□  2013.07 □  06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08
プロフィール

neelkamal

  • Author:neelkamal
  • デリー在住、兼業主婦。
    不思議満載インドでの
    暮らしや習慣を紹介中。

    にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



    人気blogランキングへ
最近のコメント
気になるインド本

月別アーカイブ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
不思議あれこれ、解明します
先日から、数名のデリーNCR在住者に
「オレンジ色の服を着て、方に派手な天秤のようなのを
かついで歩いているひとたちは、ありゃ何ですか?」と
尋ねられました。 シヴァ神の信者たちのカーンワリヤーと
呼ばれる巡礼の時期なんですよね。
詳しくは、昨年のこの時期にご紹介した記事がありますので
コチラへどうぞ。

例年だと熱心な信者さんたちは、ガンガー源流の氷河に近い
ゴームクという地まで聖水をとりに行くのですが、今年は
6月の集中豪雨からまだ復旧されていない箇所が多いので
いつもに増して、ハリドワルが混雑したようです。
カーンワリヤーも今年は7月28日、日曜日が一応最終日でした。
(まだとぼとぼ歩いている人を見かけますけどね。)

イスラムの断食月はいつまでですか?とも聞かれました。
ラムザーン(ラマダンとも)は8月8日までとなっていますよ。
夜明け前に朝食をとり、日が高いうちは一切のものを口にせず
夕方その日の断食開けのイフタールと呼ばれる食事を食べるのです。
その、イフタールを多くの人と食べようと、オールドデリーの
ジャママスジッドは大混雑。去年のラムザーンのようすはコチラで。

その、断食に入る前の食事や断食開けの食事も
厳密にいうと時間がきっちり決まっていて、
さらにはスンニー派かシーア派かでも10分ほどの
時間のずれがあるのです。

この国に住んでいると、本当に「宗教の力はすごい」と
身近で感じる機会が多いです。
息子の学校だって、各宗教の祝祭日がしょっちゅうお休みになるから
お祭りの多い季節には、ほんとに一体いつ勉強するんだろう と
思うことも。

デリーの情報でしたら共有できることが多いので
すっかり自分が「おばあちゃんの知恵袋」な気分でいる昨今です。
一雨ごとに凌ぎやすい気候になってきたことだし
新たな情報探索を本格化しますかね。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
スポンサーサイト
2013.07.31(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
新たな出会い・おフランスの風
以前、デリーやグルガーオン、ノイダに住んでいる邦人は
本当に役者がそろっていて、パン作りでもお裁縫でもなんでも、
プロ級の人が沢山いるんだ・・・ってことを紹介したことがありました。

今日おじゃましたお宅のマダムも、何冊もお菓子の本を
出版しておられるお菓子ジャーナリスト、「おやつ新報」の主。
ワタシ、ひとめ会ったそのときから、恋に落ちてしまいました。
(私にも作れそうなお菓子のレシピがいっぱい載っている本
「おやつ新報へようこそ」。↓)
oyatsushimpo290713a.jpg
その主の名は多田千香子さん。
とっても気さくで、サービス精神満点で
フランスのことを語らせたら、情報満載おもしろ満点。

フランスのチーズやら、チョコレートやらのお話を
たっぷりとうかがって来ました。
oyatsushimpo290713-b.jpg
パリの有名店のチーズ、
画像手前からコンテ、アバンドンス、オッソ・イラティの順で。
私が今まで食べてたチーズはなんだったの~?ってくらい
それぞれ味も香りも特徴的で美味しかったです~

アラン・デュカスのチョコ専門工房のチョコレートやら、
ピエール・エルメのパット・ド・フリュイ(フルーツゼリー)やら。
もう、こんな贅沢して良いんだろうか~と思えるような
味見のオンパレード。し・あ・わ・せ!
oyatsushimpo290713d.jpg
一緒に参加していた友人のフランス土産と
本日の先生の手作りブラウニーをお土産にいただいて
どっちもラッピングからオシャレだよ~。
oyatsushimpo290713c.jpg
白状しときますけど、私はフランス語が大の苦手。
あわや大学卒業単位がとれないかも・・・・となった
そのただ一科目がフランス語でした。
Il pleut.(雨が降る って慣用句)を
単語のまんま「彼が落ちてくる」って書いて
こっぴどく教授に叱られたのがトラウマになっています。

今日もね、チーズの名前「オッソ・イラティ」ってのを聞いて
一人で「おっさん、イラチやな~」って脳内変換していたことは
ここだけの秘密。

今日も 応援クリック ポチっと↓↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.30(Tue)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
ファームさまさま
デリーNCR在住の日本人の強い味方!と言えば
通称「ストロベリーファーム」と呼ばれている農場。
その名の通り、冬の間はイチゴの出荷が盛んですが
ハイアットホテルに野菜を卸しているファームなので、
近所の野菜屋さんでは手に入らないようなオシャレな野菜が
手に入るのです。夏の間はスーヨー胡瓜があったし
冬になるとロマネスコも作っているのよね。

モンスーンのひどい雨降りで、さぞかしぬかるんでいるだろうなぁ
と思いつつ、一時帰国からデリーに戻って早一ヶ月
久々にファームに行ってみました。オクラがそこここに。
farm-jul13a.jpg
まだ暑いので、レタスはじめ葉っぱものは今ひとつですが
バジル、三尺ささげ、ポワロー(リーク)、ミニトマトに
farm-jul13c.jpg
空芯菜、葱、ルッコラなどをゲット。
葉っぱものはどれも1キロ200ルピーなので、ちょっと
高めですが、それでもビッグバザールやル・マルシェの
野菜売り場よりは安いです。
空芯菜の虫食い具合が、いかにも無農薬っぽいじゃありませんか
farm-jul13b.jpg
土曜日、買って帰ってすぐに、バジルソースを作り(葉っぱだけで300グラムも!)
バジルソースとミニトマトを使って薄焼きパリパリピザを。
出来上がりにルッコラをのせて、美味しくいただきました。
280713pizza-basilsauce.jpg
日曜日のお昼には、ポワローの白い部分を刻んでせっせと
ビシソワーズ作り。上のほうの緑のところも勿体無いので
キッシュに使いました。
280713poireau-quiche.jpg
そして、夕飯は野菜三昧。昼に作っておいたビシソワーズは
冷製で。空芯菜は小エビとにんにくとウェイパーでさっと炒め
ルッコラはベーコン、コーン、ミニトマトと一緒にサラダに。
おととい夜から仕込んでおいた緑豆モヤシでサラダもう一品。
280713salads.jpg
息子からは「え~、肉はないの?」ってつっこまれましたが
たまには野菜たっぷりの食事もいいよね~

ストロベリーファーム、足元がぬかるんでるだろうなぁ・・・と
思いつつ行ったのですが、歩く部分はちゃんとタイルが
置かれているので大丈夫。葉もの野菜は傷みが早いので
(特にルッコラ)摘んでもらったら直行家に帰らねば。

シャキシャキのレタスの季節まではもうちょっとだね~

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.29(Mon)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
インド・毒入り給食事件の背景
日本のテレビや新聞などでも取り上げられている
インドの「毒入り給食事件」

単に日本人が捉える「給食」なのではなく、そこには
インドのさまざまな問題が潜んでいて
日本のメディアでは伝えられていない部分も沢山。
これを機会に、4月からコラム記事を掲載して
いただいていたウェブマガジンに、この問題の
背景、詳細を書かせていただきました。
bougen09.jpg

インドが好きで、インドに興味があってこのブログを
読んでくださっている方々にも

インドに住んでいて、インドの日常のあれこれや
疑問に思っていることのヒントを得るために
ここを訪れてくださっている方々にも

ぜひ知っていただきたいこと。

ただの「給食制度」じゃない、もっと奥深いインドの
教育問題、就学率を上げるための政策、女子教育などなど。
コチラから記事にどうぞ。

これでもまだまだ書き足りないことは
また折をみて、この場で紹介して行きたいと思います。

Have a nice weekend!

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
健康オタクではありませんが
上白糖の弊害が語られだしてから、気をつけて
できるだけお砂糖を使わないようにしていますが
和食は結構糖分を使いますよね。
そこで、上白糖のかわりにインドで手に入る
黒砂糖(グルと呼ばれます)や瓶入りの
デーツシロップや蜂蜜を使っています。

今日スーパーで調達したのは、ヒマラヤ山麓で
採取されているというオーガニック・ハニー
organic-honey.jpg
お次はオーガニック・ごま油。
Down to earthというブランドのものです。
日本製のごま油がもうすぐなくなりそうなので
試しに買ってみましたが、香りがない。
酸化しやすいので、早めに使い切ってしまわねば。

ちなみに調理用にはごま油よりオリーブオイルのほうが
効能が沢山ありますね。
organic-sesameoil.jpg
そして、これを求めてスーパーに行ったのです
フラックスシード。(亜麻の種)
その効能はAll aboutでも紹介されれています。
flaxseeds.jpg

・・・・これだけ見てるとよっぽど健康オタクなのか
って感じですが、さにあらず。
単に試してみなきゃ気がすまないだけで。
なんせフラックスシードなんて、たっぷり入って
たったの40ルピーですから。オイルだと酸化しやすいので
これを粉末にして摂ってみようかな~と。

さて、数時間遅れでアップされる「ぴんとこな」を
観るとしますかね~ ワクワク。
(そのほか、今期はまっているのは Woman と
斉藤さん2 と 酔いどれ小籐次です。
あっ、忘れちゃいけない一番楽しみな 半澤直樹 も!!笑)

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.26(Fri)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
修理できないものはな~い!
日本では忘れられてしまった
「壊れたものを修理して使う」感覚。
ここインドでは、壊れたものでも修理して
長く大事に使うのが当たり前。

ローカルマーケットに行くと、ありとあらゆる
修理屋さんがいます。靴の修理はもちろん
圧力鍋、ガスコンロ、ジッパーの壊れたバッグ
スーツケース・・・・なんでもそれなりに修理可能。
底のとれたスリッパだって、鼻緒の裂けたビーサンだって
お茶の子さいさい。

我が家では正規代理店で修理できないといわれた洗濯機
(部品がない、と断られた)の、部品そのものを
銅線を巻き巻きして作ってもらい、使えるように直してもらったことが
あります。

デスクトップのコンピューターも、正規のお店だと開けて
どこが悪いか、故障しているか確認するだけで1,500ルピーと
言われたのですが、町の修理屋さんのお兄さんが
壊れた部品を修理してくれて、復活。

そんなふうに、なんとか形にすること、
どうにかこうにか使えるようにすること
間に合わせのものでなんとかやりくりすることを総称して
「ジュガール」と言います。ウルドゥー語由来の
ヒンディー語ですが、インドやパーキスターンはじめ
多くの南アジア諸国でも通じる単語。

我が家のリノベーションをした時に、なんでも屋さんみたいな
下働きをする男性のあだ名が「ジュガール」でした。
(床のタイルをハンマーひとつでゴンゴンたたいてはがしたり、
壊したレンガを階下に運んだり、力仕事全般。はては
大工さん、職人さん全員のチャーイを作り、夜は
工事途中の現場で寝泊りしてもらっていました。)

いろんな車の部品を寄せ集めて作ったトラクターのような
乗り物のことも「ジュガール」と呼びます。
そう考えてみると、この国では本当に
修理できないものはないなぁ・・・・
ひとつの店で修理できない、と断られても
他の店でやってくれるし。

でもね、「修理すれば使えるかも・・・」ってものが多くて
家の中がち~とも片付かないのも困りますけどね。へへへ

ところで、昨日のフェアトレードの話題に関連して
年に数回実施されるダストカールという団体のバザー
来年春までのスケジュールが出ています。
(クリックしたら大きくなるので、じっくりチェックしてね)
dastkar-eventcalendar2013.jpg

特に品物が充実するのは10月のバザール。
布ものが好きな方は11月末~のWinter Weavesがおすすめ。
スケジュール帳にメモメモ、ですよ

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
フェアトレードの民芸品
先日ご紹介したバラタ・ナーティヤムの学校
Ganesh Natyalayaがあるのは、デリー南部の
クトゥブ・インスティテュート・エリアという地域。
その名の通り、大学や各種学校、政府の役所や
国立学校(ケーンドリヤヴィッディヤラヤ)本部などがある地域です。

そこに私が好きなフェアトレードのお店がありまして。
曲がり角の、目に付きにくいところにあるので
見つけられなかった・・・・という方もいらっしゃるのですが。
Kala Aparajitaは低所得の職人さんたちの自立を
促す目的で運営されているお店。
オリッサ、グジャラート、ジャンムー&カシミール、
西ベンガル、ラージャスターン、インド東北部などの
民芸品が置かれています。

先週買ったものは、トレー(グラストップで、間に
ブロックプリントの布がはめこまれています。750ルピー)
tray-ka.jpg
涼しげなガラスのナプキンリング。
ポチポチとかわいい加工がしてあるのに、なんと
ひとつたったの50ルピー。
napkinring-ka.jpg
そして、いつも決まって買うのはこれ。
とてもよい音色のドアベルなんですが、ひとつひとつ
手作りなので、ひとつとして同じ音色のものがないのです。
いろんなデザインがありますが、私のお気に入りは
この「ディヤ(灯火)」の模様。
doorbell-diya-ka.jpg
Kala Aparajita とは Invincible Artのこと
つまり「無敵の芸術」とでも申しましょうか
インドの職人さんが作る民芸品は、何にもかえがたく
貴重である、ということ。

フェアトレード価格で売られている、
何かしら掘り出し物がみつかる、
というのもお気に入りの理由にひとつ。

でもね、海外輸出が主なので、時期によっては
とっても品薄なことがあるのが玉に瑕。
しかも夏の暑い間はお客さんも少ないとあって
蜘蛛の巣がはってたりして。「掃除しようよ~
こんなとこに蜘蛛の巣がはってたら、買い物する気が
失せるよ~」ってマネージャーさんに言っときましたから
綺麗になってるはず。笑

世界各国輸出先のクリスマスマーケットにむけて
来月・再来月と各地に仕入れに行くそうなので、
9月末~10月が新商品充実のねらい目だと思います。

どうせ買い物するならフェアトレードものを。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.24(Wed)  雑貨COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
たまにゃ~手抜きしたいよね
お料理は好きなので、毎日の食事の準備は
苦にならないのですが~
蒸し暑かったり、雨降り続きだったり、なんだかんだで
気分が乗らないときだってありますよね~
そんなときは外食がラクチン!

ピュア・ノンベジタリアン(!)で三人そろって大食漢の我が家では
まず「リーゾナブルな値段で、お肉が食べられるレストラン」が
行き先になります。

最近のお気に入りは、ヴァサントクンジのDLFプロムナードにある
Nando'sというレストラン。もともとは南アフリカから始まった
このお店、Peri Peri Chickenが名物で、メニュー考案者は
ポルトガル人。 なのでポルトガルの幸運のシンボル、
ガロ(雄鶏)がロゴマークに使われています。
ここに行ったらまずはチキンを~!
Peri Periソースの辛さを指定して、注文。
一匹丸ごとを4ピースに分けたものに、好きなサイドディッシュを
選びます(大盛2種類または小盛4種類)。
nandos-jul13.jpg
Nando's、5月にオープンしたてのころはそりゃもう
すごい行列で、1時間待ちなんてザラだったんです。
今も20時過ぎ(インド人の夕食時間)に行くと、行列が。
なのでちょっと早めの19時ごろに行くようにしています。
上記のもので、3人でお腹いっぱいになって850ルピー+税金。

ここの良心的なところは、おかわり自由のソフトドリンクが
90ルピーなこと。食後のコーヒーも90ルピーから。
いまどきモールの中でこれだけの綺麗で立派なレストランで、
こんなお値段でドリンクを出すところは少ないですよ。
もちろんアルコール販売ライセンスもあるお店なので
チキンをつまみにビールも飲めますよ。

そして~。もう一軒はディフェンスコロニー
(というより、ムールチャンドのDDAマーケットといったほうが
ドライバーさんには伝わりやすいかも。Flavorsという
レストランの、公園をはさんで向かい側です。)
以前、Le Petit Barというフレンチビストロが
あった場所に、新たなビストロがオープンしましたよ。
(ル・プティ・バーのオーナーシェフは、GKにある
レストランに移っちゃったのでね。ル・プティ・バーのポークスチョップ↓↓が
安くて量もたっぷりで、お気に入りだったんですけどね。
質より量の私らしいチョイス。ww)
le-petit-bar-porkchop.jpg

新しいビストロの名前は Le Bistro Du Parc。
かわいい女性シェフがいて、一歩お店に入ると
本当にパリの街角のビストロに入ったような感じ。
お値段も良心的です。サラダが200ルピー~
メインは500ルピー前後といったところ。
le-bistro-du-parc13.jpg

現在は「夏季メニュー」期間中で、日替わりもあります。
ここも少し早めの時間帯がおすすめ。ランチは12時~15時です。
予約を忘れずにね。
A-57, 58, 59 Moolchand Market,
Defence Colony, New Delhi, India 110024
Tel:011 4678 0080
(注:上の写真のポークチョップはメニューにありません。)

こうやってレストランで食事すると、怠け癖がついちゃうんだけどね~
(あ、そりゃ私だけですか。へへ)

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
そして 体重「象」化 まっしぐら ってか。
2013.07.23(Tue)  食文化COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
ダンス・ドラマ(バラタナーティヤム)を観に
「ヤショーダラー」と題されたダンス・ドラマを観に行きました。

インド古典舞踊、バラタナーティヤムを基本に据え
著名なグルジー(師匠)サロージャ・ヴェーディヤナタン師の率いる
ダンススクール、ガネーシャ・ナティヤラヤの作品で、初演です。

ヤショーダラー(耶輸陀羅)とは、お釈迦様が出家する前
シッダールタ太子だったときの妃の名前です。

お釈迦さまの物語は生まれる前の「前生譚(ぜんしょうたん)」
から続くのですが、ここではこのダンス・ドラマの主役である
ヤショーダラー妃に関することをご紹介したいと思います。

釈迦族の王子であったシッダールタ太子が12歳のとき
ある聖仙が次のような予言をしました。
「万が一この子が老いや病や修行者を目にしたならば、
この子は宮殿を去り苦行者となるであろう。」

心配したシュッドーダナ王は、シッダールタ太子に
季節ごとの豪華絢爛な3つの宮殿を与え、
外が見えないような高い塀を築き、何不自由ない生活をさせました。
16歳のとき、ヤショーダラー様とご結婚なさり、12年後に
ラーフラ王子も生まれます。
(↓赤ちゃんをあやすヤショーダラー妃・左から二番目)
yashodhara2.jpg
このころ、シッダールタ太子に外界への好奇心が芽生え、
ある日こっそり城を抜け出されたのです。

1日目は東の門から外へ出られました。すると、そこには老人がいました。
シッダールタ太子は「老い」目の当たりにし、恐くなって城へ逃げ帰りました。
2日目は南の門から外へ出られました。すると、そこには病人がいました。
シッダールタ太子は「病」をお知りになり、恐くなって戻りました。
3日目は西の門から外へ出られました。すると、そこで死人を
火葬場に向かう葬列を見ました。
シッダールタ太子は「死」の存在を知り、恐くなって城に戻りました。
4日目は北の門から外へ出られました。
すると、そこには修行者がいました。
シッダールタ太子は修行者の堂々とした姿に感動し、
自分も苦行者となることを決心なさったのです。
これがお釈迦様のはなしに出てくる「四門出遊(しもんしゅつゆう)」の場面です

シュッドーダナ王は、シッダールタ太子が修行者となる決意を固めたことを
知って嘆き悲しみ、何とかして思いとどまらせようといろいろな手を尽くしますが
とうとうシッダールタ太子29歳のとき、城を抜け出します。
「正しい悟りを得るまでは、決して戻らない」と誓いを立てて
自ら髪を剃り、出家したのです。

幼子と自分を置いていなくなってしまったシッダールタ王子。
悲しみに沈むヤショーダラー妃。その後、メッセンジャーから
太子が悟りを開き、仏陀になったとのニュースを聞きます。
沢山の人々が悟りを開いたお釈迦さまの教えを受け入れ
仏教に帰依していきます。
yashodhara1.jpg
それから12年後、お釈迦様がようやく帰城なさったときに
彼女は他の女性衆と共に身を飾り香をつけて出迎え、
お釈迦様の教えを聞きますが、皆が教えを理解し境地に達したとき
ヤショーダラ妃だけはその域に達することができなかったそうです。
yashodhara3.jpg
また、彼女は息子ラーフラを伴いお釈迦様に会いに行き
「財宝を譲って下さい」と息子に言わせます。
お釈迦様はそれを認めますが、ラーフラ王子はお釈迦様の
一行について行き、沙彌(年少の見習い修行者)となったといいます。
(左から三番目がラーフラ王子)
yashodhara5.jpg

その後、教義を理解し、出家しようとしたヤショーダラー妃ですが
なかなか女性の出家を認めてもらえず、再三再四懇願した末、
阿難陀(仏弟子アーナンダ)がお釈迦様に頼んでくれて
ようやく出家を許されたのだそうです。
出家後は自分を反省する事に努め、尼僧の第一人者になったそうです。
yashodhara4.jpg

ヤショーダラー妃は天竺一の美女であった、と窺える記載も
残っており、ヤショーダラー役のダクシナさんは本当に
輝くばかりに綺麗でした。
また、グルジーがなんと老王シュッドーダナ役でびっくり!
バラタナーティヤムのダンスの動きも綺麗で、本当に
夢のような舞台でした。

ヤショーダラー妃とお釈迦様の物語を予め知っておいて
このダンスを観たら、更に感動的だと思われます。
皆様も機会があったら、ぜひ。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.22(Mon)  芸術・文化COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
日々ハッピーに
インドは合う・合わないがはっきり分かれる国
なんて言われます。旅人としてではなくて、
住んでみるとまぁ、腹の立つことも多いし
やるせない場面にも多々遭遇するし
いつもポジティブではいられないこともあります 

が、周りに目をむけて、日々ちょっとした面白いことが発見できたら
かなり心に余裕が出てくると思うんですよね。

たとえば。今日調達した従業員用の飲料水容器。
箱を横から見ると、なんか違和感がある~
nayasa-watercooler1.jpg
上から眺めてもなんか違和感ある~
nayasa-watercooler2.jpg
ぶはは!!
NAYASAって名前の会社なんだけど、なぜにここで
漢字にしちゃったんだろう?
それも微妙に間違ってるし~
誰か日本人にチェックしてもらえばよかったのに~。
nayasa-watercooler3.jpg
そして、斜め前を走っていた車の後部に
なんか違和感が・・・・・
はっ!
クレヨンしんちゃん   もどき。
目の位置がもうちょっと上だったら、ねぇ。惜しいねぇ
shinchanish.jpg
毎朝のモーニングウォークで会う人々。

ご近所のおじちゃん。いつも遠くから、こんな感じで
私に向かって「Good Morning!」って叫ぶ。
ちなみに手にしているのは、そのへんで拾った枝。
一応インド人の正しい散歩姿として、野良犬や
野良豚や野良牛に遭遇したときに追い払うため、
棒を持って歩くことになっている。
この絵を見たあとに、私の散歩コースに行ってみたら
このおじちゃんが特定できるくらい、似ているので笑えるよ。
morningwalk1.jpg
飼い犬は飼い主に似るというけれど・・・・・
この人と、飼い犬のパグとの写真を撮らせてほしいと
長年思っているのだけれど、もうちょっと親しくならないと
怪しまれるかなぁ、と まだ実行できてない。
morningwalk2.jpg
上の二枚はあわてて新聞広告の裏紙に描いたんだけど
結構な秀作なので、(出た、自画自賛)ちゃんとした
紙に描いておけばよかったなぁと反省中。

そんな、ちっちゃな「クスっ」と笑えることを
上手に見つけられるかどうかで、日々のハッピー度は
かなり違うと思うんですがね。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.19(Fri)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
秋休みのご予定は?
一雨ごとに涼しくなりつつあるデリー・・・・ですが
8月末にはまた暑さがぶり返す(!)時期があります。
その頃に、デリーの日本人学校は「秋休み」があるというわけ。
favorite-bougen13.jpg
あと一ヶ月少々で1週間のちょっとした休みがある
と思うと、嬉しいですよね~

この機会にぜひインド国内旅行も楽しんでいただきたいです。
雨季が終わっていればダージリンはおすすめなんだけど。
darj-toytrain2.jpg

水郷地帯、ケーララの船旅もぜひ体験していただきたいし。
spicecoast2.jpg

カジュラホまでの列車の旅もいい経験になると思いますよ。

それぞれ青字の部分をクリックすると、過去にご紹介した記事に
リンクしています。

もちろん、アジャンター・エローラの石窟寺院やら
豪華ホテルで寛ぐ旅やら
ニームラナ・フォートの威風堂々たる赤砂岩の城砦も素敵だし
もうひとつ、デリーからわずか1時間強で行ける、(映画俳優
サイフ・アリー・カーンの先祖が所有していたお城)
パタウディ・パレスも居心地いい空間だし・・・・・・

インド国内、見所てんこ盛り。インドならではの旅を
体験していただきたいですね~

え、我が家ですか?うちの息子は現地校に通っているので
秋休みはないんですよね~。残念無念。
しかも週末を利用してどこかへ行こうにも、
息子は毎週月曜日がテスト・・・・なので週末は遊べない。シクシク

*****

夕方、いまにも雨が土砂降りになりそうだったので
あわてて洗濯物を取り込み、黒い雲に覆われる空をながめながら
雨を待っていたんですよね。 マルヴィヤーナガルでは
膝がつかるほどまで土砂降りだったというので、そろそろ
ヴァサントにも来るぞ~!と待ち構えていたら、どうやら
素通りされた模様。 出先ですご~い雨に遭遇し、
ヴァサントクンジのモールのあたりに戻ってくると、
全然雨が降ってない・・・・・ということがよくあります。

我が家の近くだけ、雨雲が避けて通るのかなぁ。

*****

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
この瓜は使えるか
酷暑期、葉もの野菜がパッタリと姿を消す時期に
頼りになるのが「瓜」類。
indian-gourds.jpg
どれが和食もどきに使えるのか?
インドのゴーヤー(カレーラー)は日本のものより苦味が強いですが
薄切りにして、塩もみして、塩抜きをすれば
チャンプルーなどに使えます。へちま系のものは
煮浸しに。一番使用頻度が高いのは、↑↑写真の上部にある
薄緑色のもの、夕顔の実:ローキーと呼ばれる野菜。
これは「糖尿病」にも効果があるとのことで、インド人の
食卓にもよくのぼる野菜です。

で、本日ご紹介するのは↑↑上の写真の左下にちょこ~っと
写っている小ぶりの瓜たち
パルワールと呼ばれる、長さ5~6センチのぷっくりした
ちっちゃな瓜です。炒め物や煮浸しに使える可愛い奴。
parwal-pointed-gourd.jpg
買うときには「Parwal(またはParval)」であることを
確認しないと、まぎらわしい「ティンドラ」という名前の
見た目そっくりのがあるので、要注意。
ちなみに↓↓左から「ティンダー」、「パルワール」、「ティンドラ」です。
tindaparvalimagecopyrighted1.jpg
パルワールはインドでは輪切りにしてマサーラーとターメリックで
味付けしたカレーやら、皮をむいて縦に切り目をいれて、
マサーラーミックスを詰め込んで、しんなりするまで炒めるドライ系サブジー↓↓に
なるのです。実の部分はズッキーニっぽいので、炒め物にも煮含め系にもOK。
bharwa-parwal51.jpg
皮の食感を残してみようと、こんなふうに縦に四つ割りにして
種が硬そうな部分はこそぎとり、ごま油でさっと炒めたあと
とび魚のだし(博多はこれでなくちゃ~!)と味噌とみりんで
煮浸しにしてみました。
parwal2.jpg
仕上げに鰹節とネギをぱらり。
おかずにも最適、お酒のつまみにもOKな仕上がり。
アツアツできたてもおいしいけど、冷蔵庫で冷やしても
イケます。濃い目に味付けして冷麦などのトッピングにしても美味しいよ。
parwal3.jpg
でもね、皮はやっぱり全部むいた方が口当たりが良いし
半分に切って使えるように、あまりトウのたってない
小さめのを買ったほうがいいですよ。

こんな季節はできるだけ「冷たい」飲み物は避けていますが
免疫力アップ、お肌の調子を整えるために・・・(大量摂取してる
わけじゃないから、効果のほどは???だが、ま、ないよりマシだぁね。)
自家製カル○スを作って飲んでいます~。
calpis-homemade.jpg
ヨーグルトと砂糖とクエン酸を熱湯消毒した瓶に入れて、シャカシャカするだけ。
4~5倍に薄めていただきます。明日はマンゴーピューレを使って
マンゴー味を作ってみるだす。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.16(Tue)  食文化COMMENT(3)TRACKBACK(0)TOP
デリー空港(IGI T3)の待ち時間に
デリー空港国際線、またの名を
IGI(インディラ・ガーンディー・インターナショナル)
日本行きの便が出るのはT3(ターミナル3)からですが

皆さん、いつもT3を利用するときに、何して過ごしてますか?

コモンウェルスゲームスの年にオープンしてから、
免税店やショップもかなり充実し、レストランやバーもあり
ネットも使えるし、かなり快適に時間つぶし(!)ができるように
なりましたよね。

家族や友人と一緒のときにはあっという間に経つ時間も
一人だと持て余すことがあって。

そんなときに必ずふらっと入るのが、Ishanaというお店。
ishana1.jpg

お土産類のお値段はデリーの市場価格を知っているだけに、
ちょっと高いなぁ・・・・と思うんですが、なかなかの品揃え。
出張でデリーに来て、買い物する時間がなかった
という方には有難い、ちょっと気の利いたものがあるお店です。
ishana4.jpg

もともとはスパ部門が主体のIshana,
空港店のスパメニューはお手軽に体験でき20分~40分のものが多く
最後に使い残したルピーを自分のために投資する、良い機会かも。
背中と腰のマッサージ(30分)950ルピー、ヘッドマッサージ(20分)800ルピー
フェイシャル(30分)1100ルピーと、一流スパにしては良心的なお値段です。
(写真左手には個室や瞑想ルームなどがあります)
ishana2.jpg
そして、同じ系列でRegal Cafeというカフェもあり
野菜バーガーやサンドウィッチなどもあるので
搭乗前にちょっと腹ごしらえ・・・にも便利です。
(上のフードコートにある食べ物は、あんまり魅力的じゃないしね。)
ishana3.jpg

Ishanaのスパは、デリー市内だと
サーケートのMGFメトロポリタンモールの1階にあります。
(あの、昔タイから進出したHarrnというスパがあった場所)
たまには自分磨きの時間も、必要ですよね~!

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.15(Mon)  日本へ一時帰国COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
運動してますか?
今日日本人のお友達と話してたんですけどね
デリー(グルガーオン・ノイダ含め)に住んでると
家から出て、エレベーターで下に下りて
そのまま車で移動する・・・・・ってのが多いから
ほんっとに「歩かない生活」だよね~って。

それが、日本に一時帰国のときにためしに
携帯の万歩計をオンにして過ごしてたら、
ちょっと電車に乗って天神(すんません、博多ローカルで)に
買いものに出かけたら、あっという間に6000歩とか
8000歩とか歩いてるんですよね。

驚くべきことに、ディズニーランドに行った日には
ワタクシ、忘れもしない、21431歩も歩いてましたから~。

こりゃいかん、と息子のスクールバスを見送ってから
毎朝6時ごろ歩いてますけどね、30分ほど。
なんでも歩き始めて20分しないとエネルギー燃焼モードに
ならないんですって。ってことは10分ぶんしか燃えてないのか。
もうちょっと涼しくなってから歩く距離を伸ばすとしよう。(軟弱)

ちなみにここ一週間は歩きながらゴスペルなど聴いていますが
ほんとうは
調子よく歩き出せる最初の曲はEXILEのTi Amoで
途中で”見上げた流星”(TOKIO)とか
”栄光のかけ橋”(ゆず)とか
ATSUSHIや久保田 利伸、竹内まりや、マッキーの曲が入り、
「いざゆけ若鷹軍団」 でフィニッシュ~! のパターン。
気持ちよく聴いてるときに限って、ご近所の人に会って
イヤフォンはずしてご挨拶したりしなきゃならないんだけどね。

そうそう、忘れてましたが
先週(7月5日分)に更新されたウェブマガジン「別冊!
どうする?40代からのファッション&生き方」で
*モンスーンの雨と洗濯物 
今週(7月12日分)は
*インドの婚活ってどうなのよ?結婚式の実態について (前編)
を更新しています。
インド生活のあれこれ、お時間があったらぜひご高覧のほど。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.13(Sat)  青蓮日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
イベント目白押しの週末
ひと雨ごとに涼しくなってきているデリーですが
ちょこっと雨が降ると、道路が冠水するんですよね~
というのも、道路わきの排水溝が整備されていないから。
雨水がいつまでも残っている・・・ってことはデング熱の蚊の
温床になるってことですもんねぇ。

そういえば昨日のニュースには、日本とタイの合同チームが
デング熱の抗体開発に成功したとの記事がありましたね。
早く実用化してほしいなぁ。

さて、この週末はあれこれ楽しげなイベントがありますよ

まずはデリー在住日本人デザイナーさんのブランド Hi to Miの
ミニショップがYasu Craft さんで開催中
ヒンディー語マグやら、2Way浴衣やら、あずま袋やら新作もありますよ
hitomi-minishop-jul13.jpg

営業時間:10:30〜18:30
期間:7/11(水)〜7/16(火)
場所:ヤスクラフトさん(スルターンプル・メトロ駅近く)


グルガーオンのEpi Centerでは
Rakhi & Teej Bazaarと銘打って、ラキーのお祭りや
ティージというブランコ祭りの時期にあわせての服・雑貨などの
バザールが開催されます。(↓↓ バナーをクリックすると
大きいサイズで閲覧できま~す)
rakhi-teej-bazaar13.jpg

デリーでは #DELHI SUMMERというイベントが。
カーン・マーケットの内側の通りにあるBlancoという
お店で、今注目のデザイナーさんやらアーティストが
展示販売を行います。もちろんBlancoでの
飲食もあり。こちらは営業時間が午後から深夜1時までなので
夕食がてら、ちょっとお買い物・・・・なんてのも可能。
ニューヨークのSOHOみたいな雰囲気、だなんて紹介されていたら
そりゃ行ってみたくなりますよね。
delhisummer-khanmarket13.jpg

ちょっと暑さがやわらいだとたん
私の中の「出歩き虫」がモゾモゾするの~。
また「毎日お出かけ子ちゃん」に復活する日は近い。笑

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.12(Fri)  雑貨COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
一時帰国・息子(中学生)の楽しみは
ちょっと話はさかのぼりますが、酷暑期(5月・6月)の
一時帰国のことを改めて。
いつも母の行動につきあわされている我が家の13歳の息子。
小学生の間は隣町の山間の分校に体験入学させてもらったり
水泳教室に週に3回通ったりで結構忙しかったんですけどね
普段英語媒体の学校生活なので、日本の中学にいきなり入っても
ついて行けないと思って、あえて短期入学はさせませんでした。

東京に行っても、私の仕事関連の方にお目にかかったり
私の友人に会いに出かけたりで、男子にはち~とも
面白くないだろうと思うんですが、まだ「ついて行く」と
いうので、こんなときだけは普段週末のみの約束になっている
iPadを使って良いことにしていました。

最初にみなさんにご挨拶して、ちょっと話をしたあとは
ひたすらiPadでゲームしたり、Face Timeでお友達と
話をしたりしてましたが、さすがに息子の希望も聞いてやらねば
不憫だ(?)というわけで、一日は行きたがっていた
TDRに行くことに。シーか、ランドか迷っていたようですが
土壇場になってやっぱりランドが良いということに。
(テレビで繰り返し流れていた30周年のCMが気になったらしく。)
tdl-30th-entrance.jpg
平日、それもちょっと小雨模様の日だったので、少ないだろう・・・・と
思いきや、入り口から長蛇の列。中に入っても結構な人手。
いつもこの時期には、修学旅行の学生さんが多いのは覚悟してたけど
OLさんっぽい女性のグループや、40代と思しき女性グループが
結構多くてびっくりしました。
tdl13.jpg
運よくいくつかファストパスも手に入ったので、乗りたかったものには
ほぼ乗れて満足。風が強かったのと雨が本降りになったのもあって
残念ながらパレードは昼・夜ともに中止になってしまい、花火も
もちろん中止だったのだけが心残りでしたが、息子本人は
朝から晩まで思い切り堪能できた模様。
cinderella-castle.jpg
でもね、朝から晩までTDLにいるってことは
少なくとも二食はここで食べることになるわけですよ。
息子孝行(?)につきあってると、やれミッキーマウスの
形のハンバーガーだとか、ターキーレッグだとか
ピザセットだとかばっかりで(和食は高いし。w)

新陳代謝の悪いオバちゃん(私)には、毎食こんなんじゃ
こたえるわ~と思ったのでした。
園内にマクロビ・カフェとか作ってくれたらなぁ
もう少し健康志向にシフトしてもいいんじゃないかしらね~と
思ったことでした。みなさん、園内でいつも何たべてますか?

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.11(Thu)  日本へ一時帰国COMMENT(2)TRACKBACK(0)TOP
インド暮らし・妥当な値段ってなんだろう
天候不順だったこともあり、今期は野菜の値段が
高騰しています。我が家の近所では毎週月曜日に
青空市が立ち、野菜が新鮮で割安だったことから
普段使いのトマトやジャガイモ、玉ねぎなどはそこで一週間分
まとめ買いしていたのですが、値上がりによりお得感がなくなり
INA(角っこの外国人ご用達のちょっと高い野菜やさん)と
あまり値段の差がなくなってしまいました。

これじゃぁ庶民はイタイだろうなぁ・・・・と思いつつ
中の上くらいのインド人のを見ていると、意外にも
買いっぷりが良いんです。こちらが え? って買い控えるような
お値段の果物をバンバン買ってる。  ってことは、お給料も
上がってるってことなんでしょうか??

ショッピングセンターに行っても、購買欲溢れるインド人の姿を
目の当たりにするし、一杯200ルピー以上のスタバのコーヒーを
普通に買っている人も多いし。
ビッグバザールも売り出しの日(水曜日)に行くと
でっかいカートに山盛りの買い物をしている人が山ほどいて
インド人の購買力を目の当たりにこちらが怯んでしまうほど。

ちょうど先日「インドの教育の現状と問題点」という英語原稿の
翻訳をたのまれ色々な現状や数値を見ていて、しみじみと
この国の「都市部」と「農村部」の差異を感じてしまったのですが
デリーの状況が、他の都市ではあてはまらない、
ましてや農村部、山間部では天と地ほどの差があるのです。
デリーで1キロ140ルピーで売っているマンゴーは
田舎だと半額以下なんじゃないでしょうかね
現金収入があるかないかでも、お金の使い方は異なるでしょうけど。

そんなことを考えていた先週末
グルガーオンのアンビエンスモールに行ってみました。
レストラン街はどこも「ランチビュッフェ」なるものをやっていて
お値段は499ルピー~799ルピーといったところ。これに税金が
つくと家族3人での昼食代は2000ルピー以上になります。
たまの機会とはいえ、庶民には痛い出費じゃなかろうか・・・・
ambience-haldiram.jpg
そう思ってぐるっといろんなレストランを見て回ったら
なるほど、一番混んでいるのはマックとハルディーラーム↑↑でした。
ローカル値段で「家族でモールに行ってランチ食べてきた」という
満足感が演出できるのは、これくらいが限度だと
一般インド人も思っているのだと思います。

ちなみに、ハルディーラームにいたのはほとんどが家族連れ
(おばあちゃん、おじいちゃんから孫たちまで、大家族が
8~10人くらいで一緒に来ているかんじ。)
写真手前はマサラ・ドーサー、奥はチョーレー・バトゥーレーという
あげパンとチャナ豆カレーのセットで、お値段は税込みで
薬200ルピー。つまりこれくらいが妥当な「ちょっとよそいき感のある
ランチ出費」だと判断している人が多いってことではないでしょうか。
ambience-haldiram2.jpg
野菜が高い・・・って話をドライバーさんブツブツ言ってたら
例の月曜日の青空市は、日暮れ後に更に値段が
下がるんだそうで、遅い時間に行けばもっと安い んですと。
だから仕事帰りの使用人さんたちが多いと言ってましたが
その時間になるともう野菜はしおれちゃってると。

市場価格に敏感になって、たまには自分の脳内「現地価格」を
リセットしておかなくてはと思っている昨今です。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.10(Wed)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
インドでできる和風おかず
いや~、今日ご紹介するのはレシピというにはあまりに簡単すぎて
申し訳ない・・・・けど最近これにはまってます。
材料は「ヨーグルト」(市販のもの。我が家は自家製のがない場合には
Mother Diaryのを使っています。)と「味噌」(インド産のものでOK)のみ。
ヨーグルト大匙2に対して味噌を大匙1、蓋のできる容器に準備します。
yogurt-miso1.jpg
それをぐるぐる混ぜて、食べやすい大きさに切ったキュウリを
投入し、ヨーグルト味噌をよくからめ、蓋をして一晩。
(晩御飯のおかずにしようと思ったら、朝仕込んでおきます。)
↓↓ 胡瓜の切り方が???なのは、かっぱ巻きに使った残りだから。笑
yogurt-miso2.jpg
これが、ちょっとした糠漬けの代用になるんですよ。
あっさり、さっぱりした漬物がほしいときにもピッタリ。
これは先日ご紹介した書簡集「カメオのピアスと桜えび」に
出ていたレシピです。ヨーグルトも味噌も醗酵食品だから
いい仕事するのよね~
私は胡瓜やヨーグルトから出た水分を切ってそのまま食べてますが
気になる方はさっと水洗いしてもOK
このヨーグルト味噌、マヨネーズの代用品にもなります。
お子さんが卵アレルギーで、マヨが使えない~って方
ぜひおためしあれ。

お料理ついでに

☆以前ご紹介した、インドにある材料でできる
「ヒヨコマメ豆腐」のレシピはコチラ

☆レシピ紹介ブログで人気の「オクラのドライカレー」レシピはコチラ

☆自家製ヨーグルトの作り方はコチラ

☆そしてね~、時間のあるときに作っておくといいのが
スパイシージンジャーエールの素!
キリッとシャキッと暑気払いできますよ。レシピはコチラ

昨日「雨降らない」って書いたら、早速降ってくれましたよ。
ほんっと神様ってば天邪鬼。
雨降りの日には家でお料理に勤しむのも良いかもね。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.09(Tue)  青蓮日記COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
ほんのお愛想程度
雨が降りません~ モンスーンだというのに。
今日もゴロゴロ雷が鳴って、さぁいよいよ降るかな~と
洗濯物をあわてて取り込んで待ってたら、
ほんのお愛想程度の雨。
raindrops1.jpg
ガンガーの上流にある巡礼地ケダルナートとかバドリナートは
先般の集中豪雨で壊滅的被害を受けたというのに
デリーは2週間ほど前に「モンスーン突入宣言」をしたあとは
まさに空梅雨状態。
まぁ、それでもモンスーンになると出回る野菜は
出回ってはいるものの、今期の野菜の値段の高騰ぶりは
ちょっとひどいです。これじゃ一般市民は大変だろうなぁ

それでも自然はあっぱれなもので、この時期になると
ちゃんととうもろこしは育ち(道端にトウモロコシの屋台が
増えてますしね)葉もの野菜は出回り
見上げればニームの木には実がいっぱい。
この実にも殺菌作用があるらしくて、農作物の虫除けにも
なるそうで、ニームってほんとに無駄になるところがない
ありがたい木。
neem-fruit.jpg
マンゴーも時期により出回る種類が変わってゆきますが
5月ごろにはアルフォンソ、サフェーダー、スィンドゥーリーが
主体だったのですがその後ケーサル、ラングラーや
チョーサーといった種類が続きます。
そしてマンゴーの季節も終わりに近づく今、
私が一番好きな種類のダシャハラーが出てくるのです~
皮は緑色なんだけど、中身は綺麗なオレンジ色で
ほかのものより香りが良く、お菓子などに加工するにも
うってつけ。
なので、ダシャハラーが出回るとまとめ買いして
ピューレを作っておきます。
(↓ これはマンゴーがおいしいと有名なラクナウー産のもの)
mango-lucknow.jpg
いいかげん雨が降らないといつまでたっても涼しくなりません~
雨乞いの踊りでもしようかしらん

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.08(Mon)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
このひとの後をついてゆく
ちょこっと一時帰国の間のお話をば。
日本滞在の一ヵ月半のうち大半は博多で過ごしましたが
途中で1週間だけ東京に行きました。

仕事も数件あったのですが、合間に
共通の友人と一緒に鎌倉の旅音さんに会いにいったり
もとデリーマダムたちとランチ会したり
息子のお誕生日祝いを兼ねてディズニーランドへも。

そんな中、ど~~~うしても会いたいお方が一人。
以前取材でインドにお越しになった方々の中でも
私の中ではちょっと別格な女性で
「こういう風に年を重ねたい」と思える人生の先輩。

息子がもっと小さくて爆裂に(?)落ち着きのない
元気坊主だったころにも一度お宅におじゃましたことがあったので
これで3度目の逢瀬でした。

ランチをご馳走になりながら、い~っぱいお話して
素敵なものをたくさん見せていただき、インプット三昧。
そして、すてきな著書を頂戴してしまいました。
「きものの愉しみ 帯遊び」
「カメオのピアスと桜えび」
eriko-books1.jpg

どちらも一気に読んでしまいましたが、カメオのピアスと桜えびは
有名な写真家、有田泰而さんの奥様の雅子さんと
清野恵理子さんの書簡集(メールのやりとり)が素敵に
まとめられていて、海外暮らしの人には共感できるところも多く
途中でホロリとするところもあり、帯に料理研究科の高橋みどりさんが
書いておられる「こころのバイブル」っていう書評に納得。

もう一冊の きものの愉しみ 帯遊び は
あぁ、こういうきものと帯と帯揚げ、帯締めの組み合わせが
できたら粋だなぁ・・・と思える画像が満載で
更にはインドの布(更紗や刺繍ものなど)が帯に使われていたりして
なんだかどこかで繋がっている気がして嬉しかったのでした。
eriko-books2.jpg
「粋に、上品に着こなす」ってのはサリーとも相通ずるところがあって
先日のウェブマガジン記事でご紹介した、ライラー・タイヤブジーさんなんかが
まさに好例だなぁと。こういうセンスは習って身につくものとは
また違う気がします。天性のもの、といったらいいのかな。

シンプルに、おしゃれに
質のよいもの、好きなものだけに囲まれて暮らす
そんな人生のお手本になるような
「このひとが前を歩いていてくれる」と思うと安心できるような
ひととの再会が、今回の帰国でのメインイベントのひとつでした。

今日も 応援クリック ポチッと お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.05(Fri)  青蓮日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
モンスーン期の祝祭日リスト
デリーはモンスーンに入った・・・・とのインド気象庁からの
発表があったというのに、ぜ~~んぜん雨が降らず蒸し暑い日々が
続いています。(先日のウッタラカンドの豪雨の被害はまだ
全容がつかめず、救助作業も難航しているようで日本からの援助が
決定したとのことですが、暑い時期でもあるし伝染病のアウトブレイクも心配です
犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、一人でも多くの方が救助されることを
心から願っています。)

さて
酷暑期にはお祭りがすっかりなりをひそめていたインドですが、
モンスーンに入りちょっと凌ぎやすくなると、とたんにお祭りラッシュ。
以下にデリーに関係するお祭りリストを記しますので、参考になれば幸いです。

☆印がついているのは移動祭日で、毎年月齢により日にちが移動します。
国が定めた祝日は1月26日の共和国記念日
8月15日の独立記念日、10月2日のガンディーさんのお誕生日の3日。
日付が赤になっているところはインド全国、基本的に官公庁はお休みです
それ以外の祝祭日は州により異なります。お子さんが現地校に通っている方は
スクールカレンダーでお休みを確認してくださいね~
*************************************

7月22日(月)☆グル・プルニマ(師匠:先生に感謝を捧げる日)
      インド古典舞踊やヨーガなど習い事をしている方は
      この日にグルジーへの感謝の気持ち+品物を渡すと良いとされます。
      サンスクリット語でGU は暗闇、無知を意味し、RU は暗闇を取り払うもの。
      つまり、私たちの無知を取り除くのがグルジーなのです。

8月4日(金)☆フレンドシップデイ(子供たちが腕輪を交換する日)
8月9日(金)☆イードゥルフィトル (ムスリムの断食;ラマダーン明け)
8月10日(土)☆ティージ祭り(ブランコ祭り)
      特にラージャスターンで盛んなお祭り。この日にジャイプルなどに
      行く予定のある方、ホテルが満杯になる可能性、市内渋滞の可能性高し。
8月15日(木)独立記念日
8月20日(火)☆ラクシャ・バーンダン(ラキー:兄弟の無事を祈る儀式の日)
8月28日(水)☆ジャナマーシュトミー(クリシュナ神の生誕を祝う日
      クリシュナ神の生まれた地マトゥラーや活躍の地ヴリンダーヴァンで
       盛大にお祝いが催される。クリシュナゆかりのお寺(化身も含む)で
       赤ちゃん時代のクリシュナが乗ったブランコが祀られる。デリーだと
       ラクシュミー・ナーラーヤン寺院近辺が27日夜から混雑します。

9月5日(木) Teacher's Day(インド第2代大統領 Dr.Radhakrishnanのお誕生日)
9月9日(月) ☆ガネーシャ・チャトゥルティー(ガネーシャ神の生誕を祝う日)
       マハーラシュトラー州を中心に祝われる「ガナパティ祭り」
       と呼ばれる10日間のお祭り。ムンバイで特に盛ん。
       各町、会社などがスポンサーとなり巨大ガネーシャ神が飾られる。
       最終日の9月18日はガネーシャ神の像を海や河に流す日。
9月16日(月)☆オーナム
       ケーララ主体のお祭り。王国を追われたマハーバリ王が、
       愛する国民たちの下へ戻る日、マハーバリ王が解脱を得た日。
       ケーララ地方の収穫祭でもある。
9月17日(火)☆ヴィシュワカルマ・プージャ
       ヴィシュワカルマ神は工芸・工業の神様。
       工場などではこの日プージャ(お祓い)を行い、
       終日機械には触らないという職人さんも。コルカタ近辺で特に盛ん
***************************************

お子さんのいるご家庭では、フレンドシップデイの前に
交換用の腕輪(ブレスレットでもミサンガでもOK)を
準備せねばなりませんし、Teacher's Dayには
担任の先生に花束を持って行く日・・・・・・と、まぁ何かとちょこちょこ
気をつけておかねばならないことがあるわけで。

あっ、そうそう、ラキーの腕輪は「兄弟」に贈るものですから
マダムたち、ドライバーさんや門番さんにはあげなくても良いんですよ。
(兄弟気取りで急になれなれしくされても困るし、ね)
実はコレ、女性側からやんわりとお付き合いを断る手段にもなるんです。
男友達にラキーを巻くってことは「あなたを恋愛の対象としては
考えていません、兄弟として仲良くしてね」ってことになりますからね。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ


2013.07.03(Wed)  インドの祝祭日COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
丁寧な仕事をすること
3月に仕事でインドを縦横無尽(?)に走り回ったことを
ご紹介していましたが、それが一冊のカタログになって
届きました。私の一時帰国の間に発刊になったものなので
すでにご覧になった方もいらっしゃるかも。

DAMA Casa(ダーマ・カーサ)という、ディノス・ファッション通販
の夏号のカタログです。ブランドコンセプトは「心地よく、くらす」こと。
ウェブサイトはこちら
damacasa-summer13a.jpg
夏号の特別企画は「大地と生きる布」
Handicraft from India・・・・・というわけで
コルカタから車で5時間ほど走った村ではカーディー(手紡・手織)の
ストールの制作を、更に4時間ほど北上した村では
カーディーの製作過程(篠綿作りから、糸紡ぎ、糸かせ、糊付け、
縦糸はり、織りの全工程)を取材したのでした。

(↓画像はポンポンストールのポンポンをひとつひとつくくっているところ。
一枚のストールに240~250個のポンポンがついています。なんと
気の遠くなるような手作業でしょう・・・・)
damacasa-summer13c.jpg
フォトグラファーさんやデザイナーさんの脳内には
できあがりの青写真があるわけで、私の仕事は
すべての行程作りと各場所でのアポイント入れ
そして
ばっちりその場面にあてはまる画像が撮れるところを設定し
登場人物(ときには動物も)に思うようにポーズしてもらうため
ときにはヒンディー語で、はたまた超片言のベンガル語を
駆使しながら瞬時に動いてもらうよう黒子に徹すること。
damacasa-summer13b.jpg
後半は南インド、アーンドラ・プラデーシュ州に移動し
綿花畑が延々と続くさま、村々のようす
ぺダナという村に何百年と続く伝統のブロックプリンティングの
色づけや印判の作業を取材しました。

カタン・コトンという手機の規則正しい音
ポンポポン!という小気味よいブロックを押す音
作業しながら世間話に興じる女性たちの笑い声
縦糸に糊付け作業する男性たちの躍動美
デリー暮らしでは日常お目にかかることのない世界。

そうしてできあがった画像と、こちらから送った参考資料や
文献をもとに、文章ができあがってきます。

ひとつひとつの作業工程を追うフォトグラファーさんの仕事も丁寧
それをページに仕上げるデザイナーさんの仕事も丁寧。
そして、文章もこちらがお願いした「よりヒンディー語の発音に近い
カタカナ表記」を聞き入れてくださいました。
カディ ではなくて カーディー
ガンジー ではなくて マハートマー・ガーンディー といった具合に。

そういう丁寧な仕事をしているブランドですから、カタログには
お、これ欲しい! ってものが沢山。
・・・・というわけで、一時帰国のときの「通販ポチッ」には
このDAMA CASA と 姉妹紙DAMA が欠かせないのでございます。

通販カタログで片付けてしまうには勿体ないほど
画像も充実していて、読み物としても情報満載な一冊です。
機会があれば、ぜひお手にとってご高覧のほど。

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.02(Tue)  WorksCOMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
ただいま、デリー!2013夏 +4
一ヵ月半の一時帰国を終え、無事デリーに帰還!
・・・・・したのは27日の深夜到着のAN○便でした。

23キロ×4個の荷物を持って。
何度もスーツケースを体重計に乗せたりしてようやく
詰め込んだ荷物には、今回は陶器類がいっぱいでして。
開けられたら困るわぁ・・・・と思っていたのは唯一
辛子明太子の入った赤い巨大なバックパック。
(昔バックパッカーだったころの愛用リュックです。w)
suitcases270613.jpg
左手のちょっと怪しげな(?)組み合わせのトローリーを
息子に押させ、私は開けられてもOKな右手の二つを。
色々と策を練っただけあって、すんなり税関スルー

でも私の前に通ったダンボール箱を持ったご家族は
X線を通せと言われていたし、5人連れの
インド人家族は税関を出たところで「隠れ係員」に
止められて、X線に・・・・と言われておりました。ひや~~!

hydrangea13a.jpg
心地よい日本のくらしから一気にまだ暑さ厳しいデリーに戻り
初日から飛ばしすぎて(早朝から荷解きなどで張り切りすぎ)
プチ熱中症になってしまい、2日寝込んで土曜日午後から
人間界に復帰したところです。
というわけで、題名の「+4」は帰印後もう4日経ってるってことで~笑

おまけに・・・・・・・
またかい!とつっこまれそうですが
例年のごとく、息子の夏休みの宿題は終わっておりませんで
どれも付け焼刃ではできないものばかり。
今週一杯は宿題の仕上げに追われる予定。とほほ

今日も 応援クリック ポチっと↓ お願いしま~す。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
2013.07.01(Mon)  青蓮日記COMMENT(8)TRACKBACK(0)TOP

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。