば、郷に入っては郷に従えだから
インドにいる間にしか体験できないことをやってみる
とライトやらディーヤー(灯明)、花火を買い込んで
楽しみにしている人も。

我が家はディワーリーの一連の行事がありますからね
ヨメはそれを取り仕切らねばなりませんから、どっぷり
デリーで過ごしていますよ。

爆竹や花火ですごい煙が出て、空気は汚れるし
ジャッキー(うちの犬)は花火におののいて落ち着きが
なくなってビクビクしているし・・・・・と大気汚染は
免れないのですが、いいこともあるんですよ。

ディワーリーの花火の煙で一掃されるのか、この時期を
境ににっくき蚊がいなくなるんです。
ちょうどこの時期から気温が下がりはじめるのも要因でしょうが
デング熱の媒介となる熱帯シマ蚊に戦々恐々としていたころを思うと・・・・・・
もう「蚊取り線香を焚きまくり、ODOMOS(蚊よけクリーム)を
ぬりたくらなくても良くなるってことですよ。

ただし、空気が乾燥している上に気温が下がりますから
喉をやられないように、うがいをして、保湿を心がけねばね。

ダンテーラス(ディワーリー1日目、新しいものをはじめる、
貴金属・金物・車や電化製品などを買うと良い日)の夕方に
ちょいとディワーリー用のお菓子やナッツ類など買い物に・・・
と出かけたとたんにヴァサントクンジのモールのところで
渋滞にあい、すっかり戦意をそがれてUターンしてきた根性なしですが
また土曜日の午前中にリベンジだぁ。

土曜日はチョーティー・ディワーリー。
日が暮れたら灯明を3~4個灯して、前夜祭です。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
↑↑ 早くディワーリーが終わってくれんと、かなわんで
爆竹・花火はイヤじゃ・・・・と思っているジャッキー。

2013.11.02(Sat)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
我が家の女神は竹輪を持って。
日本でいうならお盆とお正月ともろもろのお祭りが
ぜ~~んぶ一緒にやって来た!! みたいなのが
11月3日のディワーリーというお祭りです。
(移動祭日なので、毎年日にちがかわります)

ラーマーヤナの主人公、ラーマ王子が14年の放浪の旅を終え
アヨーディヤーに帰還したのを祝うお祭りであり、
デリーでは特に、富の女神ラクシュミーと象神ガネーシュを
お祀りする期間でもあります。

11月1日はディーワーリーの第1日目、ダンテーラス。
「ダン」とは「富」、「テーラス」とは「13日目」という意味で
この日に何か新しいことをはじめると良いとされています。
また、車や金銀製品・宝石・鍋などのステンレス用品を
買うと良いとされているので、マーケットがごった返す日。

2日はチョーティー・ディーワーリー(小ディーワーリー)と呼ばれ
数個のディーヤーを灯して、ディーワーリーの準備をする日。
3日がディーワーリー当日。家中にディーヤーを灯し
ラクシュミー女神、ガネーシュ神へのプージャーが行われます。
各家庭でプージャー(お参り儀式)のあと、全員で外に繰り出し
花火や爆竹で遊ぶのもこの日。
4日はパリワーと呼ばれる日で、ヒンドゥー暦のお正月にあたり
最終日5日はバーイー・ドゥージで「兄弟姉妹のお祭り」です。
女性は自分の兄弟の健康と幸運を祈ってプージャーを行い
お返しに男性は自分の姉妹に贈り物を贈るのです。

そんなお祭りを前に、我が家には女神が「竹輪」をもって
やってきた~!・・・・って、以前デリーに駐在していた友人が
ディワーリーの時期にデリーに遊びに来てくれて
私がここ一月ほど夢に見るほど食べたかったチクワやら
さつま揚げやらお宝を沢山運んできてくれたのですよ。泣
西京漬けやら、焼き豚やら、もう涙が出るセレクション。
foodstuff2.jpg
早速今日の晩御飯は山椒のきいた湯葉の炊き込みご飯と
チクワと(これがメインといっても過言ではないくらい、食べたかった!)
シーチキンを入れたサラダ。う~~~ま~~~~。生きてて良かった!
そしてマヨラーな私のために、マヨネーズも。
foodstuff1.jpg
インド暮らしの日本人ならみんな泣いて喜ぶであろう
茗荷、ごぼう、山芋、そして銀杏!
何を作ろう、一番美味しくいただけるレシピは何だろうって
せっせとウェブで検索したりして。
foodstuff3.jpg
お宝はまだまだザクザク出てくる出てくる~
生卵、な・ま・た・ま・ご(注:お・も・て・な・し の
イントネーションで読んでください。)
foodstuff4.jpg
これがどれだけありがたいものか。
やっぱり王道はたまごかけご飯でしょう。
foodstuff5.jpg
実は私、日本にいたときには卵食わず嫌いでした。
でもデリーに住んで、蛋白源が限られているので
卵食わず嫌いを克服。w

そんなわけで、ディワーリーを間近に
我が家にも女神様がやってきた~!の巻でした。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.11.01(Fri)  インドの祝祭日COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin